川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-12-02(22:46) 学習会

今日は、埼玉自治体問題研究所主催の県民公開講座に板橋市議と言ってきました。

午前中から講座はあり、第1講座「首長の追認機関から住民の役に立つ議会に」午後からは、第2講座「自治体戦略2040は何をめざしているか?」

私は午後3時からの「公共サービスのアウトソーシング・産業化の動向と対抗の視点~自治体職員と市民運動の課題」から受講しました。

講師は、尾林芳匡弁護士

新自由主義の時代に伴い公務の民営化が諸制度に入ってきました。

1999年PFI法、2000年構造改革特区報、2003年公の施設の指定管理者(地方自治法改正)・地方独立行政法人法

2006年市場化テスト法、2009年公共サービス基本法・野田市公契約条例、2011年東日本大震災 総合特区法・PFI法改正

2013年国家戦略特区法・PFI法改正、2015年PFI法改正、2017年地方独立行政法人法改正、2018年PFI法改正・水道法改正?

公共サービスを民間にゆだねるということは、物的経費に関しては民であろうと公であろうと金額に差はそうありません。しかし、人件費では、民間では大きく削減します。そして、利益を出さなければなりません。それが資本主義であり民間だからです。利益を出すために、人件費は大きく抑えられ、非正規が当たり前になってきます。

上の年表では、PFI法が何度も改正をしています。PFI法とは、民間資本金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律ですが、民間企業が20年は損をしないような仕組みになっています。また、契約には、自治体は情報を公開して契約を結び、民間企業はすべて公開して契約を結ぶわけではありません。だから、住民や議員が必要な情報を開示請求しても開示する責任は企業にはありません。また、契約書に住民運動が起こったら、責任は自治体にあるとして、企業から自治体が訴えられることもあるそうです。国が地方にPFIをすすめたいのに、なかなか進まず、何度も改正をして自治体が導入しやすいようにしているのだとか。

尾林弁護士は、弾丸トークでしたが、時々身近な事例やご自身の体験など盛り込み、大変面白く講義を聞きました。著書も購入したので、ゆっくり読み返して復讐をしないとダメですね、きっと。


2018-11-23(21:40) 学習会

芝北公民館で、午後1時半から開催の議会報告会。

私は新川口と今井作成の川口レポートを使って、市議会の報告をしました。9月議会のメインはやはり、重度心身障害者医療費助成の所得制限導入ですね。公共交通と障害児・者の課題満載な質問、さらに医療費窓口払いの市としての制度。取り上げた質問をざーとお話をしました。最後の話をしているときに、村岡県議が到着。ばっちりです。

村岡県議は、県政を1年を通して説明しました。

質問は、みんななかまバスの事、スキップシティに市役所は移転しないけど、跡地はどうするのかなど、いくつか質問がありましたが、みんななかまバスの質問が多かったですね。柳崎・北園地域も陸の孤島的な感じがありますから、皆さん不便をかんじているのでしょう。やはり改善運動がない地域でも、要求はあります。市民が参画しての政策作りが大事だと確信しました。


2018-11-06(21:23) 学習会 防災

今日は、議会主催の議員研修があり、災害時における議会の役割を考える講演を聞いてきました。

跡見学園女子大学 観光コミュニティ学部、元板橋区危機管理担当部長の鍵屋一氏の話はとても参考になりました。まず、右手と左手で違う動作をすることから。私もできませんでしたが、多くの議員も同様でした。鍵屋先生は、初めて行うことをさらに早くしろと言われても、できない。これが、災害時であれば同じこと。だから訓練は大事である。そんな一同が納得できる事例から入りました。

災害時に誰が「逃げろ」と伝えたかという問いには、家族、同居者、近所、友達、福祉関係者と続きます。

誰が逃げるのを支援したか。という問いには、家族、同居者、近所、友達、福祉関係者と同様に続きます。

このどれもが、防災時の力が衰えている現状がある。

しかし、必ず大地震は来るし、交通事故の他に多くの人が無くなる原因は、自然災害が多いのが日本である。

備えは、必須であるとつくづく感じました。

また、議会としては減災に力を注ぐべきであり、災害時には消防や自治体の復旧、復興の邪魔はしないことが第一である。

いまから、シミュレーションをしっかりと行い、その時が来たらできる限り動けるようにしておきたい。

常に災害を頭に入れておきたい。

先ずは、ピアノの処分を考える。ひかなくなったピアノは大地震の時に倒れたら命の危険がありますから。


2018-10-07(21:40) 学習会 文化・スポーツ

午前8時半から、芝地区の体育祭が芝スポーツセンターのグラウンドで開催されました。

10月であるのに、夏日。選手や役員の皆さんは大変な日になりました。でも、楽しい体育祭だったと思います。

今年は、公民館区対抗のわっかリレーに議員チームも参加することになりました。スタートは村岡県議、第2走者は今井です。

なんと、わっかまわしの難しいこと。町会の方々は、難なくやっていましたが、議員チームは皆さん難儀していました。特に今井は最悪だったと思います。

来年も議員チームを作るようですが、来年も走れるように先ず選挙で当選しなければです。

11時から、地域の会議に行きました。前向きな話し合いが出来ました。

午後からは、蕨駅近くの商店を訪問しました。

消費税の学習会を計画したので、お誘いを兼ねてご挨拶に伺いました。

クリーニング店の店主さんは、消費税は経営悪化を招く要因であると。ラーメン店のご主人は、頑張ってくださいと何度も言われました。美容院の経営者は、消費税がなぜ悪いのか、経営に悪影響はないと言い切り、消費税で廃業をしている現状は、経営が下手なだけだとおっしゃっていました。世の中を勝ち組、負け組に仕分けする風潮があったころの話を聞いているような感じがしました。犬のトリミング店では、若い女性が対応してくれましたが、学習会については、情報をありがとうとお礼を言われました。小さな個店では、勉強も大変なので喜ばれたのかもしれません。良かった。

消費税の学習会は、10月13日、土曜日13時から15時、芝公民館で開催です。税理士の永塚先生に講師をお願いしています。今日訪問した商店では、皆さんお店の営業中だということで、参加の確認はできませんでしたが、感触は良かったです。多くの参加者が消費税の現実を知る良い機会です。ぜひご参加ください。

 


2018-09-29(22:31) 医療・介護 学習会

芝西地域で、医療・介護の学習会があり、私は講師のようなチュータのような立場で、みんなにお話をしました。

国の方針として進めていること。改悪されてきたこと。埼玉県、川口市の現状などを資料を使って1時間ほど話しました。その後、参加した皆さんからの質問や疑問を出し合う中で、さらに深めました。そして、ご家族の体験や、ご近所の困りごととして聞いたお話など、出し合い介護の現状も出されました。まず介護は実際に利用する立場にならないとわからないことが多いことから、困ったという事例など集めれば地域の要求運動につながると確認できました。

今日のような学習会をさらにいろんな地域で、そしてほかのテーマでもできるといいなあ、と思いました。今日は私もとっても勉強になりました。