川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2015-11-30(23:23) 市政 教育・こども

10時開会。

26年度決算委員会の委員長報告から始まりました。

日本共産党市議団は、一般会計、企業会計(病院、水道)すべてに反対をしましたので、反対討論を行いました。

賛成多数で認定されましたが。

議会終了後、団会議。18時半過ぎに会議終了。

その後、市民会議の会議に出席。

障害政策について学習会。

次回は、教育の保護者負担について学習。都合の付く方は是非ご参加ください。

IMG_6878[1]


2015-11-29(22:38) 国政 日本共産党

午後1時からYさんと、16時からSさんとそれぞれ地域の訪問行動をしました。

1時からはほとんどお留守でした。最近は曜日や時間に関係なくお留守が多いです。日本は忙しくなった。

16時からのSさんとの訪問では、やっと在宅の方がいてお話ができました。あるお宅での対話です。生活が大変になったのは、消費税も原因ですね。と話していると、「K党が頑張っているけどね。」とおっしゃる。それは、現在8%の消費税率を10%に引き上げてから、軽減するとの話ですね。でも、低所得者対策なら引き上げるのではなく、引き下げた方が正解ですね。と話をしました。その方は、「難しいね。」と制度のあり方そのものが良くわからないようでした。テレビなどの報道では、「低所得者対策の軽減」といえば、良く聞えます。でも、消費税は買い物をする時に支払うもので、そこに収入の提示などありませんから、高額所得者でも現在協議されている生鮮食品などを買えば軽減されるのです。低所得者対策というのなら、消費税そのものを廃止するしかないのです。そして、税の基本、応能負担にするべきです。

消費税は社会保障の財源といまだに言っている方がいますが、ならば、介護報酬はなぜ引き下げなければならないのか。来年度の診療報酬引き下げの話はなぜ出てくるのか。保育所の保育料はなぜ引き下がらないのか。国民健康保険税はなぜ収入の1割も払わなければならないのか。社会保障に関して改悪が進むことに、なぜなぜと疑問ばかり。なのに、なぜ安倍内閣は支持率が下がらないと、NHKは報道しているのか。

学生の時に、先生が「現在の生活に不満があるのなら、選挙は野党に入れるべき。」とおっしゃっていました。シンプルですが正論です。

蕨駅東口で、消費税増税に反対する宣伝行動

蕨駅東口で、消費税増税に反対する宣伝行動


2015-11-28(21:15) 学習会

ダイオキシン問題を考える市民の会主催の段ボールコンポストづくりをごみ問題の学習会が、芝南公民館で開催されました。主催者の一人である、守谷氏から、連絡をいただきチラシも送っていただいたので、参加してみました。主催の守谷さんたちは、参加者の人数が把握できずに不安だったようですが、私が公民館について会場ンい行くと、人であふれているような感じでした。関心が高い問題なんだと改めて分りました。

講義は守谷氏がプロジェクターを使って、市の環境施策、他市の様子も所々交えながら。そして、段ボールコンポスト・ダンちゃんの作り方を教えて頂きました。

段ボールはスーパーにある、ただで頂けるもので十分との事。ごみをいれて水分を飛ばさなくてはならないので、段ボールが最適だと言うことでした。

①材料は、段ボールは組み立てて、そこに新聞紙を敷いておきます。そこに、腐葉土(2.5㎏)、モミガラくん炭(500g)、米ぬか(1㎏)を入れてかき混ぜます。モミガラくん炭はホームセンターで購入できます。米ぬかは、精米所やお米屋さんで入手できます。

②段ボールは雨の当たらないのき下に置きます。水分が出ますので、箱の下には風通しの良い様な工夫も必要みたいです。すのこやビールの箱など風通しが期待できるものの上に置いた方が良いのかもしれません。(私たちは、下に敷くよう角材2本いただきました)マンションなど共同住宅では、ベランダでも大丈夫です。

③野菜くずを入れます。投入する時には、野菜くずはなるべく刻みます。それは、微生物が食べやすいようにするためだそうです。投入してよいものは、野菜くず、てんぷらカス、コーヒー豆カス、茶がら(日本茶、紅茶など水分はしっかりしぼる)、卵の殻、(つぶす)、イワシやサンマの骨程度、カレーの残り物、フライパンに残った油。投入してはいけないもの、農薬がついたミカンの皮、貝殻、大きな骨、熱を通していない生の肉や魚等

④ごみを投入したて混ぜたら、新聞紙を置きふたをします。3か月から5カ月続けて投入できます。(その前に段ボールがボロボロになったら、段ボールを変える)

⑤目安として段ボールの8割方いっぱいになったら投入を止めて、1カ月間放置して熟成させて完成。熟成前の物を畑や花壇にまくと、発酵熱やピシュウム菌が繁殖して作物に悪い影響をあたえます。

*虫の発生があります。成虫が箱に入り込まないように、シーツで覆うことで虫の発生を抑えるようです。そして、発酵させて箱の中が50度くらいまで上がると虫の発生が抑えられます。日向に置く、お湯を入れたペットボトルを箱に入れるなどで発酵が進む様です。

今日の段ボールコンポストは、ごみ減量の資源循環が第一の目的です。

私も続けて行かれるよう頑張りたいと思います。また同時に、市のごみ問題の解決のヒントがありました。市政に提案ができるといいです。

守谷氏の話

守谷氏の話

話のあと参加者と一緒にダンちゃんづくり。

話のあと参加者と一緒にダンちゃんづくり。

完成

完成

 


2015-11-27(23:09) 日本共産党

11月29日告示、12月6日投票で、上尾市議選が行われます。市は、市民の要求に対して、予算がない。と答えます。

上尾市も同じようですが、福祉に回す財源はあるようです。26年度の財政調整基金(貯めこみ金)は41億円です。福祉を拡充する気持ちがないだけです。

社会保障は、人件費率が高いので、拡充すればするほど人件費がかかります。つまり、雇用が生まれると言うことです。

景気対策として、雇用創出は今重要課題です。

上尾市でも、保育所の増設、介護施設・障害者施設の増設や拡充に重点をおけば、市民の懐を温める市政となるでしょう。

さらに、6月市議会で、「戦争法案(安保法制)廃案を求める請願」が市民団体から提出されましたが、日本共産党の3人は賛成。他会派は反対と3人が退席し、反対多数で不採択となりました。安倍首相のやろうとしている、立憲主義、民主主義をじゅうりんし、憲法違反の戦争法を廃止するため、上尾から反対の声をあげていきましょう。

中央が秋山もえさん。

中央が秋山もえさん。


2015-11-26(21:19) 集会

川口社会保障推進協議会が中心の実行委員会主催のこまりごと相談会が、川口駅東口キュポラ中4階のパートナーステーション会議室で開催されました。

事前の準備には参加できませんでしたが、今日の会には市議団として参加しました。

毎年春には、きゅぽら広場も使い大がかりな川口こまりごと相談所として開催していますが、秋から冬にかけてのこの時期に開催するのは、春の様な大規模ではなくもう少しこじんまりした相談会としています。

弁護士(3人)、医師、ケースワーカー、教育相談者、生活と健康を守る会、民主商工会、埼玉土建、市職労組、医療生協組合員、新婦人、年金者組合、市議などなどたくさんの参加でした。相談対応と受付、そして宣伝と分担をして進めました。相談者は11人でした。

私は、生活相談を1人受けました。70歳を超えた女性です。年金を受け取りながら、まだ元気に働いています。しかし、今後の事を考えると不安もあります。そこで、家賃の安いところを探しています。市営住宅を何回も申し込んでいますが、なかなか当選しません。生活保護の申請に福祉課にも行きました。ところが、収入をみると、生活保護基準からはすこし収入が多めです。相談をして、先ず住宅を解決しましょう。ということになりました。今できることを確認して終了しました。

会の最後にまとめとして、それぞれの相談内容の概要を報告し合いました。

話を聞いてもらいたかったと言う方が多いように思いました。解決に至らなかった相談もありますが、聞き取りでは皆さん納得してお帰りになったようです。もちろん、継続の案件もあります。

相談者ではありませんが、ひとり、さいたま市の相談員の様なことをしている、市職(?)の方が、駅の宣伝を聞いて様子を見に来たそうです。民間でこのような事ができるのか。と驚いて帰って行ったと報告がありました。

芝園で集いを開催します。お気軽にお越しください。

芝園で集いを開催します。12月19日(土)13時~芝園団地集会所。お気軽にお越しください。

 

1 / 612345...最後 »