川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2016-12-31(23:13) 雑記

今日は朝から、大根のゆずまきとロールキャベツを作り、郵便局に行き議会報告を郵送し、芝富士のOさん宅にポスターを貼り付け、活動終了。

午後からまめをつれて大宮の実家に。

母も6軒の日曜版配達をしています。ゆっくりと徒歩でくばっていました。

みんなができる事を少しづつ、そして少しづつがんばれば、前進します。

今年一年、日本共産党を応援して下さった皆様ありがとうござました。

あと1時間弱で、来年になります。がんばります。


2016-12-29(23:18) 雑記

活動をしている時、忙しく生きている時、とげとげしい人と一緒の時を過ごしている時、

ストレスを感じます。一日24時間、一年365日、ストレスを感じないで生きることは難しいでしょう。ストレスとは、悲しいことや辛い事だけではありません。嬉しいこともストレスになりますから。

今日はいやなことを思い出しては、ストレスを増幅するような時間がありました。

午前中は、Aさんと楽しく活動していたのにどうしてでしょうか。人の感情は計り知れません。

ブログも更新する気がせず、今日はパスしようと思っていましたが、新聞のこの写真を見た瞬間、なぜかほっこりしました。

北海道労働委員会の労働委員赤坂氏の笑顔の写真です。このほっとする笑顔の裏付けは「現場に直接足を運んで話をじっくり聞いて対応したい」「目的がないと楽な方に流れてしまうので」という真のある生き方が、やさしさなのでしょう。

ぐちぐち思っているうちは、私もまだまだひよっこですね。

しんぶん赤旗日刊紙、12月30日付け「ひと」欄


2016-12-27(22:30) 市政

コミュニティバスの改善要求をしている、芝西のみなさんと要望書提出と懇談を行ってきました。

最初は要望書を提出するだけだと思っていましたが、都市交通の担当者から会議室に案内され懇談も30分程できました。

代表者のKさんは、変更になったバスに乗って病院まで行ったそうです。近所のバス停から芝線のバスに乗車し終点の医療センターで下車。そして神根循環に乗り換えて協同病院下車です。Kさんの感想は、コミュニティバスは改善されていると感じたが、特に神根循環のバス停の区間が短く便利だと思ったそうです。芝線もバス停の区間が短くなれば高齢者に便利なので次はぜひ芝線もお願いしたいとおっしゃっていました。

交通体系は、経済効果だけを考えてはいられません。高齢者の交通事故問題もクローズアップされていますが、では免許証を変換すれば解決する事ではありません。高齢になれば行動半径が小さくなるのに、買い物や医療機関への受診も不便になったのでは、引きこもりが増えていくばかりです。国の政策は医療費や介護費の削減ばかりです。しかし、健康維持は生活力にも関係し、ひいては医療費や介護費にも関わってきます。国民が健康(慢性の疾患を持っていてもコントロールして暮らせれば健康です)に暮らせるためには、まちづくりや都市交通もしっかりその観点からの政策を持つべきです。なかなか市の担当者にはわかってもらえません。

地域の皆さんと言い続けるしかありませんが。

 


2016-12-26(21:09) 国政

安倍政権

来年1月19日(木)15時半から

川口駅東口にて

市民連合川口主催の街頭演説会が計画されています。

野党3党、民進党、共産党、社民党の野党合同による演説会は史上初です。

全国で広がっている野党共闘をさらに広げて、打倒安倍政権です。

1 / 612345...最後 »