川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

ブログ


2012-09-20(23:59) 雑記

今日たまたま、金子みすずの詩集を見ました。改めて、感性の豊かさを感じる詩ばかりで、金子みすずの志半ばなのが残念です。質問原稿を作っている時に、言葉を選ぶのが難しいな~といつも悩んでいます。金子みすずのような心に訴えかける言葉が使えるようになりたいものです。

帰りにラジオを聞いていると、政界、財界などで原稿をライターに依頼するとい事があり、そのライターがゲストで出演していました。オバマさんもライターのつくった原稿で演説をしているのだそうです。心をつかむキャッチコピーがポイントだと言うことでしたが、広告のコピーのようです。

日本ではまだまだ途上のようですが、これから需要は増えると言っていました。

政治家の言葉が益々信じられなくなりそうです。

私はいっせい地方選挙で、国保税の引き下げと子どもの医療費助成制度の年齢引き上げを訴えましたので、この2点は常に頭にあるのです。でも、国保税の引き下げは困難な課題です。毎回市議団であきらめずにがんばるしかないです。子どもの医療費助成制度は中学卒業まで年齢が引きあがりました。1歩前進です。来年から始まる制度利用の条件を何とか撤廃する為これからはがんばらねばと思っています。やはり、議会での質問では、言葉選びも重要なポイントだと感じます。私はまだ、勉強不足だと痛感しました。勉強不足を情熱でカバーできればいいのですが、それも困難です。解決策は、しょぼついた目を凝らして本を沢山読む事ですか。

 

足をなめるのが大好きなまめ (;一_一)


2012-09-19(23:00) 市政

 

今日は夕焼けがとってもきれいでした。

常任委員会がそれぞれ終了しました。私と板橋市議の所属する総務常任委員会は、時間がかかりお昼過ぎに終了しました。あとは、24日で閉会となりますが、その後は決算委員会が待っています。一般会計の決算は、金子信男団長と私今井が委員として決まりました。企業会計は、松本市議と矢野市議です。

決算を調査する為の各部のヒヤリングの日程調整を昨日今日とおこないました。来週から10月2日まで、びっしりです。昨年は、委員ではありませんでしたが、勉強のため一緒に勉強させてもらいましたが、委員でなくても大変でした。何事も勉強です。

23年度の決算資料


2012-09-18(21:32) 市政

9月議会も終盤にきました。

明日は、各常任委員会があります。私は板橋市議と総務常任委員会です。今日も議案についてヒヤリングをしました。理財部管財課の職員さんに説明をしてもらいましたが、板橋市議の質問は本質を突く事があり感心させられます。しかし、昨年の今頃は、何を聞いていいのやらわからない状態でしたが、私も少しずつ何を質問したらよいのか分かってきたので、成長しているんだな~と思いますが、月日のたつのは早いのに、私の成長の遅い事。(;一_一)明日は、常任委員会ですので質問の整理をしておかないと。

閉会の24日過ぎには、詳しい議会報告が出来ると思います。


2012-09-17(21:14) 日本共産党

今日は、市田忠義書記局長の話を聞きに行きました。消費税、TPP、原発、オスプレイ等どれをとっても、国民の要求と私達日本共産党の方針は、一致している事を再確認しました。

消費税増税をしなくても、財源はあるという根拠も、一つ一つ丁寧に話してくれました。政党助成金、法人税、そして、無駄な軍事費。軍事費では、航空母艦を持たない日本に、護衛艦がなぜ10隻も必要なのか。と。カタログを見ただけで戦闘機を買うのも、玩具をほしがる子供のようです。

さらに、反原発で広がる国民の怒りは、素晴らしいものですが、マスコミの世論誘導にも気をつけなくてはいけないと思います。今日のしんぶん赤旗に、「ちひろ NO NUKES ステッカー」が制作されたと掲載されていました。ちひろ美術館でダウンロード出来るとあり、早速ダウンロードしました。集会にはぜひ使わせてもらおうと思います。

ちひろステッカー

 


2012-09-16(17:23) 日本共産党

埼玉県党委員会主催の学習会に参加してきました。日本共産党の歴史です。

戦前から今日に至るまで、90年の歴史です。

1922年7月15日、8人の活動家が起こした日本共産党です。それまでにも、社会主義運動はあったけれど、日本共産党として創立した事の意義は、科学的社会主義を目指し運動していくと言う事から、大きな意味があると。誕生日は勿論知っていましたが、誕生した事の意義は考えませんでしたので、何にでも誕生することには意味があり、その意味・意義を考える事の重要性に気がつかされました。

歴史は好きなので、楽しい学習会でした。が、2時間で90年の歴史を語るのは県の講師といえども困難でした。繰り返し学ぶ事しかありません。

帰る時に、出口で「伊藤岳参議院予定候補」に会いました。いつも気さくで元気な岳さんです。もらったばかりの修了証を見せて、「学習してきたよ」とめったに出来ない自慢をしました。