川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-11-17(22:04) 学習会

埼玉県議団主催の、国民健康保険制度の都道府県単位化に伴う学習会があり、参加してきました。埼玉県は、県の試算が第3回のシミュレーションまで発表されています。2回では、1.36倍になる試算でしたが、第3回では1.03まで引き下がりました。しかし、現在の国保税でも高くはらいきれない方が多いので、これでは納得できません。今、川口市で始めている署名運動をさらに広げて、来年の市長選には勝ちにいかなくては、ますます払えない税になっていきます。

今日の学習会は、秋山県議による委員会中心の報告と、県社会保障推進協議会事務局長の川島さんから、全国的な動きや今後について話されました。

全県から団体役員さんや、議員が集まり、満員の中での学習、交流が行われました。すでに今年国保を引き上げた自治体もありますが、来年度に引き上げようとしている自治体もあります。その中で、引き上げないと明言しているのが、蕨市です。国保税引き上げを許さない運動をさらに広げて、引き下げにまで頑張りたいです。

挨拶する梅村さえこ氏

秋山県議の県の報告

柳下県議の挨拶

県社保協事務局長の川島さん


2017-11-04(21:01) 学習会

今日は芝富士公民館の文化祭に行ってきました。晴天に恵まれ良かったです。夏祭りは雨にたたられ、中止になった町会もあったとお聞きしていますので。

開会式には来賓の挨拶がありますが、衆議院議員秘書、県会議員2人(うち一人は村岡県議)、市議会議員3人と来賓が多く、手短にしましょうと暗黙のルールができました。私が最後の挨拶者。生涯学習の場、公民館活動は川口市は歴史があります。その歴史は、地域で学習をしようと活動をしてきた方たちがあったからだと思います。だから引き続き生涯学習を頑張って下さい。私たち市議会議員は環境づくりを側面から頑張ります。と挨拶しました。40秒と司会者から。楽しい開会式になりました。

2階は、文化サークルの作品が展示されています。外では、囲碁・将棋を公園の一角で行っています。模擬店では、スポーツサークルの方たちでしょうか、食べ物がおいしそうに準備されています。

もう一カ所、神根公民館の文化祭にも顔を出しました。住んでいる地域は神根ですが、活動地域が芝なので、開会式には失礼をします。館長さんからお聞きしたところ、神根公民館区は町会や自治会が20以上あるので、町会を巻き込んでの開催が難しいのだそうです。公民館によって、雰囲気が違うのはそんな事情もあるのですね。聞いてみないと分かりませんでした。

芝富士と芝園の各公民館はそれぞれ1町会です。神根地域の公民館がいかに少ないかわかります。人口規模で考えては、不便な地域の改善はできません。生涯学習には、歩いて通えるところに公民館が必要です。誰もが学ぶ権利があるのですから、公民館などの設置を検討する必要があります。川口市には公民館を考える会が改善を求める活動をしています。公共施設の長寿命化計画からすると、増設はありませんが、複合化でもよいから、増設できるよう頑張りたいです。

芝富士公民館には、鎌倉彫のサークルがあります。

お子さんもやってました。大賑わいです。

神根公民館に展示されていた、見事なパッチワーク。ところどころ刺繍も施されていました。

考えた方が楽しい!


2017-09-30(22:15) 学習会

午前中は、医療生協さいたま柳崎支部と芝北支部の健康まつりに行ってきました。健康チェックと体力チェック、そして趣味の展示なども所狭しと。血圧をはかってもらい、福島原発のDVDをみました。Sさんが現地に行ってきた報告も展示してありました。原発は早期に廃炉。それには、再生可能エネルギーの構築が欠かせません。どちらも並行して進めていく事が重要です。

午後からは、国保の学習会。村岡県議は、浦和駅東口で緊急演説会での司会役があるので終了後来てくれました。浦和駅は聴衆が3000人を超えていたようです。すごい。

こちらの学習会は私が、説明をしました。主催者のKさんから、今共産党が進めている国保税引き上げ反対の署名を訴えている時に、高齢者には、後期高齢者医療なので、国保は関係がない、と言われる。そこの補足説明もしてほしい。と言われましたので、資料に追加して、各健康保険組合や国保も、後期高齢者医療の会計に支援金を出していることなど、説明をしました。

そもそも、国保は低所得な方や、無職、年金の方たちが多く加入する最後の砦的健康保険なので、社会保障としての位置づけであり、国の負担も大きい説明しました。当初は総医療費の45%の負担をしていたのに、今は法改定をして給付費お50%に減額しています。川口市の場合⒛%ほどしか国の負担金は入っていません。後の不足分は、加入者が負担を強いられているので、高すぎる国保税になってしまうのです。だから、国の責任が大きい。今度の総選挙は、大切ですと訴えました。

医療では、生活保護受給者は医療費がただであり、のんきに暮らしている。と発言がありました。苦しい生活を強いられている方たちは、そんな気持ちになるのも理解できます。しかし、生活保護受けている方たちが悪いのではなく、年金をもっと引き上げることをまず、やるべきです。ここも、国の責任が大きいとお話をしました。

蛇足ですが、医療センターが来年度「地域医療支援病院」になると、紹介状がないと患者負担増になる事を話ました。かかりつけ医を普段からしっかりと決めておきましょう。かかりつけ医からの紹介状があれば、医療センターなどを受診する時には初診時選定療養費もいりません。(現在は2160円、来年度は5400円)賢く医療にかかりましょう。

分かりやすく説明をする努力をしましたが、どうだったでしょうか。

浦和から駆けつけてくれた村岡県議には、広域化の補足と浦和駅での様子と、総選挙について語っていただきました。

 


2017-08-23(22:32) 学習会 日本共産党

今日は国保制度についての学習から始まりました。

来年度から始まる、都道府県化に伴う、国保税の負担増などの国(と財界)のもくろみをしっかりと学びました。

国会での質疑や論戦なども交え、わかりやすく話をしてくれました。さらに、資料もたくさん。

これからはじまる9月市議会に活かせそうです。そして介護保険制度についても同様です。


2017-08-19(22:41) 学習会

午前10時から、芝西地域のKさんとNさんと党勢拡大行動。国保税署名を持って対話もしました。まだまだ厳しい反応です。

午後2時から青木会館で、日本共産党主催の国保の学習会。

最初に川口市の現状を松本市議が報告。次は村岡県議が来年度から広域化がスタートしますが、変更点や県の試算についてなど説明。健康保険は会社規模や事業により異なる保健となっています。しかし、会社も定年をすれば国保加入になります。現役でも転職する時に空白期間があれば、国保に加入します。国保は一部の方だけに関わる保健ではありません。すべての方に署名の意図をわかっていただき、ご協力していただくように、対話をすることが重要です。明日は芝園・芝富士地域での活動ですが、国保署名も大いに取り組もうと思います。

1 / 2412345...1020...最後 »