川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-03-08(23:23) 医療・介護

来週月曜日に一般質問に立ちますが、国保と介護の引き下げや軽減について取り上げます。

国保税も介護保険料も計算式がむつかしい。国保は来月から都道府県化となり、国が低所得者対策などで交付する1700億円を使って軽減対策の財源にと言う提案も、子ども医療費の自治体にたいするペナルティ(就学前までの分)が無くなるから財源に軽減対策にという提案も、その財源とする交付金がどこにあるのかがはっきりしません。

介護については、介護報酬が少し上がり、高齢者数は増える、だから介護保険料は引き上げしかない。と引き上げありきです。市民が引き下げてほしいと言っても、その声を介護保険料の検討に反映はしなかったのか。

国が社会保障の削減を進める中で、自治体には防波堤の役割を強く求めるしかありません。

そして、国保も介護もその役割は日本共産党しかないのだろうと。今、私が言わなければ誰も言わないのであれば、私が発言をして市民の命を守る役割を担うしかありません。

今は、そんな、気持ちです。