川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

ブログ


2012-07-23(23:15) 学習会

今日は、自治体学校の最終日です。

とても、勉強になり、楽しく、あっという間に今日を迎えました。

市議団6人で参加しましたが、村岡県議も一緒でした。(^。^)y-.。o○

今日の全大会は、「東海地震による浜岡原発のリスク管理を考える」と題して、NPO法人APAST理事 事務局長の渡辺敦雄氏の特別報告でした。原発を設計していた方で、とてもコアな説明もありましたが、例えが分かりやすく、大変勉強になりました。

特に、放射能被害に対して大人より子供の注意が必要な理由は、

細胞分裂が盛んに行われている子どもの方が、リスクが大きいと言うこと。

細胞分裂

また、原発は1基廃炉にするのに、10年かかるのだそうです。

国中の専門家がかかりっきりで。

だから、全国にある原発をゼロにするには、500年以上もかかる事になります。

でも、未来の子どもたちに負の遺産を引き継ぐわけにはいかないですよ。

長い長い年月が必要でも、原発ゼロのため、首相官邸や全国の集会でガンバル仲間たちと一緒に私も頑張ろうと思います。

浜松は、うなぎが美味しいと楽しみにして来ましたが、

餃子も日本一と言う事で、初日に食べましたが、と~~~ても美味でした。(^◇^)

夕飯では、海の幸が美味しかった。(^_-)-☆


2012-07-22(22:25) 学習会

4時間半はあっという間に終了。池上先生の講義はとても面白かった!!!

今日は2日目、基本講座の分科会に参加。池上洋通先生の飽きさせない講義にあっと言う間に時間がきてしまいました。

人類が地域社会を創る歴史から、憲法の観点から、東日本大震災、大阪維新の会と地方自治、改憲案と地方自治。と盛りだくさんな濃い内容でした。憲法全文の、「平和を愛する

諸国民の公正と信義に信頼して我らの安全と生存を保持しようと決意した。」

この前文があるから、核抑止論も意味のないものだと納得。


2012-07-21(22:04) 学習会

今日から23日まで、浜松市で自治体学校です。市議団6人で参加しました。今日は、シンポの全体会。パネリストは、学校給食部会部会長、生活保護面接員、商工団体連合会副会長、ふくしま復興共同センター事務局長。また、第2部は、「分権改革」と地方財政と題した講演。本も購入したし、学習三昧の予定です。

全大会でのシンポジューム

 


2012-07-20(20:24) まちづくり

1月に地域で行った就学援助学習会終了後に、参加者から要望がいくつか出されました。
その中の一つが、「自宅側の交差点が危険で、衝突事故も頻繁にあるので、一時停止の表示ができないか」と言うものでした。
さっそく、市の担当課と相談はしましたが、交差点が草加市との市境のため両市での相談も必要と判断しました。
草加市議の佐藤さんと連絡をとり、両市の担当課で相談をしてもらう事にしました。
昨日会議で偶然佐藤市議にお会いしたので、危険交差点の件をお話しした所、まだ両担当課での相談は出来ていないかもしれない、とわかりました。
そこで、要望を出してくれた方や川口市の担当課に再度連絡をしました。夕方からあちこち連絡をとり、相談をしましたが、結局武南警察に連絡を取るのが早道かな~と考えながら、帰宅している途中に、佐藤市議から電話です。
「道路標示をするという事で、決まったそうです」と。

詳しく聞いてみると、川口市側に表示をするようで、武南警察で行うようです。

あちこちお騒がせしましたが、最初から警察に聞けば話が早かったのかも。と反省。

時間は掛かりましたが、住民の声から危険交差点の改善ができました。

道路標示ができたら、写真を撮ってこようと思います。

私の担当する地域は、市境が多いので今回は勉強になりました。


2012-07-19(20:44) 日本共産党

今日は、二人の対話を報告します。
一人目は、しんぶん赤旗日曜版を配っている時に、その読者と対話をしました。今週の日曜版一面は、写真が壮大でびっくりしたようです。
「 その写真、見開きなんですよ」と私が言うと、さらにびっくりした様子。
「私は、ステージ横の木陰に居たんです」と16日の集会に参加した事を言うと、
「実は参加したかった(ー_ー)!!」
とおっしゃるので、「原発反対の集会はまだまだありますよ」

すると、
「毎週金曜日もあるしね。若い時には、絶対原発には反対だったので、バイクに脱原発のステッカーを貼っていたんです」
と話がどんどん盛り上がりました。

もう一人の対話は、お叱りです。
以前は後援会のお手伝いも良くやって下さった方のようです。
選挙の時には、お願いしますと言ってくるけど、その後がなくてがっかりしました。相談をしたいと思っていましたが、しませんでした。
と、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになったお話でした。
この地域には、活動する方が少なく、フォローする事が困難だったことも事実ですが、しんぶん赤旗読者には一人ひとり、誠実なお付き合いをしているからこそ、応援をしてもらっていると思っています。
そして、日本共産党が今行っている、大運動で、生き方を考えるきっかけづくりをし党員をもっと増やしていきたい。

本当に考えさせられた、一日でした。

暑い一日でした