川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-07-31(21:46) 国政

”特定非営利活動法人LGBTの家族と友人をつなぐ会”のOさんと市議団の懇談会を行いました。

LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーなど性的マイノリティーの人々を頭文字で表す言葉です。

Oさんからは、現状をさまざま教えていただき、他の自治体の様子を聞くとともに、川口市の様子を聞かれました。川口市は男女共同参画条例があり、担当部署もありますが、教育や周知に関しては課題もあります。

数日前に新聞記事で、トイレの事が掲載されていました。トランスジェンダーの方の場合、男性の恰好をしていても心は女性であり、公共のトイレだとしても男性トイレに入るには違和感があるというような、記事でした。Oさんからは、様々な問題を教えていただきました。体と心の違和感を感じ意識したのが小中学校のころだとしたら、教育現場では対応ができるのか。また、就職の時も履歴書の内容と体の違いがあればどうか。選挙は大丈夫か。さらに、体と心の不一致により医療機関に掛かる時には、最初は精神科にかかり、次に内科になるそうですが、受診は保険外になり窓口負担は大変重いそうです。先日血液検査をしたら9000円もかかったそうです。それに、専門医も全国で数が少なく受診するにも時間がかかる、遠くまで行かなくてはならないなど、聞かなくては分からない問題が沢山ありました。

自治体により、政策が進んだところもあるそうです。勉強しなくてはいけません。そして、連合では政策を作っているそうです。

今日は勉強不足を感じましたが、懇談をして良かったです。さらに学習をしなくてはと思いました。


2017-07-30(21:01) 集会

午前中は、柳崎のSさん二人と訪問。日曜日にもかかわらず、お留守が多い。でも、お会いできた方とは良い対話が出来ました。日刊紙の購読ももらえたし、良いスタートです。⒒時から芝西のSさんと訪問、やはりお留守が多い。対話できた方のなかで、大学生と中学生の二人のお子さんをお持ちのお母さんとの対話は良かったです。来年から国保が県単位になり今でも高いのに、さらに1.36倍の試算が県からでているんですよ。と言うと、大変驚かれ、そこから対話になりました。75歳を過ぎ後期高齢者医療になった方も医療については不安が沢山あると話をされ、女性のひろばと言う月刊誌の購読を了解してくれました。

野党共闘が進んで国民に支持がされつつあるとはいえ、党勢拡大は動かなくてはできません。対話が大事です。

午後からは、芝西地域で国保と介護の学習を兼ねた集いです。私が資料を使って説明をしました。国保はわかりづらいので、質問はその都度受付、私が答えるだけではなく、みんなで交流しながら進めました。参加者が私を入れて5人というのも良かったです。全員が発言をして、全員で制度を深める事ができました。県からの試算が確定していないので、このままでは上がってしまう。ことを前提に話をしました。

参加者のWさんは、70歳を過ぎていらっしゃいますが、マンションのお掃除を、3か月契約更新のアルバイトでやっています。腰が痛いと言いながら、頑張って働いて介護保険も使わず、日刊紙を購読してくれています。

Wさんのお話では、受け持っているマンションの方で、お風呂のサービスを受けている方が多くいるそうです。やはり、1人での入浴は棄権ですし、ご本人も怖いと言っているそうです。入浴サービスは公的にできると良いと思います。川口市でも何か方策を考えないと。

最後にWさんに日本共産党にはいりませんか。とお誘いしました。共産党は他人の事で一生懸命働いている事が信頼の根本にあるとお話をしてくださいました。しかし、腰痛があるので、治ったら入りますよ。ととても前向きなお答えをいただきました。Wさんもとってもまじめな方なので、こちらもきちんとしなくてはと背筋が伸びた気がします。

 


2017-07-29(21:52) 集会

午前中は、芝園で訪問。4人で2組に分かれて選挙制度が変更になったことで梅村さえこ衆議院議員の資料や、私の市政報告とみんななかまバスの改善署名も持って訪問です。久しぶりに、お留守が多くあまり対話はできませんでした。こんなこともあります。

午後からは、芝南地域の「ぶっちゃけトークのつどい」に参加です。平川みちや氏が国政の報告や野党共闘の事を話しました。村岡県議は、県議会報告を国保税の広域化に関して報告。私は市政報告と、村岡県議の報告を受けて、川口市の国保に関して報告しました。最後に質疑応答の時間もありましたが、国保の問題は難しいので、活発な質問とはいきませんでした。でも、このまま黙っていては、大幅な税の引き上げがある事はわかってもらえたと思います。

 

衆議院議員候補として、平川みちや氏に来てもらいましたが、参加者によっては、15区の梅村さえ子議員にもなります。ややこしいことになりました。


2017-07-28(22:06) まちづくり

午前中は、新聞の配達集金に芝地域を一回り。

午後からは、介護保険運営協議会の分会の会議。

夕方からは、小谷場町会の盆踊り。今年は、美化活動に参加している「親和会」が焼きそばの模擬店を担当することになったと聞き、お手伝いしましょうか。と。喜んでくれたので猫の手くらいにはなると軽い気持ちで会場の公園に行きました。到着は17時。盆踊りは18時からですが、子どもたちは大勢来ていて、子ども神輿などにぎわっていました。焼きそばはすでに焼いてパック詰めをしていたので、さっそく私も輪に入りました。最初は、パック詰め。そのうちパック詰めしながら、紅ショウガと青のりをかけて輪ゴム止めする工程を担当。途中で紅ショウガがなくなり、買いに行くことになりました。皆さんビールを飲んでしまい車の運転ができないので、私が。帰ってくると、売り子さんに。子どもは焼きそばが好きですから、子どもの多い小谷場町会の盆踊りでは売れ筋です。さらに、夕飯にしようと大量に買っていく方もいます。

本当にひっきりなしで、いつまで続くんだろうと思ってしまったほど。周りの方は高齢な方なので、私が頑張らなくてはと、ちょっと気負いましたが、それが運のつき。

焼きそばは売れ残りの心配がないだろう、くらいの軽い気持ちで手伝ったのは、大きな間違いだと気が付きました。

考えが甘いとは、このことです。挨拶に来た、柳田市議と木岡市議も手伝う羽目に。二人とも若いので、すごく助かりました。

本当に自分の考えの甘さに気が付いた、一日でした。(;´∀`)

子ども神輿が6時まえに。

手前はお料理の先生Sさん。右は体育部長さん。

6時ころはまだ、こんな感じ。

 


2017-07-27(21:25) 国政 市政

今年は、川口市での開催でした。

都市農地と農業を取り巻く環境は大変厳しいものがあります。こうした状況の解決を目指し、有志市長と関係者が立ち上がり、平成21年から我が国初の都市農業サミットが開催されています。毎年都内での開催でしたが、今年は川口市に会場が来ましたので、共産党市議団は全員での参加ができました。

挨拶の後、基調講演「都市農業をめぐる情勢とJAの取り組みについて」を全国農業協同組合中央会農政部長の小林寛史氏が行いました。その後、代表者会議として、11市からの市の現状や取り組みなどの報告が行われ、共同宣言が採択されました。

8項目の政策提言が国の機関と関係諸団体の協力を求めるものとされています。

1、都市農地、農業の国民的理解の醸成に関わる支援制度の拡充。2、都市部における農地の存在意義の認知と都市づくりにおける計画的な農地の保全と活用の推進。3、農用地や緑地の保全を推進する支援制度の拡充。4、都市農業を支援する制度の拡充。5、生産緑地の買い取り支援制度の拡充及び各種要件の緩和。6、産地間交流事業及び都市間交流事業に対する支援制度の創設。7、農業に関わる相続税猶予制度の適用要件及び免除要件の緩和。8、相続税納税猶予制度の適用要件及び免除要件の緩和。

閉会後農業委員のKさんと少しお話をしました。かつて一緒の会議で税金の問題が大きいとお聞きしていたので、私から触れました。Kさんは今でもそのように思っているようでした。

1つ気になったことがあります。代表者会議の資料で、専業農家が増えている自治体がありました。数軒ですが、どんな手立ての成果なのか、聞いてみたいです。

1 / 712345...最後 »