川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2014-02-18(22:26) 市政

団会議で、テーマが決められ、一応書き上げて昨日みんなの意見をもらいました。いつも直しが沢山入る、今井の原稿ですが、今回も期待を裏切らずたくさんの意見をもらいました。

今日は朝から、書き直し作業とさらに原稿を書き進めるため、ためたしんぶん記事や購入した本、機関紙、インターネット情報などなど、読みました。

原稿が書けません。<(`^´)>

午後2時になりました。全く原稿が書けない事は初めてです。どうしようかと考えていた時に、昔の事を思い出しました。候補者活動をしていたころの街頭演説です。私の話を聞いてくれたおばあちゃんが、涙を流して「がんばって」と手を握ってくれたのです。国保税の引き下げをその頃良く話していたので、多分国保の話で、「そうだ」と思ってくれたのでしょう。私も感激したのを覚えています。その、おばあちゃんの気持ちを思い出したら、少し原稿が書き出せました。国保の質問は、何度も何度もしていますが、良い答弁はもらえません。だから、迷いがあったのですね。

なんでも初心が大事です。

IMG_1980[1]

 

 


2014-02-16(23:26) 未分類

2月25日開会の3月議会では、金子信男市議、松本幸恵市議、そして今井の3人が質問準備をしています。板橋市議、矢野市議、金子ゆきひろ市議は意見書の準備です。

昨日から、割り振りをしたテーマで原稿を書き始めました。いつもながら難しいです。国の法令にも関わり自治体としてできる事は何か。市民目線で書き進めます。いつも金子団長には、市民要求を瞳の様に大事にしなさい。と言われます。質問原稿を作る上で最も重要な事だから、気を付けているつもりですが、表現や考え方が違ってしまうことがあります。今回も要注意です。

まだ半分も出来上がっていませんが、明日の団会議では、最初のまな板のコイです。みんなに叩かれて良い原稿に仕上がっていきます。m(__)m

PCの前で原稿を打っていたら、強引に膝の上に乗り、じゃまをしてきたまめ。

PCの前で原稿を打っていたら、強引に膝の上に乗り、じゃまをしてきたまめ。

 


2014-02-15(22:33) 雑記

昨日から降っていた雪が、今日は積ってまめの足が埋まってしまうほど。でも朝起きると雨が降っていたので、まめの散歩はなお大変。カッパを着せていたけど、雪で歩きにくいせいか、足が抜けてしまってズルズル。

その雨も午後には止んだので、夫と雪かきを始めました。すると御近所の皆さんも出てきて一緒に雪かき。雨のせいで重たい雪でした。雪かきって、止まらなくなりますよね。一気に道路の雪がなくなりきれいになりました。これで、あしたは心配ない。

FBに娘も会社の前の道を雪かきしたとコメントしていました。道行く人に「ありがとう!」と言われたと書き込んでいました。筋肉痛だと言っていましたが、疲れは吹きとんだでしょうね。「ありがとう!」の言葉はそんな癒しの言葉です。

人の仕事は、誰かが喜んでくれるとやりがいに通じるし、そこから生きがいにもなるのでしょう。どんな仕事でも、やりがいのある仕事になりうると思います。人が喜ぶ仕事にする工夫、取り組みを見つけたい。行政として、何ができるのか、行政に関わる者として探していきたいと思いました。

今、労働者の働き方はそれどころではない状態です。収入が少なく、今日生きる事が大変です。国政では、日本共産党が色々提言を出しています。地方として、何とか改善する道を、自治体ができる事を探していきたい。そして、多くの方が生きがいを持って暮らせるように、がんばっていきたいです。

まめの生きがいは、食べる事と寝る事、そしておもちゃで遊ぶ事

まめの生きがいは、食べる事と寝る事、そしておもちゃで遊ぶ事

 


2014-02-14(21:57) 市政

今日は朝から雪。もう屋根にも積っていました。車では帰りが心配なので、バスで役所まで行きました。余裕を持って出たはずなのに、役所には2分前着。ぎりぎりセーフでした。

今日は生活福祉・教育問題特別委員会です。議題は、①川口市健康・いきがいづくり計画(第2次)案について。②小中学校施設の耐震化の状況について。③川口市立元郷学校給食センター視察。の3点です。

健康生きがいづくり計画は、読めば素晴らしいものです。しかし、現状把握が細部まできちんとしているかというと、できていません。たとえば、川口市民3000人対象の市民意識調査アンケートで、仕事について聞いています。しかし分類としてどのような仕事をしているかの問いであり、正社員なのか、社会保障は保障されているのかはわかりません。健康づくりには大変重要な問いだと思うのですが、せっかくのアンケートでしたが、わかりません。

今年度確定する計画ですが、せっかくつくるのですから市民の健康づくりや生きがいづくりに発揮できるものにしていきたいですね。

議題の3つ目は、視察です。元郷給食センターは何回も行っていますが、工事中でしたので出来上がったセンターは初めて見ました。さらに、調理器具も設置されて、動線も考えた配置となっていました。できれば、調理のシミュレーション時にも来たいものです。

野菜等を洗う場所。人は移動せず、ガラス戸を上げて野菜だけ移動する

ガラス戸の向こうの部屋から野菜等を洗いこの部屋に。人は移動せず、ガラス戸を上げて野菜だけ移動する

煮物などを作る鍋。1鍋800人分作れる。

煮物などを作る鍋。1鍋800人分作れる。

出来上がった給食をカートに入れ、保管しておく所。温度管理も完璧だと思う。

出来上がった給食をカートに入れ、保管しておく所。温度管理も完璧だと思う。

食べ終わった食器等を洗う機械。食缶と食器、カートを分けて洗浄。1ク―ル3分、約2時間で全て洗い終わるらしい。

食べ終わった食器等を洗う機械。食缶と食器、カートを分けて洗浄。1ク―ル3分、約2時間で全て洗い終わるらしい。

給食は美味しさを追求して、子どもたちの楽しい時間を作ってほしいと思いますが、現在の学校給食は子供たちの命を守るということも重要なキーワードであります。