川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-11-15(22:26) 国政 平和

突然に、北方領土の2島返還が浮上してきました。

希望の前進が見えてきたとの考えもありますが、今日のニュースでは、返還してもロシア領土には変わらない、とプーチン大統領は言っているとか。

北の国も目が離せません。


2018-10-22(20:46) 平和

今日は本当にがっかりした。沖縄県知事選挙に続き、那覇市長選挙の結果も、沖縄は新基地反対の民意を示したというのに、報道の姿勢があまりにも低い。

沖縄県だけの、那覇市だけの問題ではありません。日本全体の米軍基地の問題にもつながる民意だというのに、これほど低い扱いとは。

日本のジャーナリズムは、安倍政権と一緒に右折ばかりだ。

御覧の通り、赤旗は1面に大きく掲載。

朝日新聞は、4面の中断。

 


2018-10-16(22:48) 平和

朝の連ドラでは、戦争がはじまり、主役の恋人が特高警察に冤罪でつかまり拷問を受けています。人々の生活はまだ余裕があるような雰囲気ですが、すでに国民の思想信条にも拘束がはじまり、権力による締め付けが起きています。

現在の日本で、日常ではそんなことはありません。でも、外交ではきな臭いニュースが大きく報道されており、一般の国民が知らないだけなのかもしれません。

BSNHKの「アナザストーリー」で、ローマの休日で有名な、オードリー・ヘップバーンが取り上げられました。ローマの休日は、ハリウッドが赤狩りで大変な時期、監督があえて、ローマで映画を撮り赤狩りに反する主張をしたのです。

本でハリウッドの赤狩りについて知った時に、ウォルト・デズニーが共産主義排斥に協力したと知ってそれから、デズニー映画が嫌いになりました。

ローマの休日でデヴューした、オードリー・ヘップバーンですが、監督の影響があったのかはわかりません。でも、彼女の生き方は、権力や戦争には反対したのではなかったか。そんな気がしました。

オードリー・ヘップバーンは63歳で亡くなったそうです。今日の番組で知りました。彼女の言葉で、麻薬や戦争では、自分は何もできない。でも、アフリカの問題は、自分が動くことで、お金が集まり改善ができる。と言いながら、最前線の紛争地域にも、ユニセフ親善大使として行ったそうです。

私にできることは何か考えながら、自分にできることをしよう。そして、安倍政権がやりたい、戦争と消費税増税を阻止する、大勢の仲間と一緒に。


2018-10-06(23:40) 平和

青木町平和公園・英霊記念碑前にて戦没者追悼式が行われ、参加してきました。

実は初めて参加です。

奥ノ木市長の拝礼から始まり、追悼のことばでは、奥ノ木市長、関口議会議長、戦没者遺族の会会長と続きました。もちろん皆さん、尊い命が犠牲となる戦争を再び繰り返さないことを、しっかりと誓っていました。こんどは、その言葉を実行することです。戦争をしようとしている仕組みづくりはストップをかけなければと思います。

右も左も、保守も革新もありません。イデオロギーではなく、戦争を二度と起こさないという、アイデンティティです。

式典は粛々と執り行われましたが、英霊記念碑の汚れが気になりました。もう少しきれいにして式典を行いたかったと思います。

そして、遺族の会の支部がたくさんある様子にびっくりしました。どんな活動をしておられるのでしょう。平和の伝承や戦争の体験を語りつないでおられるのでしょうか。継続は力と言います。お元気で活動をされますようにと思いました。

 


2018-10-01(22:36) 国政 平和

沖縄県知事選挙の結果がでました。

玉城氏の当選は、平和を愛する国民にとっては絶対条件であり、ものすごくうれしい。

でも、当選したから終わりではありません。沖縄県民にとって、辺野古基地を作らせない闘いは、これからも続きます。その覚悟は選挙前から、ある。

私は、その覚悟を聞いてびっくりしました。県知事選挙に勝っても負けても、辺野古の座り込みは続く。

沖縄に行って、私もその覚悟を直に見たいし、闘いの場にいたい。