川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

ブログ


2017-03-22(22:39) 医療・介護 市政

定期購読している「いつでも元気」という、民医連の機関紙にアスベスト被害の記事が掲載されていました。

アスベストは建設労働者が、肺気腫と言う病気にかかり一度かかると一生治ることがなく、つらく苦しい病気だと聞いています。さらに、訴訟にもなっています。裁判ではいまだ解決せず闘っている方がいるのです。

3月議会で予算案の中に、「民間建築物アスベスト対策補助事業」があり、750万円の予算が計上されていました。川口市内にはアスベストが疑われる建築物はどれほどあるのか。担当者から聞いたところですが、国の基準で平成16年から20年にアスベストの吹き付けに対して調査を行いました。800㎡以上で対象は1,286棟、そのうち153棟に吹き付けがされていました。さらにアスベスト含有に対しての対処がされていないものは、10棟です。所有者には補助金などの啓発を行い対処することを今後も発信していくとのことでした。10棟の所有者には、補助金などを使って安全な建築物にしてもらうことは大事なことだと思います。

しかし、そもそも800㎡以下の建築物は安全なのかという疑問も残ります。それは今後の課題だと思います。

建築物に対する課題の他に、アスベスト被害の問題もあります。解体する時にアスベストが飛散すれば被害が拡大します。建設労働者だけにとどまりません。

政治は間口が広く、奥も深い。だけどやりがいもあります。


2017-03-21(22:19) 雑記

年齢の概念は人それぞれです。

60歳はもう年だからこれからはゆったりと生きよう。と思うか。

まだ70歳だからやりたいことは思いっきりやろう。と思うか。

80歳の方に日本共産党の入党を訴えて、足手まといだから入党はせず、後援会として応援します。と答えるか。

安倍政権の戦争法は絶対に許せないので、80歳だけど入党してできる限り一緒にがんばる。と答えるか。

20歳代や30歳代の頃にはまったく考えなかった、年齢と生き方について。

肥田俊太郎さんの訃報を聞き改めて、最後まで生き抜くことの難しさとやりがいを考えました。

私も最後にやりきった感のある人生にしたいと思いました。


2017-03-20(21:06) 雑記

平和の旗頭でもあった、肥田俊太郎医師が亡くなったと連絡をいただきました。

30年近く前に、購買生協の平和委員会の仲間と、肥田先生に講演をお願いしてお話を聞いたことがありました。私も若かったのですが、話を聞いた仲間はみんな私より年下でしたので、先生も若いお母さんたちにわかりやすくお話をしてくれたと思います。そして、自分はもう後がない高齢者であるけど、みんなはまだ若いのだから、この平和への意思を継いでほしい。と訴えられました。すごく感動した覚えがあります。その後、私は医療生協の活動をするようになり、肥田先生も身近な存在でした。

にこやかな表情にハスキーなお声で、平和を力強く訴えていた肥田先生を思い出します。これからも肥田先生の意思を継いで活動をしていこうと思います。

合掌


2017-03-19(21:54) 平和

午前8時から親和会の定例美化活動。少しずつ春を感じる季節になりましたが、今朝は少し肌寒い風が吹いていました。でも、みんなと町会を1周すると汗ばむほどの暖かさに。

集めたゴミの仕分け開始。

ビン、缶、金物、ペットボトル、燃えるゴミと仕分して、水できれいに流して終了。

 

10時からは、芝西のSさんとKさんと行動。赤旗購読の約束が取れました。対話も12人と。

午後からは、報道写真家の石川文洋氏の講演を聞きに、下落合コミュニティセンターに行きました。与野は久しぶりですが、ガラッと変わってしまい知らない町に来たようです。再開発ですね。

石川氏は「軍隊は抑止力にはならない。むしろ軍隊がいるから戦争になる。ベトナムや沖縄を半世紀にわたり取材した私の持論です。」とおっしゃり、撮りためた写真を次々と映しながら、その時の情景や情勢そして石川氏が得た情報を話しながらの講演でした。氏は、ベトナム、カンボジア、サラエボ、ソマリア、アフガンと数々の戦争や紛争を経験してきました。ベトナムでは米軍により枯葉剤がまかれ、ベトナムでは障害をもつ子どもたちがたくさん生まれたことを知っています。しかし、戦後生まれた親から生まれた子供が枯葉剤の影響で障害がある。第4世代の障害です。さらにその影響は増え続けているのだという事です。驚くべき事実です。

戦争そのものが非人道的であることから、「武器の非人道的」という言葉に対してナンセンスと思っていましたが、DNAを壊しつづけ未来にまで影響を与え続ける兵器がある事に、人間の無知、恐ろしさを知りました。そして、大国やアメリカの独裁により多くの国で戦争が起こり、紛争がなくならない。今また、アメリカはだだっこのようなリーダーを生み出してしまった。そのアメリカを追随する日本政府。

石川氏はベトナム戦争の結果をこう分析しています。アメリカが勝てなかったのは、政府軍に武器を渡し、米軍と一緒に攻撃をしていたのは、農民でした。ベトナムはそのころ8割が農村だったので、圧倒的多数の農民を攻撃していたのです。農民つまり民意を得られるはずがないのです。民意を得られなければ戦争は勝てない。

また、ベトナム戦争の時には、沖縄から爆撃機が飛び立ちました。だから沖縄は悪魔の島と別名があります。日本人は戦後戦争により人を殺してはいない。けれど、結果的に人殺しの手助けをしていたのです。そのことを忘れてはいけない。今また、沖縄をはじめ日本中の米軍基地や自衛隊の駐屯地が強化再編されている現実をしっかりと見て、憲法9条のある日本のやるべき仕事をしっかりと確信したいと思いました。

6,9行動、被爆者署名、戦争法廃止の活動、共謀罪に対する宣伝などなど、やるべき仕事満載です。

 

 


2017-03-18(21:09) 雑記

午前中は会議でした。少し早く終了したので、板橋市議とランチに行きました。板橋さんの良く知るお店のようです。

安行にある「らんちカフェ 木ぐらし」というお店ですが、お店の雰囲気がとってもほっこりする、癒し満載のお店です。木の香りがたくさんあり、太い梁もむき出しです。玄関口に置いてあるまきストーブもいい雰囲気を出しています。「太陽の家」とも連携しているようです。手作りの小物がたくさん置いてありました。

食べ終わって外に出ると、花の香りがどこからともなく~~

春がやってきました。

民家のような玄関
らんちカフェ「木ぐらし」

木ぐらし御膳
手前左には山ウドの炒め煮。その右は野菜入り豆腐揚げとゆで卵の肉巻き煮。右奥は菜の花の胡麻和え。左奥は野菜の煮物。小鉢には卯の花の酢物と浅漬け。
春の香り満載で美味しかった。山ウドは絶品でした。

食後のコーヒー付き

1 / 32612345...102030...最後 »