川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-12-06(22:21) 国政 市政

今日は突然、ソフトバンクの通信ができなくなり、世間では大騒ぎとなったようです。夕方はそのニュースでもちきりでした。

国会では、重要な案件が審議されています。水道法、入管法案改正、憲法審議会も。

川口市の12月定例市議会では、社会福祉事業の指定管理が提案されています。今日ヒアリングをしましたが、公募に対して1者しか応募がなく、競争をすることなく決まりました。公募の要件は、市内に事業者があること、福祉事業の経験があること等です。この事業に関しての指定管理は、市内では2つ目です。指定管理では、民間が独自事業を行いながら、利益もだし、運営していかなければなりません。削れるところは、人件費となります。

今回は1者でしたが、数社となれば、提示した金額が低い事業者が評価点数は高くなります。それが、公的事業としても、資本主義的な評価です。

福祉事業は、人件費の割合が高くなります。だから、もうけが少ない事業です。福祉の理念や高い意識がなければやっていけない事業だと思いますが、株式会社がどんどん参入してきます。そこに、不安と懸念があります。

来週からはじまる、一般質問。板橋議員が消費税の質問をします。消費税は社会保障の財源であるから必要だとでも答弁をするのでしょうか。暮らしが疲弊している中、さらに暮らしを悪くさせ、社会保障の自然増分をまともに予算つけしていない。(だんだん怒りが抑えられなくなってきたので止めます)

資本主義の劣化です。