川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-10-18(23:50) 市政 日本共産党

市議団では、市民アンケートに取り組んでいます。

後援会員の皆さんのお力をお借りして、全世帯に(なるべく)配布している最中です。

早く配布できた地域のアンケートが帰ってきています。うれしい限りです。

今回の市民アンケートは、返信が添付してある封筒で郵送していただくことと、QRコードを使って、スマートフォンでの返信も可能です。

ぜひ多くの市民の皆さんに、回答していただきたいと思います。また、自由記述欄もありますので、ご意見、ご要望もお持ちししています。来年度の予算要望を作る時期になってきます。回答をお待ちしています。


2018-10-14(21:14) 日本共産党

日本共産党中央委員会の第5回中央委員会総会が開かれました。

来年の一斉地方選挙と参議院選挙に目標の議席を得るため、なにより国民と市民の願い実現のため、私たちの活動方針が志位委員長から報告されました。

1時間半の報告の中身は、明日から赤旗紙面で掲載されます。その概要の一部をご紹介します。納得のいくもので、元気が出る報告でした。

★平和のための5つの緊急提案

①安保法制をはじめ一連の違憲立法を廃止し、立憲主義・民主主義を取り戻す

②大軍拡計画を中止し、軍縮への転換を図る

③在日米軍に異常な特権を与えている日米地位協定の抜本改定をはかる

④「北米アジア平和協力構想」の実現に力を尽くす

⑤核兵器禁止条約に日本政府が署名・批准することを強く求める

★暮らし第一で経済を立て直す5つの改革

①賃上げと労働時間短縮で、働く人の生活を良くする

②子育てと教育の重い負担を軽減する

③社会保障の削減をやめ、充実へと転換する

④日米FTA交渉を中止し、経済主権・食料主権を尊重するルールを

⑤巨額のもうけがころがりこんでいる富裕層と大企業に応分の負担を

すべて納得のいくものばかり。

でも、どうして嘘ばかりで、平気で人をだますことばかりの安倍首相が消極的であろうと、支持されるのかわかりません。

対話をしていると、「だって安倍さんしか頼れる人いないでしょ」という方がいます。消極的支持であろうと、現実をしっかり見てほしいなあと、本当に思います。

そのために、これから訪問対話と宣伝をしっかりやろう!と。


2018-10-10(22:17) 日本共産党

参議院予定候補の「伊藤岳」さんの街頭演説が、川口駅東口で行われました。市議団と村岡県議も参加です。

夕方5時半からでしたので、薄暗くなりましたが、デッキ上を足早く通り過ぎる方のなかにも、立ち止まって話を聞いてくれる方がいらして、うれしい反応です。

沖縄選挙の勢いをそのまま、埼玉でも川口でも、との思いで頑張りたいです。

参議院選挙埼玉選挙区候補
伊藤岳さん

村岡県議の応援演説。左の矢野市議は司会担当

今井はビラ配りで宣伝

 


2018-10-09(20:24) 日本共産党

昨日は、地域の仲間と草加市市議選の応援に行ってきました。

草加市は、かつて給食を考える会を作って運動をしていた時に、学習をして参考にしていた給食を実行していたのです。

もちろん自校調理で、子どもたちに地場野菜と手作りのおいしい給食を提供していました。

そのころも、川口市は自校調理とセンター調理が混在していた手法を取っていました。給食はやはり自校調理が一番です。川口市も自校調理に転換することを展望して、議会でも地域でも運動していきたいと思います。

1つ、びっくりしたことがありました。応援に行ったのは大きな団地のある地域です。団地で訪問をしていると、なにやら煙突が見えます。見覚えがある色彩です。

なんと、戸塚環境センターの煙突でした。草加市は近いと思っていましたが、なんと戸塚地域と隣り合わせだったのです。何回か草加市にはいきましたが、いつも首都高下の道を使っていたので、知らないとは恐ろしい限りです。

応援に行った候補者は、若い男性です。2期目をめざす、藤家候補。もちろん日本共産党の候補者です。

 


2018-09-24(21:28) 日本共産党

キュポラ4階のフレンディアにて、演説会が開催されました。

沖縄知事選挙に連帯するため、石垣島出身のYさんのお話。

野党共闘協議会の世話人をされている、Kさんの日本共産党に対する応援演説。

参議院埼玉選挙区予定候補の伊藤岳氏。(別会場での演説会があり最初に決意表明をして退席)

日本共産党川口市議会議員候補7名。(板橋ひろみ、金子幸弘、松本さちえ、今井はつえ、矢野ゆきこ、井上薫、平川みちや)

村岡まさつぐ県議会議員

梅村さえこ参議院比例予定候補者

そして、市田忠義日本共産党副委員長・参議院議員のお話です。

沖縄県知事選の話、そして支援の訴え。国会情勢。野党共闘が強くなってきたこと、そして共産党以外の方からの評価。などなどいろいろお話をされましたが、私は、「日本共産党の名前を変えればいいのに。」ということについて市田さんが語られた言葉が印象的でした。

共産党というのは、コミュニティであり、共同という言葉です。共産党の綱領でも、国民と一緒に世の中を変えることを目指している党だと書かれています。だから、名前は変えません。と断言してました。日本共産党は、みんなで話し合い、みんなで決めたことを、みんなで行う。そこが、日本共産党の未来社会なのだと、私も思いました。

誰かが命令で、決め、やりたい人だけ行動する。そんな、党ではありません。

そして、演説会が終了して、市田さんからまだ、日本共産党に入っていない方はぜひ入党をしてください。と訴えられました。明日から、頑張ろう。

伊藤岳さん

うめちゃん

村岡県議

市田忠義参議院議員