川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

ブログ


2018-09-11(22:42) 医療・介護

健康診断は、春から始まっています。

私は、7月に国保ドックを受けました。もちろん、がん検診もオプションで受けました。

がん検診には、あとエコーなども受けたいところでしたが、今年は乳がん、子宮がん、胃と胸のレントゲン、大腸を受けました。

がんも、早期に見つかれば怖くない病気になってきました。転移が怖いと思っていた乳がんも早期であれば怖くないと、テレビでも放映していました。

あと、歯科検診を受けようと思っていますが、予約ができていません。ぜひ受けたいです。私が市議になって初期のころに、歯科検診を全市民対象にすべきと質問をしました。そのころは、国保健診しかなかったからです。現在は、全市民対象になっています。

健康は自分で管理していくことが大事ですが、健診を受けることはその1歩です。

医療を受けることは、お金で左右されることではありませんが、今の日本では、お金のない方は受診すらできないことがあります。医療機関に支払う、一部負担金(1割から3割)が支払えず、受診抑制をして病気が悪化しなくなった方が、全国で増えています。川口市でも、残念案ことに昨年度5名お亡くなりになっています。こんなことがあっていいのか。救える命を政治の力で救う制度をつくることが、私の使命と思って、がんばる。

まめも健診

爪切り

ドクターからご褒美のクッキーをもらうまめ


2018-09-10(21:29) 雑記

9月5日付け、「救援新聞」に、特別養護老人ホーム「あずみの里」で起きた、入所者女性が亡くなったことは、看護職員の過失であるとの裁判について、報告記事が掲載されていました。

2013年12月12日、あずみの里の食堂で、おやつのドーナツを食べたKさんがぐったり意識を失った状態を、介護職員が発見し、救急処置を職員が、救急隊の緊急処置を行いましたが、1か月後に亡くなったというものです。

裁判での争点は、注意義務違反があったのか。おやつ形態変更確認義務違反が認められるのか。そもそもKさんはドーナツをのどに詰まらせて亡くなったのか。という3点です。

救援新聞には、冤罪事件について掲載されています。日本の裁判は期間が長く、もし冤罪で裁判を闘わなければならないとしたら、大変な苦しみを長期にわたり、冤罪を疑われた方に負わせることになります。

検察も、裁判官も、真実を追求する立場で、仕事を全うしてほしい。冤罪が無くなりますように。


2018-09-09(21:36) 平和

北海道の大地震災害の規模が大きかったと日ごとのニュースで伝わってきます。死者も39人と報道され行方不明者もいらっしゃいます。停電もいまだ続いているようで、生活再建が大変な状況です。何ができるか。議会中でもあり、ボランティアに出向くことはできませんが、できる限りのことはしたいと思います。また、西日本の被災地もまだまだ大変な状況だとテレビで言っている方がいました。自分の身に起きなければなかなかわからないことも多く、想像すらできないこともあります。でも、どんなことにも想像ができ、その悲しみや苦しみを分かろうとする努力はしていきたいと思います。

今日は朝から、ソフトボール大会にご挨拶に行きました。

午前中はその後会議。

午後からは、3時半から1時間、医療生協埼玉の芝南支部主催で被爆者署名の宣伝行動が、蕨駅東口で行われました。私も、広島に行きましたし一緒に署名行動をしました。日曜日でしたので、駅の利用者はたくさんいました。その、乗降客に向かって、「核兵器を無くす署名、被爆者署名です。ご協力をお願いします。」と大きな声で署名の協力を訴えました。ところが、無関心な様子で通り過ぎる方が、なんと多いこと。悲しくなりました。しかし、後半からぼちぼち署名をしてくれる方もいらっしゃり、全部で22筆集まりました。

まず、何をやっているのか。署名と分かった人には、何の署名か分かりやすく訴えなければ。と気を付けていました。私の署名に協力してくれた方に、何をやっているのかわかりましたか?と聞いてみたところ、よくわからなかったけど、近くまで来て署名だとわかりました。とおっしゃっていたので。そうかあ、何をやっているのかわからず通りすぎる方もいるのか。

思い込みだけではだめですね。

核兵器禁止条約の批准はもとより、会議に参加すらしていない、日本政府の背中をおす役目となる、被爆者署名です。しっかりと集めていきたいと思います。

国際署名ですので、英語の訴えも準備してます。

 


2018-09-08(22:30) 平和 文化・スポーツ

歴史は見る方向で、違ってくることがあります。維新前後の歴史も、今セゴドンがNHKで放映されていますが、薩摩から見た歴史と、長州から見た歴史と、徳川から見た歴史と、第3者から見た歴史では違ってくると思う。でも、起こった事実はどこから見ても同じです。ただ背景が色々かもしれません。

南京大虐殺は、写真や生き残った証言もあります、起こったことを、なかったようにするのは、間違いです。

11月3日(土)14時開場、14時15分開演・川口リリア催し広場で開催です。一般3000円、学生1000円

渡辺義治・横井量子作・構成・演出・出演

私、チケット持っています。ご連絡は今井まで。


2018-09-07(21:16) 市政

昨日、一般質問の発言通告をしたとアップしました。

質問は、市民の要求などから取り上げることが多いのです。

今回は、医療機関に受診した時に、窓口で支払う一部負担金(1割から3割)が支払えずに、受診をあきらめ、手遅れになって死亡してしまうケースがあります。国民皆保険と言われている、日本でおきている事案です。

ですから、受診時に支払う負担金に対して減免する制度を、市としてつくるべきと質問にしました。

市民全体を視野に入れるというと、自治体が保険者となる国保以外にも、社保や共済などの保険に関して、市としての補助を行うことになる。として、答弁書を書く担当課でもめました。国保課、保健総務課、生活保護課の課長さんがそれぞれ、参上して相談しました。昨日は、国保課と結局決めたのですが、やはり、国保課では、私の意図とする答弁はきません。良い答弁が来ないとしても、保健総務課か、どこも引き取りがなければ、政策審議で答弁を書いてもらおうと、思い今朝早めに役所に行き,相談をしたしだいです。

子ども医療費無料制度では、社保加入者の家族である子どもの医療費を補助するのだから、できないはずはないと思い、何とか調べてみようと思いました。協会けんぽのホームページでは、震災などの災害被災者には、減免制度があります。しかし、経済的理由ではありません。だから、市として制度をつくるしかないと思うのです。もっと、勉強をしないと。今回の質問は、軽いジャブです。そして、これは引き続き取り組んでいくテーマになりそうです。

今日のランチは、ベトナム料理。ベトナム料理は、香草の使い方が上手。そして、たれが超おいしい!!