川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

ブログ


2019-02-24(23:59) 国政

今日は沖縄県の県民投票の日。

そして、天皇在位30年記念式典が行われた日でもあります。ニュースで見ました。

天皇・皇后は各地の被災地に行きますが、沖縄県に行った際、歓迎された体験を歌にして沖縄の言葉で、沖縄の曲でお二人で作った歌が、披露されました。

県民投票の日に、沖縄の歌が披露されるタイミングは、計ったのでしょうか。天皇の平和への強い気持ちを感じました。

川口市では、春闘の一環で、地域総行動が行われました。消費税の学習会と蕨駅頭での宣伝行動です。

消費税の学習会は、税理士の永塚さんが講師です。

私もマイクを持ち訴えました。町会の役員さんが「がんばれ」と。

 

 


2019-02-23(21:16) 国政 行動

午前中は、後援会ニュース読者の訪問。

34軒訪問して28軒対話。対話ができた人の数は多いと思います。最近は、土曜、日曜問わずお留守が多いので。みんな忙しく、働いているのでしょう。

安倍政権は、高齢者にいつまで働かせるつもりでしょう。年金年齢を引き上げて、年金額を引き下げて。そんなに一生懸命働かなくても、暮らしていける世の中にしたいですね。贅沢をしなくてもいいから。

消費税増税反対の宣伝を、芝地域各界連と蕨塚越のみなさんとしました。毎月第4土曜日に、蕨駅東口で行っています。

消費税増税の根拠が崩れているのに、人々はなぜ反対の声を上げないのか。今日も多くの方から署名の協力を頂きましたが、もっと、反対をしている人は多いはず。あきらめないで、署名の訴えをしていくつもりです。


2019-02-22(21:37) 国政 平和

いよいよ、24日県民投票の日が近づいてきました。テレビでの報道は、必ずしも、沖縄県民に寄り添った、主権者としての権利を呼びかけたものではないものが多いと思いました。3択にしたことで、「どちらでもない」が多いような、「県民投票は意味ない」との意見を報道するとか。

沖縄県民に、辺野古新基地建設に反対する勇気を示してほしい。声を上げることは、エネルギーも勇気も必要だけど、全国で応援しているから、頑張ってほしい。

 


2019-02-21(21:45) 市政

本日は、30年度の補正議案の本会議でした。

補正予算と一般議案で、公設公営の芝南保育所を32年度に指定管理にする議案がだされました。

日本共産党は、もちろん反対をしました。私たちは、保育は公的責任で行うことを基本とするべきと、いつも訴えています。民間保育を否定するものではありませんが、待機児対策を民間にたより増やしている現市長のやり方には、意義ありです。ましてや、公設公営保育所を減らすとは言語道断です。

しかし、賛成討論をした自民党の議員は、指定管理により経費削減が数ある賛成の理由の一つになっています。指定管理とは経費削減が当然ありますが、それは労働者の賃金削減につながるものです。保育士さんたちの賃金をさらに下げる運営を進めろというのです。

数の力で、この議案も通ってしまいましたが、言い続けていきます。保育は市の責任で!

明日は、31年度の予算議案の勉強会です。


2019-02-20(21:13) 市政

一般質問は、来週26日(火)から3月1日(金)まで行われます。

26日(火)3番手に金子幸弘議員、28日(木)3番手に松本さちえ議員、3月1日(金)1番手に今井が登壇します。傍聴にぜひお出かけください。

本日一般質問の発言通告をしましたので、質問項目をお知らせします。

1 地域住民が安心できる医療を

(1)地域医療支援について

 ア 登録医の現状と課題について イ 地域連携について ウ 閉院も含め偏在している医療機関の状況について エ 地域医療マップの進捗状況は

(2)医療センターの経営健全化の方策について

 ア 医療センターとして経営の問題意識は イ 経営健全化計画推進コンサルティング業務内容は ウ 平成30年度の見通しは

(3)医療センターでの医師体制の充実を

(4)医療センターの患者支援について

 ア 患者支援センターについて(ア)手話通訳の現状そして今後の対策について(イ)外国語通訳の現状そして今後の対策について(ウ)転院の相談スケジュールと課題について イ 断らない医療の推進のために

(5)災害時等の停電時の対応について

2 人として尊重される介護保険制度に

(1)ケアマネジャーの悩みに応えるために 

(2)若年性アルツハイマーについて 

(3)難病・筋委縮性側索硬化症(ALS)患者への支援について 

(4)介護利用での通院について 

(5)介護事業所への支援について 

 ア介護従事者の家賃補助などの支援について イ介護事業所の改修支援について

(6)介護予防紙業について

3 住民が願う公共交通に

(1)みんななかまバスの路線改定のパブリックコメントを受けて 

 ア運行間隔の短縮、バスの増便68件の意見に関わり イ路線変更73件の意見に関わり

(2)自動運転バスについて

4 当事者の声を活かしてバリアフリー化を

(1)住民の参画について 

 ア当事者でもある委員からの意見は改定案にどう反映されたか イ策定後の事業進捗管理は

(2)公共施設、民間施設での整備の進め方について

(3)蕨駅利用に関わる周辺道路の整備について

(4)川口駅周辺のバリアフリー化について