川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

お知らせ1

一般質問が終わりました。詳しくは後日アップしますが、良い答弁はなかなかありません。疲れました。

お知らせ2

18時から、城口弁護士が世話人になっている、ベトナムチャリティコンサートの実行委員会があり行ってきました。チケットとチラシとポスターが出来上がっていました。ベトナム戦争枯葉剤被害者支援のコンサートですので、是非ご来場ください。

19時から、衆議院選挙15区の選対会議に出席しました。さいたま市のコミセンが会場で、近くまで行っていたのに、場所が分からず30分も遅刻してしまいました。あきらめて帰ろうと思ったくらい。演説会が次々と企画されます。今日は、21日の党と後援会の集いお知らせチラシを紹介します。


2017-09-14(21:11) 市政

今日は、3番手(午後)で、金子幸弘議員が登壇。国保の値上げを止める質問を鋭くしました。

明日は、今井が1番手に登壇です。

今議会は、議員が提案することに、バンバン良い答弁が出ています。しかし、明日の私の質問にはそんな風は吹きません。

継続は力なり。めげずにがんばります。

まめの散歩をしていたら、「冬瓜いる?」と声をかけられ、自転車に野菜を積んだおじさんから、冬瓜をもらいました。しばらく話を聞いていると、協同病院で働いてたとか。地主さんで、畑を持っているとか。もらった冬瓜もご自分の畑で、無農薬で作っているのだとか。ごちそう様です。


2017-09-13(21:37) 市政

今日は、一般質問。

まず最初は、宇田川好秀議員(自民)市長の答弁は7カ所。

次は、松本進議員(公明)市長の答弁は7カ所。

三番手は、松本幸恵議員(共産)市長答弁は4カ所。

四番手は、木岡崇議員(新風会)市長答弁は5カ所。

普段の議会は、2~3カ所ですので、2~3倍の答弁数です。何が起こったのか想像はできますが、想像通りだとしたら市民に対して良いのだろうかと思います。

明日は、金子幸弘議員は登壇します。3番手ですので午後になります。

私は15日金曜日一番手、10時からです。

傍聴にぜひおいで下さい。


2017-09-08(22:30) 市政

保健センターに関する議案の説明をしてもらいました。内容は、不妊治療をするための検査に対して補助金が県から2万円を限度に出る制度が今年から始まりました。制度の詳細がなかなか決まらなかったので、川口市としては9月議会の補正で提案をしてきました。対象者は今年4月にさかのぼって申請ができます。夫婦で検査を受けることと、妻の年齢が43歳未満との決まりがあります。検査は、個々の様子で違うそうですが、一般的に2万円から5万円位が平均的料金だそうです。

ちなみに不妊治療に関しては、国の補助制度があるそうですが、全額とは言えないみたいです。年齢により補助対象に回数の上限がありました。

子どもが欲しいと辛い治療を続けているご夫婦には、少し朗報です。

また、保健センターには今回保健師増員を求める質問をしていますが、その答弁を持って来てくれたので、お話をしました。

川口市は保健師の人数がなさけないくらいに少ないです。これで、60万市民の健康づくりをしようと言うのが、無茶かもしれません。かつて、長野県では保健師の人数を増やして県民の健康づくりを進めた「長野モデル」と言われた医療政策がありました。健康づくりをすすめ、長寿県となり、さらに医療費が少なくなったのです。国は医療費を削減するために、医師を増やさない政策やベッドを削減する政策をすすめますが、健康づくりを進めることで、結果医療費が減るというのが「長野モデル」です。現在は国の社会保障削減政策で、「長野モデル」もだいぶ壊されているようです。でも、保健師数は10万人単位で、全国2位(69.5人)。1位は山梨県で70人です。川口市は来年中核市になるのですから、保健師は大幅に増員されますが、健康づくりを担う保健師がどれだけ増えるのかは未定です。まだ、決まっていないことにびっくりです。保健師を増やして、働きやすい環境整備も進め、川口市民の健康増進をさらに進めるため、頑張ろうと思います。( `ー´)ノ


2017-09-07(21:09) 市政

9月13日、14日、15日、19日と一般質問が行われます。松本市議が13日(水)3番手。金子市議は14日(木)3番手。今井は15日(金)1番手10時から登壇します。私の質問は以下の通りです。

1 公的責任で進める健康づくりと地域医療について

(1)市民の健康づくりに欠かせない保健師の増員を

(2)医療機関の窓口払いについて

(3)地域医療支援病院について

2 営農型発電の導入で農業支援を

(1)営農型発電導入について

(2)設置費用などに関しての補助金制度の創設を

3 災害時の対応について

(1)地域防災計画と地域の安全について

 ア 情報収集について

 イ 災害情報の伝達について

(2)災害と自治体の業務継続について

 ア 職員の食料確保と休憩について

 イ 消防職員の増員を

4 誰もが安全、安心、便利に暮らせ地域交通体系に

(1)交通体系爽籟構想について

 ア 住民の意見を反映する場を

 イ 自転車に配慮した道路の環境づくりについて

 ウ 駅周辺の整備について

 エ バス結節点について

(2)みんななかまバスの改善を

 ア 高齢者のバス無料化の実施を

 イ みんななかまバスの増便を

是非傍聴においでください。

本庁舎1階ロビーで新婦人小組活動の展示がされています。

芝地域の皆さんの作品

 

1 / 11312345...102030...最後 »