川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2013-06-30(23:07) 日本共産党 行動

午前中は、会議でした。この会議の責任者のHさんがナント血圧をはかったところ上が220にもなっていて、自宅待機となりました。(奥様が当然ですが出席を阻止しました。)色々決めなくてはいけない事項が多かったのですが、Hさん不在が功を奏してみんな協力的で前向きな会議となりました。一人の力持ちより、みんなで前進ですね。とは言うものの、とても頼りになるHさんを抜きには考えられないので、健康に注意してもらわなくては。

昼は、芝地区の交通安全協会の総会です。午前の会議が長引いたので、遅刻してしまいました。(>_<) 小学校の交通安全の確保には重要な位置づけとなる皆さんです。Hさんではないけど、健康には留意していただきたいです。村岡さんも出席していました。

3時からは、芝南支部のAさんと訪問です。後援会員さんと対話しました。ある方は、「消費税は共産党の言う通りではなく、あげるしかないと思う。」と。そこで、富裕層や大企業がいかに優遇税制により、税金を負けてもらっているか話しました。また、ある方は、「共産党はどうして、負けると分かっている選挙に出るかね。」と税金の無駄遣いにたいする意見を聞かせてもらいました。一般のマスコミが報道してくれない、日本共産党の方針や報告など伝える事の意義もあるとお話しました。この方とは分かりあえませんでしたが、他の対話は一致しました。(^_-)-☆

夕方からは、赤旗日曜版の集金に行きました。

7時過ぎやっと、帰宅。(^o^)/ 夕飯を食べ、こんどは、医療生協の機関紙「けんこうと平和」を配りました。

明日から各常任委員会は水曜日まで視察です。私は、経済文教常任委員会で板橋市議と一緒です。

お疲れ!

お疲れ!

 

 


2013-06-29(23:53) 日本共産党 行動

午後から、芝西のSさんと、後援会ニュース読者等への訪問をしました。お留守も多かったのですが、何人かとは対話が出来ました。

何人かの方からは、都議選の躍進に良かったと感想をいただきました。

また、ある方は介護保険料を年金から引き落としされて、利用料まで1割とられることにとても腹を立てておられました。自民党も公明党も、勿論民主党も社会保障の改悪を進めてきたのですよ。と話をしました。だから国政選挙が大事なんですと。

小学生のお子さんをお持ちの若いお母さんとも、話をしました。川口市の子ども医療費無料化が中学生まで年齢の引き上げがされたけれども、所得制限や税などの完納要件がつく事を話すと、良く知っていました。そこで、国の制度として子どもの医療費無料化が進めば、川口市の問題も解決するし、自治体によって年齢が違う煩雑さもなくなるんですよね。と話すと、そうですね。と国政の大事さを分かって頂けました。

今日訪問した中では、インターホンごしの対話が一人、話を拒否された方が一人、そのほかの方は、良い対話になりました。さらに若い方には、伊藤岳さんが、ツイッターやブログもやっている事をお知らせしています。

 

訪問時暑い~とへたれていたら、ネコちゃんが舌を出して、へっ、へっしていた姿がかわいらしかった。

訪問時暑い~とへたれていたら、ネコちゃんも舌を出して、へっ、へっしていた姿がかわいらしかった。

 

 


2013-06-28(22:02) 雑記

民商さんが実行員会を作って企画する、スタンプラリーに参加しました。今夜は、岩槻民商の会長さんをはじめ、役員さんたちと回りました。とっても楽しかったです。いろんな方達とお話をする事は、見識を広げる意味で有意義です。今日は美味しく、楽しく、又参加したいと思う日でした。景気対策としては有意義だと思います。

1軒目のお店で、お疲れ!

1軒目のお店で、お疲れ!

 


2013-06-27(22:26) 学習会

川口医師会、蕨戸田医師会、川口歯科医師会、川口薬剤師会、県南在宅医療研究会共催による、学習会に行って来ました。

話題提供として、司会を担当した杉浦医院の杉浦院長が、認知症に貼る薬(リバスチグミンパッチ)と飲み薬(メマンチン)の併用で良好にコントロールできた事例を最初に報告。認知症による怒りや倦怠感などがコントロールできるとは、驚きです。

次は講演。「患者の求めるもの、求められるもの」と題して、エッセイストの岸本葉子氏がご自分の体験を通しての医療における情報のあり方等を話されました。紙媒体の情報管理は、震災でも大いに活用できたと言う事が、新鮮でもあり目からうろこでした。データは無くしたら復元が困難です。紙なら濡れても乾いて情報を読む事ができれば十分活用できます。

最後に話題提供として、川口市長寿支援課支援係の保健師椎名さんが、「みまもりキッド」の取り組みを報告しました。これは、今年の6月から始まった支援策ですが、ジッパー付きのビニール袋の中に、支援に役立つ個人情報(病歴、服用している薬、連絡してほしい人の連絡先などなど)が書かれた用紙を入れ、冷蔵庫のポケットに入れます。冷蔵庫には、キッドが入っていると分かるシールを貼ります。玄関ドア―の内側にも同様のシールを貼ります。

少し暗い会場で撮ったので報告者が見えない。(-_-メ)保健師の椎名さんです

少し暗い会場で撮ったので報告者が見えない。(-_-メ)保健師の椎名さんです

 

例えば救急車を呼んだ時に、シールが貼ってあるお宅には、どこでも冷蔵庫に個人情報があると分かります。対象者は、高齢者や障害者などが中心ですが、これからは支援の対象が広がることも想定しているようでした。議会でも説明を聞いていますが、今夜の報告でより理解し、重要性が分かりました。

午前中一緒に訪問したIさん宅にあった、木イチゴ。と~~~ても美味。

午前中一緒に訪問したIさん宅にあった、木イチゴ。と~~~ても美味。

 


2013-06-26(23:22) 市政 日本共産党

今日は歯科診療所で治療の日。抜歯をすると説明を受けていたのですが、超久しぶりなので、緊張しまくりでした。椅子が倒れるので、ついねむくなってしまいますし、でも治療には身体に力が入ってしまうし。なんだか疲れました。( 一一) 麻酔が効いているうちは、上唇が河童のような感じになってしまい、ずーと変な感じでした。

ところで、歯科や口腔は貧困が一番あらわれる所です。お金がないばかりに治療を受ける事ができない。こんな日本に誰がした。と言いたい。

保険証がない人やあっても、短期や資格証明書の方は受診抑制は当然のようですし、保険証があっても、受診のためのお金がないために、診察をためらう方が多いのです。また、子どもの貧困も大問題です。ここ川口市でも、子どもの貧困に冷たい市政が行われようとしているのです。それは、子どもの医療費無料化制度に、所得制限や税などの完納要件を付けようとしているからです。これは、今年の10月からの施行ですので、市議団としては当然引き続き廃止に向けがんばります。

そして、川口市内での歯科ドックは以前は国保だけでしたが、今年から市民歯科ドックとして始まっています。料金がかかることが問題ですが。

ぜひ川口市のみなさん、歯科ドックを受けましょう。そして早期発見早期治療に活用して下さい。歯科ドックも無料化に向けがんばります。

夜は、芝地区連合町会長・自治会長歓送迎会に出席してきました。そこで、聞いた話は、川口市の町会は近隣自治体の町会より大変忙しいと言う事です。市からの委託活動が多いということでしょうか。交通安全等は、自主的に子どもの通学に安全確保をしている方がいるというのに、その他にもたくさんの仕事があるのです。市は、市として責任をもって、市民の命と暮らしを守る責任があります。重要な課題です。

テーブルの下で、私がご飯をこぼすのを待っている、まめ。今日は前歯が調子悪く、ついこぼしてしまう。

テーブルの下で、私がご飯をこぼすのを待っている、まめ。今日は前歯が調子悪く、ついこぼしてしまう。<(`^´)>

 

1 / 612345...最後 »