川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-12-15(22:38) 平和 未分類

今日は革新懇第2回フォーラムが開催され、行ってきました。

9人のパネラー報告は、憲法に関わる活動など。

川口9条の会、川口生活と健康を守る会、川口地区労、川口年金者組合、川口民主商工会、埼玉土建川口支部、新婦人川口支部、消費税をなくす川口の会、日本共産党川口市議団のそれぞれの代表者からの報告はみんな、勉強になりました。年金者組合の方の報告では、社会保障の対局が戦争であり、社会保障を削減する一方軍事費が増額するのは安倍政権のやりたい改憲からも見えてくる。また、労働者としても女性は差別され、賃金は低く抑えられているが、年金が低いのは差別から来ること。

埼玉土建川口支部の報告では、戦争が始まればアメリカに協力する体制が決まってきた。戦争が始まれば、建設事業者は協力しなければならなくなる。自衛隊法では、そんなことが明記されているが、自衛隊法103条には、事業者には協力を断る権利がない、と記述されている。そんなことは初めて知りました。憲法違反ではないのか。

川口民主商工会からの報告は、消費税について、ちょっと違った角度から。アメリカには消費税がありません。日本のように輸出業者に対して、還付される制度ももちろんありません。だから、日本の大手の自動車産業と競争すると、不公平感がある。もちろんトランプ大統領は、企業人ですから、日本に対して圧力をかけているのだそうです。今の貿易外交を見る目が違ってきました。

川口市議団から報告したのは、金子幸弘議員です。住民自治を考えるうえで、川口市は議会として議会だより・議会広報を発行していない。埼玉県内では川口市だけです。また、議会基本条例の制定もありません。しかし、今年から中核市になったことで、市独自のものもあり、いくつか紹介されました。まず民泊事業については国基準より厳しい規制をしています。民泊ができる地域と時期について学校などへの配慮があり、厳しくなっています。また、特別養護老人ホームの設置基準には、多床室整備が進められるように条例制定しました。川口市も頑張っているところもあります、もちろん。金子議員も言っていましたが、やはり住民自治が大事です。住民自治が川口市政を変えていく力となると思います。

最後に村岡県議がまとめと感想をのべました。とても、良いフォーラムでした。

 


2018-12-01(21:48) 市政 未分類

いつも、情報を発信してくださるIさんの情報を見て、納得と残念な気持ちになりました。その情報とは、「議会活力度」調査で川口市は下位にいたことです。その調査を添付しました。

確かに、選挙での投票率は恥ずかしいほど低いし、市民に市政は遠いものなのか。そんな危惧が常にあります。でも、今回みんななかまバスの改善運動をした地域の方たちが、改善の見通しが見えたことで、元気になっていること、自分たちの要求を市政に届けることが大事で「できるんだ」という確信が生まれている事は重要です。

そんな、体験を市民が重ねていけば、議会も改革をせざるを得ない状況になるのではないかと思います。市政を市民参画で進めることの大事さを感じます。

子ども議会もなくなっているし。若い人達に関心を持ってもらいたいので、政治を身近に感じ、会話にも登場するような、環境づくりを作りたいですね。一人では改革もむつかしいけど、1人から2人、4人と広がりが作れば必ずできると信じています。

「議会改革だより」より

<「議会活力度」調査、川口市は下位(667位)に低迷>
日本経済新聞社が全国815市区の議会を対象に議会改革や住民の参加状況
などを聞いた「議会活力度」調査で兵庫県西脇市が首位となった。調査は
インターネットで実施、813市区から回答を得た。情報公開、住民参加、
議会運営の他、女性議員比率や平均年齢、投票率等の基本的事項を加えた
4分野を聞き、回答を得点化して順位をつけたもの。
残念乍ら川口市は815市区中667位と下位に低迷。埼玉県内40市の中でも
32位と中核市としては恥ずかしい位置です。
川口市議会の状況を調査してみたので概要を報告いたします。
◆総合順位:667位(埼玉県内40市の中では32位)
◆低い項目:住民参加(18点満点で2点)
      公開度(20点満点で4点)
      直近の投票率(37.5%)
      住民や団体の意見の取り扱い
      議会基本条例制定(未制定)
◆他市比較:住民参加のトップは会津若松市の16.5 
      公開度のトップは町田市、鳥羽市の17.1
<埼玉県内の上位>
1位:所沢市、2位:富士見市、3位:坂戸市、4位:戸田市、
5位:久喜市、6位:鶴ヶ島市、7位:飯能市、8位;ふじみの市、
9位:さいたま市、10位:和光市


2018-03-28(22:00) 未分類

川口市社会保障推進協議会が中心になる実行委員会主催の、こまりごと相談所が開設です。(城口順二弁護士実行委員長、小池医師副実行委員長)4月8日  日曜日  午前10時〜12時川口駅東口キュポラM4階パートナーステーション会議室

今日社保協の会議があり最後の打ち合わせをしました。

最近は弁護士相談が多くなっていますが、川口市ではさまざまな相談に対応できるように専門家を配置してます。医療、介護、労働、教育、引きこもり、生活保護、税金などなどです。

気軽に相談所にお越しください。1人で悩まず、話をするだけでも。


2018-03-26(23:44) 未分類

今日は、川口市議会の閉会日。来年度予算について、賛成できないものがあり、日本共産党市議団は、反対討論を行いました。

討論は順番に行なっているはずでしたが、12月議会で反対討論を行った今井が、予算議案にも反対討論を行いました。

6人で討論を作りました。

ところが、今日早朝から体調が悪く、なんと嘔吐が止まりません。本議会だと言うのに本当に困りました。

だけど、なんとか無事に討論を済ませ、採決にも参加できました。

何度も議場を抜け出すので、みんなに具合が悪いようだとバレてしまいました。

鬼のかくらん。

夕方診療所で受診をしたところ、胃腸炎だといわれ薬を処方しもらいました。感染症でなく良かった。


2018-02-10(20:25) 未分類

スポーツは政治の枠を超えたものであって欲しいと思います。予選が始まっていますが、選手たちが思いっきり力を出せるような環境づくりに心を砕いて欲しい。今回の冬季オリンピックは始まる前から政治色が強くてチョット心配でした。

オリンピックはそれとして、国会では気が抜けない論戦が繰り広げられています。働き方改革、生活保護の扶助費引き下げ、医療報酬や介護報酬。

さらに、スポーツを楽しむことができるのも、平和であるから。