川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2019-03-09(22:17) 平和

午前中は、1人でも加入できる労働組合のSU支部支部長のYさんと、介護事業所訪問をしました。春闘の一環で行った地域総行動での提起された行動です。本当はもっと早く行なわなければと思っていましたが、議会がぶつかりこんなに遅くなりました。訪問した事業所は3か所。良い対話ができました。地域包括支援センターの役割について意見がだされました。やはりという感じです。事業所の皆さんはもっと交流を望んでいるようです。気軽に悩みをだせる交流が必要だと。市介護保険課は事の深刻さに気が付いていないようです。来週伝えてきます。

午後からは、医療生協さいたま芝南支部の9の日行動に参加してきました。6日は広島に、9日は長崎に原爆が投下された日です。その日を忘れずにと、6・9行動が全国で行われています。私は毎月は参加できず、時々いろんな団体の行動に参加しています。2017年7月に、核兵器禁止条約が国連で採択されました。批准する国が増えてきています。しかし、日本の政府は、その会議に参加することすらしておらず、批准ももちろんしていません。核抑止力に頼る日本では、世界の核兵器廃絶のリーダーシップはとれません。被爆者署名をたくさんあつめ、日本の政府の背中を押す世論にしていきたいですね。

私は、核兵器廃絶のこの運動や平和展などで、必ずといっていいほど見かけるパネルを見ると涙が出てきます。幼い弟を背負い、火葬の順番を直立不動で待っている少年の写真です。アメリカ兵が撮ったと説明があります。そのアメリカ兵も心を動かされたのでしょう。こんな、光景はもう二度とみたくありません。終わりにしたい。しかし、今も世界中で武力による争いが起こっています。子どもたちが兵士にされ、奴隷にされ、親を殺され、無残です。私は写真などでしか知りません。でも、本当に怖い。もう終わりにしたい。その強い思いから、9の日宣伝に参加して署名を訴え、マイクで署名のお願いをしてきました。

花粉症対策での署名のお願い

車いすの方も署名を

何回見ても泣けるパネル