川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-11-30(23:50) 医療・介護

今日から、12月市議会が始まりました。

決算審査では、一般会計、特別会計、企業会計それぞれに反対があり、日本共産党を代表して矢野市議が反対討論を行いました。しかし、28年度決算は賛成多数で採決されました。この結果は予算にも反映するように今後も頑張ります。

今議会の議案は、来年度中核市に移行することをうけて、条例制定、条例改正が多数あり大変な議会となります。とくに、福祉健康常任委員会に付託される議案が多いので委員会も2日予定されています。(>_<)  時間がない中精査はきちんと行わなければと、どきどきです。

議会散会後、庁舎内で市長に会い、共産党の主張にご意見をいただきました。私は、チャンスとばかりに国保の件を訴えました。

夜は、医療介護の勉強会に参加してきました。この勉強会はいつも本当に勉強になります。今日は、医療介護の連携や、地域包括ケアでの取り組みのシンポジュームでした。シンポジストの報告後、会場からの発言があり、神根地域での、小・中学校を巻き込んでの認知症サポーターの取り組みはすごいと思いました。今度視察に行ってみようと思います。

介護運営協議会でご一緒に委員をしている畑中さんの報告

口腔ケアは大事

 


2017-11-29(22:04) 市政 教育・こども

本日、板橋市議と一緒に、市立戸塚南小学校の校長先生からお話を伺ってきました。

川口市内の小学校は、人口が増えている地域、子どもが減っている地域など地域差があり、学校の現状や課題も地域差があります。本日伺った戸塚南小学校は、地域の人口が増えている地域で、小学校もマンモス化に対して学校建設を行ったにもかかわらず、現在では1000人に近づいている小学校です。

子どもたちが増える中、普通教室不足となり特別教室(図工室、理科室など)を普通教室に変更しながら、やりくりをしてきたそうです。

私たちの願いは、少人数学級です。だから、2年生も当然35人以下にしてほしいと要望が多く出されます。しかし、現場では教室が足りない現実がある。戸塚南小学校はプレハブ校舎を建設したことで、現在は特別教室は元に戻すことが出来たそうですが、今だ増えている事を考えれば、根本的な問題解決には至っていないと思います。また、特別支援学級は設置されていません。学童についても保育室の確保は心配です。

その他、教師の産休、育休などにしっかりと対応できているのか。子ども達の事を考え、先生の過重労働を考えれば、少人数学級の実現が必要ですが、教室不足で物理的に困難であるならば、教師の加配を実現したい。理想は学年に1人の加配が欲しいという事です。先生たちの突然の病気等にも対応できる教師の加配が必要です。そして、普段では子どもたちに目が行き届く人数配置で、教育を行う事。今すぐ実現したいです。

まずは県に働きかけることですね。そして、市費での教員や栄養士の配置をこれからも求めていきます。

 


2017-11-28(23:45) 市政

芝地区選出の市議会議員と町会長・自治会長と年に1回から2回の懇談を、数年前から行っています。

今日は、連合で市に対して要望したことに対しての進捗状況を議員から報告したのち、各町会長・自治会長から様々な要望が出されました。

「分署に配置されると決まった救急車がまだ来ないがいつ配置されるのか。」

「区画整理事業を早く進めてほしい。」

「交通安全に対して、自転車道の整備を。」

「団地そばの陸橋の安全面での整備を。」

「空き地を有効に活用してほしい。」

「区画整備事業に関しての文化財発掘が必要な場合の、住民の負担がある事について納得できない。」

「来年度開校予定の夜間中学について。」

「廃校になった学校の跡地利用を地元の子どもたちに役立つ方法で。」

「上谷沼公園にあるジョギングコースの整備とトイレ設置を。」

いろいろ要望が聞けて良かったです。また、市政についても関心が高く、さすがだと思いましたが、さらに市政報告を丁寧にしていかなくてはと思いました。

蕨駅周辺の放置自転車撲滅のキャンペーングッズは、交通安全のために芝地域で配りました。


2017-11-27(23:17) 国政

日本医学会連合会など4団体は、21日連名による「受動喫煙のない社会の実現を」との緊急声明を発表しました。昨年10月厚労省は「屋内の全面禁煙」と言う原案を出しましたが、喫煙を可とする自民党と調整をしているとのことです。喫煙している方は気が付かないかもしれませんが、たばこを吸ったすぐ後では、たばこのニオイの息が出続けています。受動喫煙はしていなくても、そのニオイにも閉口しています。

ご本人の健康はもちろんですが、吸わない人の事も少し考えて頂ければといつも思います。たばこの事に限らず、他人を思いやる気持ちは大事です。子どもや女性、高齢者への虐待は後を絶たず、差別、偏見、いじめなど、話をすればなくすことに異論を唱える方はいないと思いますが、なくなりません。

自分も、他人も、動植物も、自然も思いやる気持ちがあれば、豊かに暮らすことが出来ると思います。

今夜の会議も、そんな事が難しいと思える事例をたくさん聞きました。

人(私も)は弱い者ですから、良くないことも言うし、します。でも、誰かが、どこかで、間違っているよと言ってくれれば、修整できると信じています。

誰もが、豊かに生きて行かれる世の中にしていきたい。

 


2017-11-26(19:16) 市政
  1. 神根グラウンドで消防団の、日頃の訓練成果などを点検する企画がありました。消防団は11師団、団員総勢427人車両29台です。

キビキビと動く通常点検と車両点検が行われ、鳶消防組のはしご乗りとポンプ車操法も行われました。

今年入団した新人さんの紹介がありましたが、全ての師団に新入団者があるますように、広報のお手伝いをします。

師団ごとの入場行進

市長の点検に同行

見ているだけで怖い、はしご乗り

放水

午後訪問して見かけた、黒い柿の実

1 / 612345...最後 »