川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2012-08-30(23:15) 日本共産党

今日の「しんぶん赤旗日曜版」一面は、予想しつつもびっくりする記事もありました。

オスプレー訓練がハワイでも中止になった、と言う事ですが、環境の影響「考古学的資源へのMV22のローターによる下降気流の潜在的影響」だそうですが、騒音や安全対策への心配からハワイでも運動があったようです。さらに驚く記事は、ハワイ島の真ん中に実弾訓練場があるのだけど、劣化ウラン弾も使われているため、半径107メートルに劣化ウラン弾汚染拡散の心配が強くあったと言うことです。さらに、2009年2月にハワイ島で開かれた説明会で、米陸軍キリアン大佐が、ボハクロア訓練場が劣化ウラン弾で汚染されている事を確認したが、米11州の他、日本(沖縄)韓国、ドイツでも劣化ウラン弾が使われた事を明らかにしたと言う事です。東日本大震災の放射能汚染から、沖縄へ移転した方も多かったと聞きましたが、日本ではどこに行っても安心は出来ないと言う事です。しかし、未来永劫そうかと悲観する事はありません。近い将来ある、国政選挙で正しい外交努力ができる政党が躍進すれば。 (^。^)y-.。o○ もちろん、日本共産党だと自信をもって言えますが、躍進をするためにはまだまだ努力が必要です。

また、今日国会では日本共産党井上哲士参議院議員が訓練中止を強く求める質問を、予算委員会で行っています。


2012-08-29(20:44) まちづくり 市政

今日は、芝地域のまちづくりをテーマに市と懇談をし、その席に参加させてもらいました。

中心テーマとしては、蕨駅東口のマクドナルド交差点周辺での交通安全です。芝新町周辺の町会役員さん、商店主さん、銀行、診療所など様々な方が賛同して、署名にも協力してくれ、その数は1689筆を届けまだまだ集まっているそうです。この道路に関しては長年医療生協でも安全対策の要望を出し続けていました。その運動もありますが、多くの方が、危険な道路だと認識し何とかしてほしいと思っていたからこそ、協力体制が広がったのだと思います。

世話人のAさんたちは、自分たち地域住民も協力しますが、市としても対策をきちんと考え示してほしいと訴えました。今日参加した担当課は、市民相談室が窓口として、道路維持課、道路建設課、都市交通対策室、市街地整備室の各職員さんが参加してくれました。このようなお互い提案型の懇談はしないのかもしれませんが、結果として良かったと思います。役所は組織が縦型ですから横の連携の強化にもなりますね。今、まちづくりでは一番重要なシステムだと思います。

懇談の様子。カメラマン今井。


2012-08-28(20:46) 学習会 市政

今日は、朝9時から板橋市議と消防本部に行き、9月議案の中の消防に関連する議案について説明をしてもらいました。

現在防災無線がアナログからデジタル化されている最中です。その計画を前倒しして9月議会でも補正予算を組み設置を急ぐ提案がされました。平成28年には、全国の無線がデジタル化され、アナログの無線は使用不可になるため、川口市でも順次変更をしているところでした。なぜアナログからデジタルにしなければならないかと言えば、デジタル無線は盗聴出来ないのだそうです。そのほかにも理由はあるかもしれませんが、今日本部長にお聞きしました。そしてなぜ前倒しして補正予算を組んだかといえば、政府予算に緊急防災減災事業債が組まれ、川口市のこの事業にも使える事が分かったので国の予算がなくなる前にエントリーをしようと言うわけです。事業費の7割が国から助成されます。

川口市は、エントリーできたからよかったのですが、デジタル化は全国でまだまだ進んでいないらしいのに、予算がなくなったら地方自治体は自前で変更工事をしなくてはなりません。使えなくなる無線に対して変更を強制しておきながらひどい話です。

民主党と言えば、もう一つひどい話が。

昨日衆議院政治倫理・選挙特別委員会を開会し、衆院選挙制度関連法案(定数削減法案)を単独で強行採決しました。委員会名も変えた方が良いですね。政治倫理に反する事をするのだから。

今日本会議において、定数削減法案が上程されました。(日本共産党佐々木憲昭衆議院議員のブログで確認しました)民主主義に反する、比例定数を削減するのは絶対反対で、断固阻止しなくては。(-_-メ)  怒らねばならない時には、ガツンと怒りましょう。

何をされても怒らないまめ。


2012-08-27(22:25) まちづくり 市政

谷沼地域の自然保護活動をしている、Sさん達が市に要望書を提出すると連絡を頂きその場に立ち会う事が出来ました。

川口市芝地域は、緑地が大変少ない地域ですが、上谷沼調整地は広大な土地にサッカーグランドがあるものの自然な形で草地もあり貴重な土地です。

Sさんたちは、市に要望を出すにあたり地域住民の賛同を得たり、調整地でウォーキング等をしている利用者達にチラシを配り自然保護の訴えをしました。その結果1週間ほどで「利用者の声」として返事が50通ほど回収出来たそうです。自然保護の活動を初めて知り、がんばって下さい。という励ましの声もありました。今日、要望書提出に立ち会う事ができて本当に良かったと思いました。市議会議員は地域の要求を聞いて市政に届けることが重要な活動の一つだと思うから。

芝地域のまちづくりを考える上でも大事な緑地です。そして、この調整地には絶滅危惧種もいるのだとか。調整地利用者は、川口市民だけでなく、さいたま市民や近隣市からも利用者がいるのではないかと思います。埼玉県民として隣接した自治体の住民が同じ思いで要望活動をする。最近私の活動はこのパターンが増えてきました。まだまだ不勉強ですが、まちづくりの一環としてこの自然保護活動にも関われたらと思います。

生涯学習部スポーツ課(左端)に要望書を提出し、懇談をしているところ。右からOさん、今井、Sさん、Yさん、

1 / 612345...最後 »