川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

ブログ


2019-02-13(23:10) 市政

政務活動費jは、地方自治法100条第14項、15項及び16項で規定され、議員の調査研究に資するため必要な経費の一部として交付されています。会派や議員の市議会報告の発行や研修会への参加、資料購入、アンケート活動等に活かされています。

 昨年9月に市議会の経理責任者会議で自民党から、自動車リース料の適用など政務活動費の使途の拡大について提案がされ、1月28日の議会改革推進委員会の最終回の場に提案がされましたが、この場でも全会一致となりませんでした。さいたま市議会においても「車検代、自家用車に係る保険料、自動車税等、自家用車の維持管理や自動車の取得又はリースに要する費用は支出できません。」としていますし、埼玉県議会議員のなかで政務活動費の大半を車のリース料に当てていた事例もあり、市民オンブズマンから、埼玉県監査委員会に対して返還を求める監査請求も行われました。

 日本共産党川口市議団は、今回の使途の拡大に反対し、全会一致となるよう議論を尽くすべきであると主張してきました。各会派の代表者会議で議会運営委員会において協議することが決まり、2月12日の議会運営委員会の場で自民党から急遽多数決で決めることが提案されたのです。

 議会制民主主義は議論を尽くした後に多数決できめますが、日本共産党市議団として、この提案を判断するのは拙速であり、議会改革推進委員会に戻して審議を尽くすよう求めました。そもそも川口市議会先例集には「議会運営委員会の議決は、採決しないのが例である。」とあります。しかし、自民党は決を採ることを求め、議会運営委員会の委員長が採決を提案。日本共産党は「意義あり」と主張し、委員長に対する不信任決議の動議を行いましたが、日本共産党と川口新風会の賛成少数で否決。自民党が提案した政務活動費の使途の拡大について、自民党と公明党の多数で決められてしまいました。

(自民党が提案した政務活動費の使途拡大の内容)

①自動車リース料、②事務所費の更新手数料、③テレビ受信料、④トランクルーム料等

日本共産党川口市議団発行、新川口2月17日号より転載


2019-02-12(22:37) 市政

選挙とは必ずしも民意を反映していない。国会がそのいい例でしょう。小選挙区では、1人しか当選しません。だから、候補者の中で一番多い得票があったとしても、当選者を選ばなかった人の方が多いという例は、当たり前に多い。

県議選や市議選では、投票率が低くても1位当選者から定数までが当選となります。

そして政党や目指すところが同じ人たちで会派を結成します。川口市には、自民党、公明党、日本共産党、新風会(立憲民主党)と4つの会派があります。一番議員が多いのは自民党18人、公明党10人、日本共産党6名、新風会3名、他5人です。小委員会など会派で話し合う場面が多数あります。川口市の議会では、全会一致を旨とする良い習慣がありました。少数派でも意見をしっかりと言えるだけでなく、1人でも反対があれば、仕切り直したり、話し合いを続ける努力をするのです。

しかし、この良い習慣が崩れてきております。少数会派の意見を尊重するのではなく、多数決を強行してきます。そこには、論理的な提案もありません。市民が知ったらその提案に賛同するのでしょうか。議会の自殺行為ともとれます。今年の一斉地方選挙で止めないと大変なことになる。川口市議会の立憲主義が壊される危機です。詳しくは明日お知らせします。

 


2019-02-11(21:20) 市政

出来上がりました。

明日団会議で、まな板の鯉になります。

大きな1は、医療について。私のライフワークともいえるテーマです。

大きな2は、介護保険について。今回はいつもと違った目線もあります。

大きな3は、公共交通について。みんななかまバスの運動に関わる中で、市民参画を重要視するようになりました。

大きな4は、バリアフリーに関して。地域住民のご意見からの質問となりました。

タワーリング・イン・フェルノのポール・ニューマン
子どものころ大好きでした。

 


2019-02-10(23:32) 日本共産党 環境

いよいよ選挙モードです。

本日11時から、芝新町にある事務所を村岡・今井事務所としてお披露目しました。

昨日の雪は心配しましたが、積もらず大丈夫でした。でも、北風が冷たく事務所の外での挨拶は皆さん寒くて大変でした。ありがとうございました。

午後からは、自然エネルギーを考える川口市民の会総会の学習会に参加してきました。

満田夏花氏の原発に関する話です。とっても、勉強になりました。

3時からは、親和会の新年会です。1時から始まっていたので、大分遅い参加です。でも、皆さん温かく迎えてくれます。本当にありがたいです。共産党支持ではない方も、頑張ってと言ってくれました。

満田夏花氏


2019-02-09(22:06) 日本共産党 集会

柳崎・北園・在家・柳根地域の新春のつどいが開催。50人目標だったのに、なんと70人を超えました。素晴らしい力です。朝から寒い日、雪も降りだしているのにたくさんの方が来てくださいました。本当にありがたいです。

最初は、決起集会もかねて、村岡県議の話をたっぷりと。私も決意表明をしました。消費税増税はさせない!国保、介護など社会保障の充実、そして改憲阻止で平和を守る。そのために、7月の参議院選挙は日本共産党を伸ばしてください。自民党、公明党、その補完勢力を少数派にするため、力を貸してください。と訴えました。

昼食後各テーブルを名刺を配りながら回りましたが、名刺の写真が好評でした。

2部では、津軽三味線の演奏です。2年前にも来てくださった、「源次の糸の会」高橋源次郎先生と石坂史朗氏、山下順司氏の3人です。津軽じょんがら節六段ほか津軽三味線数曲と世界のメロディメドレーなど、楽しいトークとクイズもおり交ぜて、とっても楽しいひと時でした。

オープニングは、永塚さんのフルート。「シェルブールの雨傘」など、平和を願う曲目を3曲

村岡県議の写真も撮ったつもりでしたが、村岡県議のスマホでした。今井だけの写真です。

源次の糸の会の素晴らしい演奏とトーク