川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2015-11-19(22:29) 市政 教育・こども

板橋市議、井上市議、そして今井の3人で、芝高木保育所の視察に行って参りました。

芝高木保育所は、市が指定管理委託をしている、いわゆる公設民営の保育所です。定員は90名ですが、1歳から5歳児まで96名を保育しています。

所長さんから説明をして頂きました。保育所はどこも同じ悩みをお持ちだと思いますが、保護者の送迎で車には、ご近所の迷惑にならないか気を使っているようです。

新システムに関しては、保護者から延長保育がしづらくなったと意見が聞かれたそうです。先日の市立保育所とは違う意見です。送迎の時間管理には、戸塚保育所と同じように、保護者に記入してもらう用紙が玄関に置いてありました。朝送ってきた保護者が帰りの欄も記入するので、誰が迎えに来るのかわかり、保育所としても助かっているようです。迎えの人が変更になる場合は連絡をもらうことで、子どもの受け渡しは安全を確保しているとのことでした。

この保育所では、園外保育いわゆるお散歩はしないのだそうです。所長先生のお話では、園庭を使っての遊びは十分できており、自然とのふれあいもできている。外にでかけ、保育士だけの管理で安全が確保できるとは思えない。だから、近所でも散歩はしません。運動会は芝スポのグラウンドを使用していますが、その日はグラウンドに集合解散だそうです。いろんな考え方があるものだと、1つ勉強しました。

芝高木保育所は、耐震化が終了しています。保育をしながら耐震化工事を行ったそうです。保育所はお昼寝もあるのに、神業です。そして施設を見ましたが、窓も大きく(半分になったところもあるようですが)、筋交いなど目立ちません。設計でこんなに素晴らしい耐震化もできるのだな、と関心しました。

最後に、指定管理の期間設定が10年から5年に短くなった事について聞きました。所長先生は、良いことだと賛成しています。チェック期間が短くなっただけで、保育にはなんら影響がない。というのが理由です。しかし、保育を同じ保育士が引き続きできるのか、そこは不明です。保育士の育成にも影響が出るのではないかと心配です。現場に行き、話を聞く事はやはり大事です。今日はとても勉強になりました。

かわいいトイレ。 私も子どものトイレトレーニングで、家のトイレを可愛く飾ったことを思い出しました。

かわいいトイレ。私も子どものトイレトレーニングで、家のトイレを可愛く飾ったことを思い出しました。

天井と壁に、耐震化のための筋交いがある、ホール。

天井と壁に、耐震化のための筋交いがある、ホール。

送迎の時間と誰がを記入する用紙が置かれています。

送迎の時間と誰がを記入する用紙が置かれています。