川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

ブログ


2018-11-01(21:27) 医療・介護

毎年開催されている全国自治体病院経営都市議会協議会・第14回地域医療政策セミナーに市議仲間と参加しました。

『「崖っぷち」自治体病院~北の大地で経営改革を目指して~北の1億円男と呼んでください!』

なんとも面白い表題ですが、士別市病院事業管理者・院長の長島仁氏の講演です。

北海道士別市の広大な土地での医療の困難さを丁寧に説明されましたが、医者不足という点では川口市も同じです。人口動向と患者動向を分析して、患者に比べ看護師の数が多いとの、事務職の指摘があったそうです。院長の経営に対する考えから急性期型病床中心から、療養へとシフトを変えていったことで、経営悪化を立て直したというお話でした。事務職の分析などの指摘が経営を断行する自信にもなっていたのでしょうか。部分的にはもっと、具体的なお話が聞きたかったなあと思いましたが、事務長ではない医者として経営を語るのだから、こんなことかなとも思いました。長島先生は色々学会で発表もしているようなので、後で調べてみようかと思います。

もう一つの講演は、サービス付き高齢者住宅「銀木犀」の挑戦を、株式会社シルバーウッド代表取締役の下川原忠道氏。

ひと月15万円から30万円の費用が必要な施設ですので、国民年金では入れない高齢者住宅のお話でしたが、参考になる点がたくさんありました。最後のほうで、銀木犀では地域の人が子どもからおとなまで出入りが自由になっていることが語られました。子どもと高齢者が一緒に過ごす時間はとても大事だと思います。高齢者のデイサービスが小学校に作られ、小学校の学童保育と交流がある地域の話を聞いたことがありますが、高齢者にも子どもたちにも、良い結果が出るそうです。そんなことを思い出しました。銀木犀の施設は足立区にもあるようなので、視察に行ってみたいと思いました。


2018-10-31(23:02) 日本共産党

沖縄の3つの選挙に学ぶことは、市民と野党共闘の「オール沖縄」で闘い続けたことだと思います。では、ここ埼玉県・川口市ではどうやって「オール川口」をつくればいいのか。市民と野党共闘は、模索しながら進んできていると思います。さらに、一つ一つの組織が強く大きくなることも大事です。

来年の一斉地方選挙では、日本共産党の躍進はもちろん、そのうえで立憲民主党と社民党もそれぞれ躍進を果たさなければ、自民党と公明党には勝てません。今はエールを送るしかありませんが、頑張りたいです。

日本共産党は、党の主義・主張・党活動などを知ってもらうため、新聞を発行していますので、この新聞を読んでもらうことは一番の対策です。今日は月末ですので拡大行動の追い込みでもありました。

私の生活相談者がポスターを張ってもいいよ。と言っていただけたので、芝地域のKさんに貼りに行っていただきました。今日その報告で、ポスターを張ってから新聞の購読をお願いしてみたところ、快く了解していただいたと連絡がありました。その、Kさんの行動に発奮し、私も拡大行動をすることができました。夕方には、Oさんと訪問して選挙のお願いと新聞の購読をお願いし、OKを頂きました。お互い元気をもらいながら、拡大行動をしています。

組織の強化の点では、増やすことがまず第一ですが、そこに強化が加われば怖いものなしです。算数ではないので、計算通りにはいきませんが、一人ひとりの思いや気持ちに寄り添い、強く大きな日本共産党にして、安倍政権を退陣に追い込みたいですね。

臨時国会が始まり、昨日は代表者質問で、志位和夫委員長が質問をしました。しかし、安倍首相の答弁は、説明できない質問には、答えず「指摘はあたらない」の繰り返し。「指摘はあたらない」とは、どうあたらないのか、となければ答弁にならないではありませんか。

答えず、聞く耳を持たず、嘘を言い、ねつ造し、大企業と富裕層優先の政治ばかり。国民よ目をさましましょう。

お座り、待て、来い、ができたのでご褒美に豚耳をもらったまめ。
頑張ればご褒美がほしいよね。


2018-10-30(22:17) 環境

低周波被害に苦しむ、Kさん、Sさんのお話を聞きに行きました。2年前にもお宅に伺い話を聞いた経緯があります。ブランクがありましたが、解決には至っていません。

いろいろネットで検索していますが、むつかしい問題です。ただ解決をしたいという思いは、Kさん、Sさんの苦しみを知れば知るほど強くなります。

環境省、総務省の通達や情報をさらに調べなおして、市として何ができるのかという観点で、市の担当課と対応していきたいと思います。さらに、国を含めて解決の制度がなければ、制度を作るということも視野に入れ、頑張らねばと思います。簡単なことではありませんが、いのちを守りたいから、頑張る。


2018-10-29(22:34) 雑記

今日は市議団の定例会議。活動報告をしながら、確認すべきことや相談をすすめます。さらに、12月議会対策も。9月議会が終わったと思ったら、もう12月議会の準備をしなければならない。光陰矢の如しです。

帰宅して、まめの散歩に出ると、お向かいのリリーちゃんが散歩から帰ってきました。少し歩き方が弱弱しい。聞くと食欲が落ちているそうです。ワンコはご飯を食べなくなるとダメです。リリーは腎臓疾患もあるそうで心配です。なんだか、まめも心配しているようなそぶりです。

どんな動物でも一緒に生活をしていると、情が移って家族同然となります。そして、どんな命も大切なものです。

新聞記事で、障害を持って生まれた子供の命がないがしろにされ、殺人ともとれる死に方をしているとありました。日本でも、妊娠時期に障害がわかると堕胎することもあります。親としては悲しい決断だとしても、あってはならないことだと思う。今の日本で障害を持って生まれた子どもたちが、幸せに育まれる環境や両親にも支援がしっかりと行き届く政治があれば、そんな悲しい選択もないのか。簡単なことではないかもしれないけど、そう思う。

玄関の門柱においてある鉢に植えてある一輪草の花が落ちて、葉が出てきました。名もない草は抜いてしまいましたが、それは一輪草だとわかるので、そのままにしておきました。すると、今日花が咲いていたのです。かわいらしい薄ピンクの花です。道路とu字溝の間にある、少しの土から一生懸命栄養を吸い取って花を咲かしたのです。あまりにけなげです。

いのちとは、どんないのちも大事で、尊重されるべき。そんな当たり前のことを、改めて思いました。

戦争をしたいと思う首相やそのお友達には、わからないことでしょう。


2018-10-28(22:30) 文化・スポーツ 行動

今日は、芝南公民館の文化祭。

昨年まで2年間、建て替えのため、不便をしていたグループの方たちの日ごろの成果を見させていただきました。会場探しや、練習場所が遠くになったことが原因か解散してしまったグループもあるようです。年々高齢化がこのサークルにも押し寄せていることも原因の一つだとお聞きしました。

午後からは、川口駅東口デッキ上で、市民と野党共闘の街頭演説第2弾が行われました。様々な市民団体と政党からも訴えをしました。安倍政権では、くらしと営業が破壊されつくしてしまう、その解決法は、安倍政権に退場をしてもらうこと。その一致点で、様々な団体・政党が元気の出る訴えをしました。

私たちの街頭演説の前後に、「同性のパートナーと認めてほしい」と市に対して訴えている団体の皆さんが署名活動をしていました。私も署名をさせていただきました。個人の尊厳、人権尊重、差別をなくそう。

太極拳の演技中

ウクレレの演奏

作品が少なく、ちょっと寂しかったです。

市民と社民党、立憲民主党、日本共産党による街頭宣伝。 安倍政権を倒すぞー