川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-03-31(23:26) 国政

FBに日本共産党の清水忠史議員が「押し紙」について、消費者問題に関する特別委員会で質問をしたと投稿がありました。

「押し紙」とは、新聞本社が販売店に供給している新聞の内、販売店から個別の読者に配られる新聞以外の大量の新聞ですが、これは古紙として廃棄されるものです。さらに廃棄する新聞を販売店は買い取らされているというのです。押し紙は販売店の経営を圧迫していることはもちろんですが、借金をして支払いをしている販売店もあるとのことです。販売店の弱い立場から異議を言えないこともあるそうです。初めて聞いたことですが、こんな理不尽なことがまかり通っているとは信じられませんでした。

日本では、全国で販売店が宅配をしているので、新聞を家でゆっくりと読むことができます。私の家に届けてくれる販売店には、就学援助を受けて頑張っている学生もいると聞いています。販売店をまもるため、清水議員に頑張って下さいとエールを送ります。

午前、午後と活動をした後、まめの受診。ワクチン接種とフィラリア予防と爪切り。大人しくてドクターに可愛いを連発されました。(;´∀`)

 


2017-03-29(22:11) 医療・介護

川口市社会保障推進協議会・高齢者介護グループと市の懇談があり、陪席してきました。

介護事業所の現場で働いている方たちの率直な意見や要望が聞けました。事前に質問や要望書を提出してありその答弁に対してさらに深める懇談になりました。医療と介護の連携、地域包括ケアセンターの位置づけ、総合事業への確認や不安などなど。

「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」では、医療生協さいたまの介護事業所「かがやき」が今年3月から開設しました。他2カ所開設しています。「かがやき」の現場では、職員確保が大変だったこと、人員確保での支援をしてほしいことと、事業そのものの周知を「広報かわぐち」などで掲載してほしい、とかなり具体的な要望が出されました。

これから始まる「介護予防・日常生活支援総合事業」については、かなりわかりにくい事業です。しかし、利用する方たちにとって、同様のサービスが負担増とならないで利用が可能なのかが一番の関心です。市の答弁では、来年度は報酬単価は維持していく。しかし、30年以降については、やはり軽度の方の排除が行われる可能性もあるのではないかと心配は残ります。

今日の懇談は、市民、事業者、市担当課が穏やかに意見交換する方式で、建設的だと感じました。今日出された意見などしっかりと政策に反映してほしいと思います。現場の声は大事です。

13時開会、芝園公民館の憩いの広場に参加。今日は、せっちゃんと九官鳥のラストコンサート。矢作さんお疲れ様でした。

社保協・米田さんの開会あいさつ


2017-03-28(22:52) 市政 集会

午前中は地域訪問をしました。お留守が多く、数軒目でやっと対話ができました。

いつも、日本共産党を応援してくれる方との対話ですので、楽しい対話でもありました。対話の終盤に知人から聞いた話を始めました。それは、生活保護を受けている方ですが、毎日お酒を飲み働かない毎日を送っている。そんな人を数人知っている。夫は77歳だが今も働いていて、夜お酒を飲むのも体の事を考え控える毎日なので、あの方たちの事を考えると働くのが嫌になる。

そんな話でした。生活保護を受けている人がすべてそんな方ばかりではないのですが、確かにそういう方もいるのでしょう。保護課にすれば、60歳代でも働ける方には就労の指導をしているはずです。行き過ぎた就労指導には気を付けなければいけないと思いますが、生活を立て直すことも大事ですので、自立支援は大事です。福祉課のケースワーカーが受け持つ世帯は多く、一人の限界を超えていることから、ケースワーカーの増員を常に言っているのが現状でもあります。今日聞いたお話は、福祉課に伝えたり課の様子を聞いてみようと思います。

昼は、医療生協の支部の集まりに参加してきました。午前は花見、午後は総会で、その合間のランチタイムに一緒にお昼を食べたのです。ご近所のお店で手作りのお弁当が美味しかった。さらに、連鶴の折り紙と渡し舟をいただきました。鶴は今度おり方を習ってみたいほどです。渡し舟は、同じ折り方の紙を重ねただけですが、大きさの違いから奥の深い作品になっています。

午後は、介護保険運営協議会がありました。来年度は保険料や給付など大事な審議が行われます。報告事項ではアンケート調査の簡単な報告がありました。大変よい調査が行われたと感じましたが、分析の仕方で意見をだしました。それは、年齢別介護度調査に関して、年齢が高いから介護度が高いわけではありません。では、介護度が低い方の生活習慣や好みや運動、文化などどんな違いが介護度を低くしているのか、分析ができないかと思ったのです。調査を委託している業者さんも重要な点だと分かっていただきましたので、調査報告書に期待をしたいと思います。その、分析は市政に必ず役に立つと思うからです。

渡し舟

近所の桜は、まだつぼみが固そう。でも少しピンクが見えています。

 

 

 


2017-03-27(23:20) 平和

今日は夕方18時から、川口駅東口デッキで「ヒバクシャ国際署名」宣伝が原水爆禁止日本協議会主催で行われました。私は矢野市議、板橋市議と一緒に参加してきました。

通常では、広島と長崎に原爆が投下された6日と9日に宣伝を行っているのですが、今日は国連で「核兵器禁止条約の国連会議」が行われることを受けて、全国でいっせい宣伝が行われました。

核保有国はこの会議に参加しないとも報道されていますが、赤旗本日付けの記事に、「核兵器禁止条約の交渉で核保有国の参加を追求することはもとより大事ですが、仮に最初はこれらの国が参加しなくても、多数の国の賛成で核兵器禁止条約が実現すれば『違法化』され、核保有国は政治的にも道義的にも拘束を受けることになります。」と日本共産党志位委員長の言葉が掲載されていました。現在志位委員長は、国連会議に出席するためニューヨークに行き、ベネズエラの国連大使とも会談を行い先の話に至っています。

日本は戦争被爆国として、リーダーシップをとるべきであるにもかかわらず、条約の足を引っ張る行動をとっています。

国民の声で正すしかありません。今日若い女性が、署名をしてくれました。私がありがとうとお礼を言うと、こんなことしかできませんから。とおっしゃって笑顔で署名してくれました。心強い言葉です。この一歩が大事なんです。署名をまだしていない方。ぜひお願いします。

宣伝をするOさん。

1 / 612345...最後 »