川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-08-31(21:36) 平和

今日の夕方のニュースで、沖縄県が辺野古埋め立て承認を撤回したと報道していました。

そして、沖縄県知事選挙も9月13日告示、30日投票で始まります。

翁長氏の志を継ぐ、候補者玉城氏の当選を切に願うことは当然ですが、沖縄県民の意思である米軍基地に反対し、自分たちの土地沖縄を取り戻そうとする粘り強い行動に、尊敬の思いが強いです。

ネイルサロンで知り合った、ネイリストが沖縄に帰って2年くらいでしょうか。連絡先もわからないので、沖縄県知事選挙に支持をお願いすることはできませんが、エスパーだったらと思います。沖縄県民に知り合いはいませんが、何かできることがあれば、なんでもお手伝いしたいと思います。

大分の友人から送られたカボス。


2018-08-30(22:16) 教育・こども

私は幼稚園に通い、私の子どもたちも幼稚園を卒業してきました。なので、保育所はなじみがありません。市政に関わるものとして、保育所の視察は絶対に必要だと思い、課長さんにお願いをして、視察の設定をしていただきました。市議団6名で参加。

まず初めに、3歳児連携ができており、給食は自園調理のさくらそう保育園に行きました。ゼロ歳児は6か月からの保育で2人、1歳5人、2歳5人の12名です。到着した時には、楽器を使って歌を歌っていました。代表の柿原さんもギターを使って参加。給食は自園で調理してましたが、素材の味を大事に調理しているとかで、味見をさせていただきましたが、おひたしがすごくおいしかったです。見た目はただのおひたしなのに、不思議です。

次は、たいよう保育園上青木西園。到着は11時でしたので、給食の準備中。今日はカレーでした。たいよう保育園は関連園が小規模5か所、認可2か所、事業所内1か所とあります。若い保育士さんが多かったと思いましたが、離職率が低いと代表の仲島さんはおっしゃいます。なぜか理由を聞くと、個別面談を丁寧にして人間関係をよくする工夫をしているとのことでした。子どもたちのためにも、保育士さんの定着が重要です。また、従業員の保育園があることも安心して働ける条件です。

今日は短時間でしたので、詳しくお話を聞けなかった点が残念ですが、2つの保育園の皆さんにはお世話になりました。公の補助金制度もあればいいというものではなく、使い勝手もよくならないと、事業者支援にはなりません。支援策についてはさらに研究していこうと思いました。

また、市としては保育所の増設を計画していますが、市民のニーズに沿った保育所建設ができるよう、地域要求をしっかりと市政に届けていこうと思います。

さくらそう保育園の保育士さんたちと、子どもたちの楽器と歌で出迎えてくれました。

さくうらそう保育園の調理室。第2さくらそう保育園の給食も作って,ここから届けます。

毎食給食の点検。今日は市議団も少しづつ試食しました。絶品です!

たいよう保育園の給食はすぐに写真にアップして、保護者にも見てもらいます。



2018-08-29(22:01) くらし

お盆前に国保の滞納の件で、相談をしたYさんが再度、特別債権回収課に相談をしに行きました。

前回陪席した、民商のMさん、Sさんと私も、共産党の控室に待機して、Yさんご夫婦の相談を見守りました。今回は、陪席ができませんでしたので、前回回収課と話し合った内容の確認だけなら、大丈夫だと思いました。もちろん、特別債権回収課から、個人情報が話されるので、保護のため陪席はしないでほしいと言われたこともあります。

Yさんは不安な話も多々あったようですが、結局はほぼ納得のいく話し合いができたようです。

市として、債権回収にあたり、相談者の生活を壊してまで回収を強化するということは、差押えしかありません。そして、相談者の生活を壊せば納税することも不可能になります。

相談者の生活をしっかりと見て支援する立場で、相談にのってほしい。強く思うことです。


2018-08-28(21:55) 国政

国が進めているはずの、障害者雇用の促進に、中央省庁の8割が水増しをしていたと報道されています。

さらに、民間企業で雇用率が達成できなければ、一人に5万円のペナルティが課せられているということです。

各大臣が遺憾だとコメントを出していますが、その大臣が障害者雇用について、しっかり理解しているのか疑問です。

さらに、今日の新聞には、戸田市でも水増しが行われていたと報道されていました。まず官より襟を正さなければ。

そして、障害者の皆さんの、働く喜びを奪ってはいけない。本当にそう思います。


2018-08-27(23:19) まちづくり

以前、戦争に反対し憲法9条を守ろうという「3000万人署名」の協力をしてもらう、訪問行動に参加した時に、出会った方がいました。

署名はほとんどしたことがない、と言いましたが、いろいろ対話をしました。その中で、自宅の前の道に街路灯がなく、自宅周辺は暗いので、街路灯を付けてほしいと、何十年も希望を伝えているがなかなか付けられない。そんなお話でした。

街路灯は、市が設置するものと町会が設置するものがあるので、確認してみますね。と返事をして、市の区画整理事務所に伝えました。ところが担当は道路建設課でしたので、事務所から連絡をしてつないでくれるということでした。

ずいぶん時間がたってしまったので、少し記憶が薄れてきたのですが、昨日街路灯設置を望んでいらした方から、電話をいただき、市の担当課が来て近所の調査に来ていました。連絡をしてくれてありがとう。ということでした。

そして、今日室長さんから連絡があり、街路灯は設置の方向で動いているということの他に、家の前の道路が砂利道でしたので、その道路の件も心配してくれて調査をしてくれたそうです。

一人の住民の願いがやっとかなうことになり、良かったと思いました。ましてや、街路灯は防犯にも役立ちます。明るいまちづくりができて良かったと思いました。ちょっとした意見や願いがしっかりと市政に届き、実現することが大事です。そこから、市政に興味をもち、投票率にもつながると思うからです。

一つ一つ、ぼちぼちです。

1 / 712345...最後 »