2019-04-27(22:03) 平和 文化・スポーツ

午前は、辺野古・大浦湾の抗議船乗船。美ら海から海亀のお出迎えと底まで見える海の珊瑚を見ながら、この海を壊している政府の計画を、この目で確認しました。

今日から10連休になっているはずなのに、私達の船を巡視する船が3隻後を付いてきます。船長さんは、巡視船に向かって、「ご苦労様」と。敵は永田町にいる、この立場は揺るぎない。

午後は、高江に向かう。6箇所のヘリパッドは完成してしまったが、改修が始まっている。莫大な税金が投入されている。輪番で座り込みに参加して支援している、シスター達と交流が出来ました。

夜は「まーみなー」に宿泊。

文化と平和・交流の宿で、メッセージシンガー・会沢芽美さんが宿主。会沢さんの1人語りと歌のパフォーマンスに涙涙。

あと、1日。

サンゴが見えるほど海がきれい

説明をする伊佐さんの持つ写真には、低空飛行するオスプレイが

ペンションのマスコット,ヒナちゃん


2019-01-26(21:22) 文化・スポーツ

全国でお祝いをしているのではないか。

大阪なおみ選手の全豪オープン優勝は素晴らしかった。

第2セットで崩れかけた気持ちを、第3セットで見事に立て直した。サーブの強さ、フォアハンドの強さ、コースの鋭さはもちろんだけど、今日の試合で際立ったのは、メンタルの強さではなかったか。

本当におめでとう。


2019-01-24(23:15) くらし 文化・スポーツ

今日は過密スケジュールでした。

午前9時過ぎに生活相談者の電話連絡を3本。10時から事務所で生活相談。弁護士に繋げました。市役所に行き雑用を済ませ、13時30分からの会議に遅刻して出席。

16時半からTさんの生活相談。大学院に通うTさんは病気で現在は通えなくなり、奨学金や授業料など金銭的な問題に悩んでおられました。障害福祉課の職員さんと話をしてアドバイスをもらい、少し気持ちが楽になったと、お礼のメールが来ました。全部解決したわけではありませんが、少しづつ解決していきましょう。と返事を返しました。今日のような、相談はほっとします。

夕方急いで帰宅して、まめの散歩と夕飯づくり。

そして、芝園団地在住のOさんと話をしてきました。芝園団地は、多文化共生がうまくいっている事例としてマスコミに取り上げられる機会が多いのですが、自治会役員さんの中には、苦労も多くすべてがうまくいっているわけではないと、見方が少し違います。そんな、声をよく耳にするので、Oさんの話はとっても参考になりました。

芝園団地は2454戸のうち、過半数が中国等外国籍の方です。その中国の方のほとんどは、2~3年で転居していく方たちだそうです。その理由としては、子どもが6歳になり就学年齢に達すると中国に帰る方、浦和など教育環境で転居を選ぶ方がほとんどです。そして芝富士小学校に入学する方と3パターンに分かれるということです。

短期間の住居として芝園にいるとしたら、近隣に無関心でも当たり前化もしれません。中国人に限らず、日本人でも同様でしょう。

でも、何かの縁で同じ地域に暮らす者として、楽しく暮らしていきたいですね。文化の違いを認め合い、人としてリスペクトして。

Oさんは、共生するには交流が必要、自然に年代も違う住民が接点を持たない。接点をつくる仕掛けが必要であり、橋渡しが必要だと言います。

そこで、行政ができることはまだまだあるのだと。地域コミュニティといえば、公民館です。公民館の役割を発揮して、多文化共生が作られればと語っておられました。

何ができるか。

最近はまっている、フォー。多文化共生しやすいのは食べ物でしょう。

 


今月17日に開催された、川口特別支援学校の文化祭に村岡県議、板橋市議、金子市議、井上市議と5人で行ってきました。昨年に続き2回目です。

まず、陶器や小物のお店に行き買い物ツアーです。昨年もお皿を買いましたが、今年も素敵な中皿を2つ買いました。また、木工の面白い枠を買いました。小さな鉢植えなど置けば素敵な絵画の様になります。早く小さな鉢植えを買わなければ。

演技は時間が合わずなかなか見ることができませんでしたが、小学部の劇を少し見ました。子どもたちがなんてかわいいのでしょうか。そして見守る先生の温かさも伝わってきました。体育館に行きましたが、準備中です。残念。体育館の近くのプールに案内されました。案内をしてくれた先生は、ぜひ見てもらいたかったようです。

支援学校のプールは、プール開きの前に点検をして修繕も済ませてもなお、漏水を起こすのだそうです。老朽化がそこまで来ているとみるべきか。県の施設管理のお粗末さがわかりました。と同時に、学校の現場では本当にご苦労されていると思います。

戸田翔陽高校敷地内に、支援学校高等部ができますが、それで川口の過密化がどれほど解消できるか、現場では期待は小さいようでした。教育委員会との認識のギャップが気になります。そのギャップを埋めるのは、やはり議員なのでしょうね。

今後も現場を見せていただき、先生たちのご意見に耳を傾け、特別支援教育の充実に向けがんばります。

畑、ここで作った野菜が販売されていました。板橋さんはサツマイモを、私はラベンダーの匂い袋を。

これは、中等部の陶器。販売はしていませんが、かわいいお皿がありました。

体育館は準備中。残念でした。西遊記見たかった!

朝水を張っても、午後までに水が抜けてしまうこともあったとか。

染色した小袋。素敵なものばかり。

川口特別支援学校のゆるキャラ。名前忘れました。

卒業記念が壁面にあります。3,11大震災時に少しはげ落ちたそうです。また、地面はへこんでいました。地震の影響です。修繕が必要です。子どもたちの安全のためにも、作品の保存のためにも。


2018-11-03(22:32) 文化・スポーツ

午前9時過ぎには、芝西公民館に出発。今日は、公民間の文化祭周りです。

9時45分から開会式が始まりました。芝西公民館では、39ものサークルがあり作品を出展しました。いつも素晴らしい作品や楽しい作品でいっぱいです。

作品の中で、平和をテーマの歌がありました。皆さんも平和を望んでいます。うれしい限りです。

10時過ぎに、芝富士公民館へ向かいました。

開会式は終わっていましたが、舞台では芸能が始まっていますが、私がホールに行くと、あいさつのために中断して下さいました。恐縮です。後ろで静かに見て行こうとおもっていたのに。

作品展示は、2階の部屋です。

次は、医療生協さいたま、協同病院40周年記念の健康まつりです。ブースを回っていると、知り合いが声をかけてくれます。私が医療生協に関わっていた時に支部長さんだった方が、まだたくさんいらっしゃるので、心強いです。良い天気で、テントなしでお店をやっている方たちは疲れたでしょうね。お疲れさまでした。

最後は、リリアで演劇です。南京虐殺をテーマにした重い演劇です。

役者でもあるご夫婦がそれぞれの父親の戦争体験から、証言をしていきます。南京虐殺の指揮をとっていた指揮官の息子である夫。彼は父の戦争犯罪を自分のことのように思う。妻は最初は戦争犯罪とは関係がないと思っていた父。しかし、父の仕事は軍に物品を販売していた。その部隊が南京に行っていたことが資料からわかる。自分も中国の人々の苦しみの上で儲けたお金で暮らしていた。そんな自分も関係ないとは言えなかった。

劇は進み、証言者は、南京で生き残った人。軍隊で野蛮な行為をしてきた軍人。

南京虐殺はなかったと、言う人がいる。証人も嘘を言っていると。歴史は正しく認識しなければ、繰り返してしまう。太平洋戦争は、日本が侵略をした戦争であり、アジア解放のためとは、程遠い。しっかりと歴史を学ことが大事で、伝えることが重要だと思う。

私も安倍政権を倒すまで、あきらめない!