川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-06-03(22:15) 国政 集会

立憲主義を取り戻す!戦争させない!9条壊すな!安倍政権を倒す!

と、一致点で集まった、市民と野党の共闘集会が北浦和公園で開催。私も地域の皆さんと一緒に参加しました。

文化行事として、埼玉うたごえ協議会と埼玉うたごえ9条の会合同による、合唱です。沖縄の歌を歌う時には涙が出ました。あきらめないぞ!の思いを、沖縄の闘いに連帯して歌いました。

主催者挨拶(小出重義実行委員長)、後援挨拶(埼玉弁護士会会長、連合埼玉、埼労連)、ゲストスピーチ(孫崎享氏)、政党挨拶(立憲民主党・菅直人、日本共産党・田村智子、社会民主党・又市征治、国民民主党・小宮山泰子、自由党・松崎哲久)とさまざまな立場の方から挨拶があり、共闘を広げる重要性を実感しました。そして、日本共産党がしっかりしなければと改めて決意した集会でした。

集会は、目標の15000人に対して、13500と発表がありましたが、入り口がたくさんある中、他の入り口から参加した方もいるであろうことから、目標にはさらに近づいていたと思われます。

集会後は、2コースに分かれてパレードをしました。私たちは浦和駅コース。アナウンス原稿を渡され、私がコールの先導をしました。パレードコース2キロ強を、声を限りにコールしました。途中、右翼といわれる若者が、私たちパレード隊に罵声を浴びせていましたが、今年は人数が少なくなっていたような気がします。右翼の世界も後継者不足なんでしょうか。それとも、資金減による日当不足から集まりが悪かったのでしょうか。どちらにしても、罵声の間、私は休憩できました。

安倍政権を倒すため、市民と野党の共闘をさらに強め、広げていきます。

まず、参加者みんなで歌を歌い意思統一!

村岡県議と

政党挨拶では、日本共産党の田村智子副委員長の気合の入った挨拶に、そうだ!と。

戦争させない!9条壊すな!の気合満載の参加者です。

 


2018-06-02(22:51) 集会

継続は力といいますが、川口の母親大会はすごいと改めて思いました。

まず、60回も毎年続けてきたこと。毎年、対市交渉を一日かけて行ってきたこと。各民主団体の皆さんの運動があってこその力だとも思いました。会場には、川口母親大会の30回と50回の記念誌が置かれていましたので、じっくりと見させていただき、年表は写真を撮ってデータ保存しました。母親大会の歴史は財産ですね。

さて、今日は午前中は芝西地域で訪問をしてきましたので、大会は午後からの参加でした。午後は、神奈川新聞の報道記者の田崎基さんの「安倍改憲の表層と深層」と題した講演を聞きました。様々な専門家や政治にかかわる方からインタビューをしてその話を分かりやすく講演してくれました。本当にわかりやすかったです。午後からでしたので、眠くなったらどうぞ寝てください。と笑わせながら、でも、朝9時から分科会で学習してきた参加者に敬意をはらう態度に好感を持ちました。

田崎さんの話で印象に残ったのは、

①立憲主義とは、権力者を憲法で縛ること。だから、憲法13条の幸福追求権は、国民が持つ権利であると同時に、国家が国民を幸福にしなければならないということ。わかりやすい!

②緊急事態条項について。他国では国家権力を事前に縛っておくこと。(~やってはいけない。と書かれている)しかし、安倍政権が提案した緊急事態条項では、国家が緊急時にできることが明記されている。そのうえ「、国民の生命、身体及び財産を保護するため、政令を制定することができる。」と権力が国家に集中するように明記されている。真逆であると。

③国会議員は憲法改憲発議ができる人数を、衆参で確保しているため、世論を作ることが大事です。そこで、今、全国で3000万人署名をすすめ、安倍改憲に反対する方たちを多数派にするための運動が全国で繰り広げられています。先日1350万人をこす署名が集まったと全国集会で発表があり、引き続き頑張ろうと意思統一しています。その私たちの運動より、はるか前から、日本会議を中心とする改憲派の人々も、1000万人署名運動をしていました。目標に達したそうです。しかも、1000万人署名には、改憲発議があり、国民投票になったら電話をします。と書かれているのだそうです。つまり署名というより、名簿作りだったのです。ここは、負けるわけにはいきません。アナログですが、訪問をして対話をする中で、安倍政権が進める改憲(憲法改悪)に反対する世論を広げなければ。

国民に平気でうそを言い続ける首相や政権、官僚に憲法を変える権利なんてないのだから。


2018-05-20(22:39) 集会

今、日本共産党では小集会やつどいの開催を進めています。少人数でみんなが話すことが大事です。

今日は芝事務所で午後から9人がつどい話をしました。日本共産党のことを知ってもらいたいので、小池晃参議院議員が疑問に答える形で進む、DVDを見ました。短時間でよく編集されていますし、小池さんもざっくばらんに応えてくれます。

その後、参加者でいろんな話をしました。その中でマイナンバーについて話が出て、ちょっと盛り上がりました。

私たち市議団では、マイナンバーは情報漏洩も多々あり、自治体が扱うには不安があると指摘しています。さらに、申請書など公的文書にはマイナンバーを記載しなくてもよい場合にも、記載する場所があったりと、書類の不備も目立ちます。

しかし、参加者からは多くの方が使っているマイナンバーをあえて使用しないという判断は、勇気がいるのではないか、という発言や、政府から不利益を被られるのではないかなどの発言がありました。私たち、市議団は常に不必要なナンバーについては警鐘を鳴らしていたつもりでしたが、身近な方にもそんな感想を持つ方がいらっしゃいました。周知不足でした。

マイナンバーについては、商工新聞にも詳しく掲載されています。バックナンバーを調べてみましょう。

 


2018-05-03(23:50) 平和 集会

今日は、全国で憲法に関する集会、学習会、パレードなど取り組まれています。

私は、11時から川口駅の宣伝行動から参加しました。伊藤岳参議院埼玉選挙区予定候補、梅村さえこ参議院比例代表予定候補、塩川てつや衆議院議員の豪華な弁士での宣伝でした。

宣伝終了後みんなで有明の集会に向かいました。芝南地域の党と後援会の皆さんは早めに出発していたので良い席を確保していて、私も同席させてもらい一緒に話を聞きました。

それぞれの皆さんの話には、特別光る言葉があり本当に来てよかったなあと思いました。

国民の不断の努力が大事なんだと改めて考えさせられました。平和も誰かがくれるものではなく、不断の努力により維持できるもの。

今が正念場です。一気に安倍政権を打倒していかなくては。

集会後、マルクス、エンゲルスを観てきました。

川口駅頭宣伝

野党代表の挨拶。写真は勿論志位委員長

 


2018-05-01(23:25) 集会

「私たちは、労働者・国民の団結と連帯の力で第89回川口地区メーデーを成功させました。集会では、すべての働く者の連帯と共同の力で、命と暮らし・雇用を守り、戦争する国づくりを許さず、憲法が生きる社会の実現を目指すことを確認しました。略」メーデー宣言より

民医労では入職したての若い職員を大勢引き連れて参加してくれましたが、労働組合やメーデーの意味や意義をこれから学習してほしいと思いました。

集会後のデモコースが、今までとは随分短縮されたので、それほど疲れずにデモも終了しました。

今日は日差しが強く暑かったので、全戸配布は明日にしようと思います。

 

1 / 2312345...1020...最後 »