川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-12-09(21:50) 雑記

テレビ番組で、橋田寿賀子さんが出演していましたが、橋田さんは90歳をすぎて尚筋トレをして、元気に生きようとしておられます。橋田さんは誕生日に死を考え、だから生きることの意義や充実した日々を送ろうとしているのだと感じました。

私は、自分もいつ死ぬかわからない現在を生きている以上、日々を一生懸命、そして緩やかに怠けながら生き抜こうと考えています。自分の死も考えていますが、二人の母も80歳を超えていますので、親孝行をもっとしなくてはいけないなあと、いつも反省をしています。忙しい事を言い訳にしている自分がいます。

私の父は、平和活動に一生懸命の人でした。少なくとも、そう言っていただく方が多いと思います。父のようにまじめに生きて行こうとは思っていませんでした。そして、父にはいつも反発をしていました。しかし、今の私は父の歩いていた道を歩いているようです。

母も同じ道を歩いています。近所の方に支えられながら、少しづつ歩いているようです。

義母とは、一度政治について話したことがありますが、ベクトルは同じだと確信しています。心強い気持ちになりました。

死とは、いかに生きぬくか。生きていくうえで、日本共産党と言う羅針盤を持つことができて幸せです。そして、これからも、どう生きるか考えながら、生きていくのでしょう。私の死がいつ、どこで、どういう形で、やってくるのか分かりません。病気か、事故か、老衰か。それまで、一生懸命、悔いのない人生を生きて行きたいです。そんなことを考えた日でした。