川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-09-05(21:10) 未分類 雑記

今日は一日、質問原稿の調整。市議団のみんなからもらった意見をどう取り入れるか。職員にヒアリングをして、内容を正しく直す。さらに、良い質問にするために。

夕方、まめの散歩がてら夕飯の買い物もするため、スーパーへ。その途中にある工場前で、立ち話をしている方が二人。よく見ると、工場主の奥様。私が新聞を配っていたころは、病気があり具合が悪かったのですが、お元気そうにお話をしています。私に気が付き、「久しぶり~」と手を振ってくれました。私も「久しぶりです~」と手を振りました。嬉しかったですね。小さな山を越えました。木曜日は発言通告。大きな山です。


2017-08-22(20:23) 未分類

川口市義全員で研修会に参加してます。今日は、介護保険制度の学習をみっちり行いました。川上から川下へと言われる、医療と介護の削減を学び直しました。明日も頑張るぞ💪


2016-10-29(23:19) 平和 未分類

国連総会で27日、核兵器を法的に禁止する「核兵器禁止条約」について来年から交渉を始める決議が123ヵ国の賛成で採択されました。反対は38カ国で、核保有国4カ国(アメリカ、イギリス、フランス、ロシア)他日本、韓国などで、棄権は16ヵ国で中国、インド、オランダなどです。

唯一の戦争被爆国である、日本の反対は多くの国から批判されていると報道されています。反対の理由について岸田外務大臣が「核保有国と非核保有国の間の対立をいっそう助長し、亀裂を深めるものだから」と説明をしているそうです。

私は2005年のNPT再検討会議に向けての行動に参加して、ニューヨークまで行ったことがあります。もちろん、核兵器廃絶の運動を強め署名を届けることやニューヨークの街角で署名集めをしたことも、核兵器廃絶の1歩になると信じていたからです。しかし、核不拡散は、核兵器保有国の保有は認めているもので、ベストだとは思っていませんでした。岸田外務大臣が対立を言うのなら、核不拡散条約の方が対立する要素が強いのではないかと思います。

持つ国も、持たない国も、核兵器を禁止することは、平等で、公平な条約であるから、どこに対立を助長し亀裂ができるものなのか。まったく理解できません。

誰かが、どこかで、核兵器で富を得ようとするからわけのわからない理由が出てくるのでしょうか。恥ずかしい政府です。

IMG_8574[1]

 


2016-05-03(22:18) 未分類

今朝4時に川口出発、7時前に立科の実家到着。

娘(私にとっては義妹)を亡くした義母を元気づけるため帰省をしました。午前中は田んぼの田植え準備だと言うので手伝いました。草刈りと肥料まき。

肥料まきをしているところ

あぜの草刈り

image

日焼け対策万全の次女と私

image

まめは日陰で

image

田んぼに肥料を蒔くのは知らなかった。肥料が多いと稲が倒れ易くなるとか。量の加減が難しいらしい。

日本共産党の宣伝隊が通り過ぎます。頑張れ〜

日本共産党の宣伝隊が通り過ぎます。頑張れ〜


2016-03-22(22:37) 未分類 雑記

一年前の春、まめ1号との散歩でスイセンの花畑に目を奪われた場所で、今年もスイセンが咲き乱れています。

まめ1号とすいせん

まめ1号とスイセン

 

まめ2号とスイセン

まめ2号とスイセン

 

 

1 / 41234