川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2019-01-13(22:23) 市政

1月は、町会・自治会、各団体の新年会が目白押しです。

今日は、芝富士町会の新年会に行ってきました。具合が悪くて出席できない役員さんの話を聞いて、心配です。最近そんな話が多いので。

1時間ほどで失礼をして、土建分会の新年会に行きました。ここでは、12月議会報告を持参して、「動議」の件を説明しました。数の力で発言を強硬に削除したことをしっかりと説明してきました。国会でも、自民党は嘘と隠ぺいと答弁不能に陥りながら、強行採決を繰り返しています。その悪政が市議会でも行われたと。動議そのものが悪いのではなく、議会のルールに従って運営をしていなかったということを説明しました。

夕方から、平川道也氏と私の同級生宅を訪問をしましたが、お留守で会えず残念でした。

出かける用意をしていると、自らケージに入ります。留守番だとわかっているまめです。


2019-01-08(21:45) 市政

今朝は、蕨駅西口での宣伝行動に行きました。とっても寒く、途中でめげそうになりましたが、あいさつをしてくれる方々に励まされて、頑張りました。

午後からは、生活相談に取り組みました。

まず、Fさんのお母様の介護相談。介護保険料の滞納があり、利用は3割負担になっているため、現在利用している老健の費用が重くなっています。そこで、特養の申し込みをすることにしました。市内にある特養の中から、先ずは多床室のある施設をえらび、申し込みをしてきました。その施設の職員さんからもアドバイスされましたが、ほかの施設も申し込みをすることにしました。Fさんと弟さんは少し安心したようです。最初の電話では、初めてのことで、不安があり申し込みに私も付き添うことになったのです。良かった。

次は、障害者3級をお持ちの車いす利用のTさん。病院へ通院するときに、タクシーを利用していますが、介護タクシーでタクシー券が利用できないのはどうしてか。というようなご相談でした。今日役所の障害福祉課に行き、介護タクシーの登録事業所一覧をもらってきて、改めて電話をしました。良く、話を聞くと、タクシーを利用するときに、利用ができないと言われたわけではなく、ただ、不安で聞けなかっただけの様です。現在利用しているタクシー事業者は、車いす対応もでき、タクシー券も利用できるのでそのように話をしたら、Tさんも安心されました。

最後は、村岡県議からの地域依頼です。区画整理事業と下水道事業の説明をしてほしいというもの。事務所に連絡をして、日程は後日ということになりました。

生活相談は勉強になります。相談を解決するなかで、制度について理解が深まります。

市役所マルシェで買った、ボウフウと二十日大根。


2018-12-28(21:12) 市政 日本共産党

今日は、芝南地域の皆さんと宣伝カーでの宣伝行動をしました。4人で元気よく。

消費税の税率が来年10月に8%から10%に引き上がることを、安倍政権は、自民党、公明党は決めていますが、国民は反対している方が多い、だからあきらめずに反対していこうと訴えました。

低所得者に重い負担、社会保障の財源と言われながら、社会保障費は削減し続けること、お買い物をするたびに払ってきた消費税の約8割は大企業の法人税減税に消えている事、大企業が中小企業並みに法人税を支払えば4兆円の財源が作れること、ゴーンさんのような富裕層の株式譲渡の税率をもとに戻すだけで1兆円の財源が作れること、合わせれば5兆円。消費税率の2%引き上げで増える消費税額は5兆円超。だから、消費税に頼らなくても、財源はつくれ社会保障の財源はつくれること。

景気対策として、軽減税率が大急ぎで検討されているが、小売店などでは、キャッシュレス対応で売り上げが減る心配があること。レジの変更など、対応は殆ど進んでいません。買う場所、食べるか持ち帰るかなどで、消費税率が変わり、還元率も変わる煩雑さ。誰も、こんな消費税を望んではいないこと。

軽減税率導入を手柄と言って宣伝しているのが、公明党だと聞きました。とんでもないことです。声を大にして訴えました。消費税増税には反対し、8時間働いた賃金で普通に暮らせる社会をつくるため、頑張りましょう。と訴えました。

通りがかりの方たちに、「頑張って!」と声援を頂きました。


2018-12-21(21:25) 市政

本日、12月議会が閉会。

定例では10時に始まりますが、また、自民党がもめているということで、開会が遅れました。

遅れた理由の説明はありませんでした。

今議会は、報告した通り一般質問最終日に大もめにもめて、動議が2つも出され、議会運営も錯綜しました。

日本共産党市議団として、このままでは民主的議会運営のためにも良くないと判断して、市議団として議長に申し入れを行いました。そして、その申し入れを行ったことを、各会派に報告しました。自民党とも、公明党とも話をすることで、関係性は良かったと思います。また、市議団の見解は、新川口議会報告号に掲載しますので、ご覧ください。

今回の問題で一つわからない点があります。碇議員の質問の削除を求めた自民党議員の削除に対して、「根拠が薄弱」だと、日本共産党の金子議員が討論したのですが、「薄弱」という言葉が、差別用語だということを自民党は主張しています。薄弱とは、弱いという意味はありますが、差別用語として検索してもヒットしません。国語としてどうなのでしょうか。自民党の皆さんが問題をすりかえているだけなのか、言葉の解釈を誤っているのか。国語の専門家ではないので、さらに調べようと思います。