川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-12-10(22:20) 国政 市政

一般質問の初日。今日は3番手で板橋議員が登壇しました。

最初の質問は、消費税について。

来年10月に消費税率が10%に引き上がることで、市内事業者への影響や、市民に対しての負担を鋭く質しました。

市の答弁は、政府の答弁そのまま。消費税増税で市の歳入は変わらない。だから良いというのか。市民や事業者の負担は増え、廃業も選択肢になることには考えが及ばないのだろうか。自治体の役割として、市民のくらし、生業、生活を守ることは考えないのだろうか。

消費税は安定した税だと。赤字でも納めなければならない消費税は税の中で一番滞納が多い。公平な税だというが、輸入業者では、納めてもいない消費税の還付がされる。これのどこが公平なのか。

この怒りは、どこかで発散しよう!


2018-12-06(22:21) 国政 市政

今日は突然、ソフトバンクの通信ができなくなり、世間では大騒ぎとなったようです。夕方はそのニュースでもちきりでした。

国会では、重要な案件が審議されています。水道法、入管法案改正、憲法審議会も。

川口市の12月定例市議会では、社会福祉事業の指定管理が提案されています。今日ヒアリングをしましたが、公募に対して1者しか応募がなく、競争をすることなく決まりました。公募の要件は、市内に事業者があること、福祉事業の経験があること等です。この事業に関しての指定管理は、市内では2つ目です。指定管理では、民間が独自事業を行いながら、利益もだし、運営していかなければなりません。削れるところは、人件費となります。

今回は1者でしたが、数社となれば、提示した金額が低い事業者が評価点数は高くなります。それが、公的事業としても、資本主義的な評価です。

福祉事業は、人件費の割合が高くなります。だから、もうけが少ない事業です。福祉の理念や高い意識がなければやっていけない事業だと思いますが、株式会社がどんどん参入してきます。そこに、不安と懸念があります。

来週からはじまる、一般質問。板橋議員が消費税の質問をします。消費税は社会保障の財源であるから必要だとでも答弁をするのでしょうか。暮らしが疲弊している中、さらに暮らしを悪くさせ、社会保障の自然増分をまともに予算つけしていない。(だんだん怒りが抑えられなくなってきたので止めます)

資本主義の劣化です。


2018-12-04(21:33) 国政 日本共産党

出入国管理法改定案の審議の中で、とんでもないことが明らかになりました。

国会議員の資料提出請求に対して、閲覧に限定したことにも驚きでしたが、野党(日本共産党、立憲民主党、国民民主党、無所属の会、自由党、社民党、「沖縄の風」会派)7野党・会派の議員が分担して書き写した資料(外国人技能実習生への聴取票)から、政府のねつ造が明らかになったのです。

集計した2892人のうち67%の1939人が、最低賃金を下回っていたことがわかりました。さらに、残業時間についても過労死ラインの月に80時間を超える人が1割に上ることもわかりました。こんな、劣悪な労働環境を放置して、さらに外国人の労働者を受け入れれば、日本で働く労働者全体に悪影響が広がるのではないかと思います。

法律を作るときに、嘘の資料、資料のねつ造、都合の良い数字の扱いなどなど、こんなことをいつまで許しておくのか。もう、安倍政権を支える、自民党、公明党、維新の会には、退場をしてもらわなければダメです。

怒りましょうよ!

今日付の、赤旗と朝日

今朝の宣伝で配ったチラシ。「民意無視はごめん」の文字に 「本当にそうよね!」とうれしい反応がありました。

今朝の宣伝で会った蘭ちゃん

 

 


2018-11-24(21:44) 国政

今日は、宣伝デー。

午前中は、芝西地域でMちゃんとEさんと宣伝カーで宣伝しました。Eさんが流しアナウンサー、Mちゃんが運転手、私がスポット宣伝と女子会で宣伝を分担。

安倍政権を倒して暮らしを良くしましょう。来年10月から予定されている消費税増税は中止させましょう。と話をしました。

午後からは、定例の消費税増税反対の宣伝日です。いつものように蕨市塚越の皆さんと一緒に行いました。署名のご協力を訴え、マイクを使っての音の宣伝です。

消費税というのは大変逆進性があり、低所得の方ほど負担が重い税金です。消費額が年々下がっており、消費税率が引き上がれば景気が悪くなるのは必然です。

年収が200万円ほどの世帯では、消費税が10%に引き上がった場合、預金を取り崩さなければ暮らしていけない状況になると、赤旗新聞の試算がありました。しかし、200万円という低所得の世帯で預金がどれほどあるのか。預金がない世帯が広がっていることも重要です。取り崩す預金もない状態では、生活が破綻するしかなくなるではありませんか。

日本共産党は、消費税増税ではなく、税の基本に変えるだけで増税は必要がないと考えています。まず、大企業は中小企業並みの法人税を納めること。大企業は様々な優遇税制を受けており、実効法人税率が10%程だということです。それを中小企業並みに18%まで戻せば4兆円ほどの財源ができます。さらに、消費税を納めてもいないのに、還付される制度を廃止すればさらに増えます。もう一つは、年収1億円以上の富裕層の優遇税制を改めることです。株式譲渡の税率が引き下がったままです。それをもとに 戻すだけで、1兆2千億円の財源ができます。あわせて5兆2千億円の財源ができるんです。だから、消費税の増税は必要がないでしょう。

消費税を増税しなくても、社会保障の財源はつくれるんです。

今日、宣伝をしていたら、若いカップルが安倍首相は嫌いだからやめてほしい。と言いながら話しかけてきました。だから署名のご協力をと言いましたが、署名はしないと言いながら、安倍首相の次のリーダーは小泉ジュニアがいいとも言うので、話をつづけましたが、平行線でした。でもチラシは受け取ってくれました。

次に、高齢な男性が、人のことを悪く言っても世の中は良くならない。身の丈に合った生活をすることが大事だと言いながら、私たちの主張に反論をしてきました。にこやかに話しをしましたが、税の基本、応能負担については、理解を示してくれません。結局、平行線でした。

どちらも、日本共産党の消費税に頼らない道に理解は示してくれませんでした。でも、話ができて良かったです。こんな話ができることが大事だと思います。


2018-11-15(22:26) 国政 平和

突然に、北方領土の2島返還が浮上してきました。

希望の前進が見えてきたとの考えもありますが、今日のニュースでは、返還してもロシア領土には変わらない、とプーチン大統領は言っているとか。

北の国も目が離せません。