川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2019-01-10(22:06) 行動

今日は、柳崎地域のSさん、Kさん、Tさんと一緒に車での宣伝をしました。

地域を回っていると、参議院選挙や一斉地方選挙のポスターがたくさん貼られています。既に、選挙は始まっているなあ。と感じる風景です。

ところが、違反ポスターも目につきます。

選挙は、有権者に候補者の政策を伝え選んでもらう事が大事だと思いますが、誰を選んでいいのかわからないと良く言われます。

ポスターを見ても、政策はわかりにくいものです。党名で選ぶ方もいるでしょう。でも、無所属で立候補した場合、政策をきちんと伝えないと、他の候補者との違いが判りません。選挙での公平性を考えて、選挙ルールが変更されてきたのなら、良いのですが、そこは、大会派に有利に変更されてきたのなら問題です。

例えば、違反ポスターが多い、と最初に言いました。公示前6か月になると、単独のポスターは貼りだしができません。ですから、一斉地方選挙でいうと、1月になった現在は、単独ポスターから、2名連記のポスターに貼り変えていなければならないのですが、貼り変えずに選挙戦も通して、結局貼り変えずに選挙を終わる場合も多いのが現状です。何のためにルールを変えてきたのか。変更してきた当事者会派が守らないのは、全く論外です。

マイクを使っての宣伝も、公示後は候補者しか認められず、国政では宣伝カーが全く来ない地域もあるのではないでしょうか。

選挙は、公約をきちんと有権者に伝えられるルールにしてほしい。有権者も

投票する権利をしっかりと自覚して、投票してほしいと思います。

今日の写真がないので、村岡県議との宣伝写真をアップ。