川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-12-16(22:02) 行動

今朝は、久しぶりに親和会の活動に参加しました。小谷場町会の朝8時からの美化活動です。早朝8時はもう寒い。車の霜対策が必要な朝です。でも、参加者皆さんは元気いっぱい。

通常の活動地域ではなく、今日は小谷場公園に集中ということでした。

10時からは、Sさんと訪問活動。自転車での行動で、手がかじかんでしまった。もう手袋が必要です。

13時半からは、会議に参加。いよいよ選挙を見据えた活動になってきます。今週届いた全戸配布ビラはすでに配り終わった方もいて、仕事が早いと感心。

16時半からは、久しぶりに蕨駅で日本共産党の宣伝行動。風がなく良かった。気温が低いけど、風がないので、体感温度は少し良いかも。

20時からは、西郷どんを見て涙。

竹ぼうきで集めた落ち葉を、私がビニール袋に入れる。この分担で手際よく。

公園の落ち葉は事業系ごみになるのでしょうか。黄色い袋です。

女性から、頑張って!!と言われビラを受け取ってもらいました。


2018-12-15(22:38) 平和 未分類

今日は革新懇第2回フォーラムが開催され、行ってきました。

9人のパネラー報告は、憲法に関わる活動など。

川口9条の会、川口生活と健康を守る会、川口地区労、川口年金者組合、川口民主商工会、埼玉土建川口支部、新婦人川口支部、消費税をなくす川口の会、日本共産党川口市議団のそれぞれの代表者からの報告はみんな、勉強になりました。年金者組合の方の報告では、社会保障の対局が戦争であり、社会保障を削減する一方軍事費が増額するのは安倍政権のやりたい改憲からも見えてくる。また、労働者としても女性は差別され、賃金は低く抑えられているが、年金が低いのは差別から来ること。

埼玉土建川口支部の報告では、戦争が始まればアメリカに協力する体制が決まってきた。戦争が始まれば、建設事業者は協力しなければならなくなる。自衛隊法では、そんなことが明記されているが、自衛隊法103条には、事業者には協力を断る権利がない、と記述されている。そんなことは初めて知りました。憲法違反ではないのか。

川口民主商工会からの報告は、消費税について、ちょっと違った角度から。アメリカには消費税がありません。日本のように輸出業者に対して、還付される制度ももちろんありません。だから、日本の大手の自動車産業と競争すると、不公平感がある。もちろんトランプ大統領は、企業人ですから、日本に対して圧力をかけているのだそうです。今の貿易外交を見る目が違ってきました。

川口市議団から報告したのは、金子幸弘議員です。住民自治を考えるうえで、川口市は議会として議会だより・議会広報を発行していない。埼玉県内では川口市だけです。また、議会基本条例の制定もありません。しかし、今年から中核市になったことで、市独自のものもあり、いくつか紹介されました。まず民泊事業については国基準より厳しい規制をしています。民泊ができる地域と時期について学校などへの配慮があり、厳しくなっています。また、特別養護老人ホームの設置基準には、多床室整備が進められるように条例制定しました。川口市も頑張っているところもあります、もちろん。金子議員も言っていましたが、やはり住民自治が大事です。住民自治が川口市政を変えていく力となると思います。

最後に村岡県議がまとめと感想をのべました。とても、良いフォーラムでした。

 


2018-12-14(23:27) 市政

日々暮らしていると、様々なルールがあります。

市議会議員としては、活動上でのルール、議会でのルールなどですが、公(おおやけ)のルールであると考えると緊張します。

昨日の議会では、残念な場面が多々ありました。

発端は、立憲民主党の碇議員が行った一般質問に対する、発言の削除を求める動議が自民党から出されたことです。碇議員が行った市民アンケートに対する信憑性がないと断じて、議事録からの削除を求めることは、議員が行う市民への調査活動や答えてくれた市民への侮辱とも取れます。これは許してはいけないと思いました。碇議員の行った市民アンケートは、5000人を対象に実施し回答率は、現段階で15,7%であるとしていますが、800人弱の回答になります。統計上どうなのか詳しくはわかりませんが、参考値としては良いのではないでしょうか。さらに、政務活動費で行ったということですので、領収書、資料は確かなものだと言えます。ただし、碇議員も、発言の中でアンケート結果をもってして、市民全体の意見であるかのような表現もあり、その点は本人も認め、訂正すると議場で発言しています。しかし、その発言を聞いていないと言い張る自民党の面々。

さらに問題点は、動議を出すにあたり、議会運営委員長からの説明もなく、何時間も待たされ、議会が深夜に及んだことです。

そして、碇議員の動議に対する、反対討論を行った日本共産党の金子議員に対する動議も出されました。まったくいいがかりとしか言えない。しかも、動議は2人以上の賛同者が必要ですが、その手続きの不備、議会運営員会を開き日程を決めなければならないのに、日程を決める前に議長が散会にしてしまった点。そのほかにも、あると指摘する方がいます。

議会でのルールを破って、議会運営を進めた責任は、議長にありますが、大本の原因は自民党にあります。数の力で押し切る。多数決が民主主義だと勘違いしている人たちです。本当に残念な議会でした。


2018-12-13(23:32) 市政

一般質問最終日。

立憲民主党の碇議員の質問に動議が出され、質問の削除が出された。

空転する議会。23時30分散会したが、まだ終わらない。


2018-12-12(23:02) 市政

今回の質問は、雰囲気が違う。

自民党の質問がやけにあっさりしている。いつもなら、時間が余ると、時間稼ぎのようなことを言って、ぎりぎりにする議員もいたけど、10分位余らせて終了する議員もいるのは、誰かの指示だろうか。自民党議員の質問に答弁が良いのは選挙が近いからだと思うけど、地域住民の要求が実現しているのだから、良しとします。

今日は最初に、井上議員が登壇しました。

防災、介護、経済、みんななかまバスの質問でした。

介護保険制度に関しての質問では、自民党席の方からガヤガヤと。

明日は、質問最終日。

来週からは常任委員会で、議案の審議です。

介護医療院の設置や運営に関する条例が提案されています。わざとかな?と思うほど、わかりにくい。課長は一生懸命説明をしてくれますが、なぜ?と思うとよけいわかりにくくなる。