川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2019-03-09(22:17) 平和

午前中は、1人でも加入できる労働組合のSU支部支部長のYさんと、介護事業所訪問をしました。春闘の一環で行った地域総行動での提起された行動です。本当はもっと早く行なわなければと思っていましたが、議会がぶつかりこんなに遅くなりました。訪問した事業所は3か所。良い対話ができました。地域包括支援センターの役割について意見がだされました。やはりという感じです。事業所の皆さんはもっと交流を望んでいるようです。気軽に悩みをだせる交流が必要だと。市介護保険課は事の深刻さに気が付いていないようです。来週伝えてきます。

午後からは、医療生協さいたま芝南支部の9の日行動に参加してきました。6日は広島に、9日は長崎に原爆が投下された日です。その日を忘れずにと、6・9行動が全国で行われています。私は毎月は参加できず、時々いろんな団体の行動に参加しています。2017年7月に、核兵器禁止条約が国連で採択されました。批准する国が増えてきています。しかし、日本の政府は、その会議に参加することすらしておらず、批准ももちろんしていません。核抑止力に頼る日本では、世界の核兵器廃絶のリーダーシップはとれません。被爆者署名をたくさんあつめ、日本の政府の背中を押す世論にしていきたいですね。

私は、核兵器廃絶のこの運動や平和展などで、必ずといっていいほど見かけるパネルを見ると涙が出てきます。幼い弟を背負い、火葬の順番を直立不動で待っている少年の写真です。アメリカ兵が撮ったと説明があります。そのアメリカ兵も心を動かされたのでしょう。こんな、光景はもう二度とみたくありません。終わりにしたい。しかし、今も世界中で武力による争いが起こっています。子どもたちが兵士にされ、奴隷にされ、親を殺され、無残です。私は写真などでしか知りません。でも、本当に怖い。もう終わりにしたい。その強い思いから、9の日宣伝に参加して署名を訴え、マイクで署名のお願いをしてきました。

花粉症対策での署名のお願い

車いすの方も署名を

何回見ても泣けるパネル


2019-03-04(21:38) 平和

4月に沖縄ピースツアーがあることを知りました。

なんと、4月25日から28日の3泊4日の日程です。

一斉地方選挙が終わった後なので、参加可能の日程です。

先ずは、選挙に全力をあげて、村岡県議と7人の市議誕生にがんばることが前提です。

そして、この期間に公務が入らなければ、参加できるとなります。

参加したいです。


2019-02-22(21:37) 国政 平和

いよいよ、24日県民投票の日が近づいてきました。テレビでの報道は、必ずしも、沖縄県民に寄り添った、主権者としての権利を呼びかけたものではないものが多いと思いました。3択にしたことで、「どちらでもない」が多いような、「県民投票は意味ない」との意見を報道するとか。

沖縄県民に、辺野古新基地建設に反対する勇気を示してほしい。声を上げることは、エネルギーも勇気も必要だけど、全国で応援しているから、頑張ってほしい。

 


2019-02-18(22:08) 平和

安倍首相が、アメリカ大統領トランプ氏を、ノーベル平和賞に推薦したと、トランプ氏が公表したことが報道されています。

が、

推薦する人を間違えていると、誰もが思う事でしょう。

ノーベル平和賞を政治に使うことは間違っています。


2019-02-07(22:18) 平和

今日は、確定申告のつどいにお邪魔してきました。

色々話をしていく中で、戦争の話になりました。税金の使い方で、F35戦闘機を爆買いしている話をした時です。

アメリカに守ってもらうけど、「核兵器は持つべきだ。慰安婦なんか、なぜ今問題にするの。中国や韓国、北朝鮮は日本を馬鹿にしている。」と、闘いを肯定している方と話をしました。この方は、戦争をどのようにイメージしているのかわかりませんでしたが、とても怒っていました。沖縄の辺野古新基地建設の話をして、安倍政権の横暴ぶりを話しましたが、なんと沖縄出身なんだそうです。沖縄の歴史は壮絶です。琉球王朝時代から差別と他国の横暴と対面してきました。沖縄復帰後に、本土に来たけど、差別されどおしで悔しかった。とおっしゃっていました。ベトナム戦争の時には、アメリカのバンドなどがよく来て楽しかったと話をされましたが、そのころに、沖縄県にはベトナム村が作られて、仮想敵として、沖縄県民がベトナム人の役をさせられて、ベトナム戦争のシミュレーションが行われていたことを話しました。沖縄県にも影と光の部分があったのです。しかし、その方の様に差別されてきたからこそ、戦わなければと思うのも真実なのでしょう。でも、その方にはやはり、争いごとは戦争にならないように、話し合いで解決するのが「平和外交」であり、安倍政権はもとより歴代の自民党政権は平和外交に力を入れてこなかったと話をしました。だから今安倍首相が進めようとしている戦争する国づくりを止めなければ、大変なことになる。そのために、7月の参議院選挙で、自民党、公明党を少数派にする、日本共産党の躍進に、力を貸してください。と訴えました。今日は、とても勉強になりました。いろんな意見があり、それぞれの立場で平和を求める活動が広がるといいと思う。

夜、ユニセフのコマーシャルが流れてきました。小さな女の子が暴力と拷問と殺害の中から逃げてきた、と涙を流し話していました。何より、戦争は弱い立場の人達が一番の被害者になります。私はやはり、戦争をしようとする勢力には断固として闘います。人殺しをどうしてしたいのか、理解できません。