川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-11-06(20:36) くらし まちづくり

誰しも、要求はあると思います。

もっと、お金が欲しい。生活を良くしたい。美味しいものを食べたい。

もっと、安全な生活環境にしてほしい。どこでも、行きたいところに不便なく行きたい。

健康な体が欲しい。楽しく長生きしたい。などなど。

政治の力で改善できることもたくさんあるのではないでしょうか。

要求を出し合い、一緒に改善していく仲間がいれば、改善が実現した時に、喜びも大きくなります。

どんな、生活にしていきましょうか。ご一緒に考えて、行動して、改善していきたいです。

遠くに夕焼けの富士山が見えました。スマホでは見えませんが、あるんです。

まめと夕焼けと列車


2017-10-15(21:32) まちづくり

今日は定例の、町内美化活動日。小谷場町会・親和会の活動に参加してきました。雨天決行です。

今日から公園の清掃もすることになりましたので、人数配置が少し変更になりました。しかし、私は同じ外環コースです。

たばこの吸い殻がまとまって捨ててある箇所を見つけました。喫煙化のマナー向上を願わざるをえません。

ごみを減らし、防犯にも役立つ、この活動は意義ある活動です。雨にも負けず、冬の寒さにも負けず、皆さん毎月頑張っています。頭が下がります。

ごみ問題を解決するには、長い年月がかかると思いますが、ゴミ有料化ではない削減に向けて解決方法を模索しています。

集めたゴミを仕分中。


2017-07-28(22:06) まちづくり

午前中は、新聞の配達集金に芝地域を一回り。

午後からは、介護保険運営協議会の分会の会議。

夕方からは、小谷場町会の盆踊り。今年は、美化活動に参加している「親和会」が焼きそばの模擬店を担当することになったと聞き、お手伝いしましょうか。と。喜んでくれたので猫の手くらいにはなると軽い気持ちで会場の公園に行きました。到着は17時。盆踊りは18時からですが、子どもたちは大勢来ていて、子ども神輿などにぎわっていました。焼きそばはすでに焼いてパック詰めをしていたので、さっそく私も輪に入りました。最初は、パック詰め。そのうちパック詰めしながら、紅ショウガと青のりをかけて輪ゴム止めする工程を担当。途中で紅ショウガがなくなり、買いに行くことになりました。皆さんビールを飲んでしまい車の運転ができないので、私が。帰ってくると、売り子さんに。子どもは焼きそばが好きですから、子どもの多い小谷場町会の盆踊りでは売れ筋です。さらに、夕飯にしようと大量に買っていく方もいます。

本当にひっきりなしで、いつまで続くんだろうと思ってしまったほど。周りの方は高齢な方なので、私が頑張らなくてはと、ちょっと気負いましたが、それが運のつき。

焼きそばは売れ残りの心配がないだろう、くらいの軽い気持ちで手伝ったのは、大きな間違いだと気が付きました。

考えが甘いとは、このことです。挨拶に来た、柳田市議と木岡市議も手伝う羽目に。二人とも若いので、すごく助かりました。

本当に自分の考えの甘さに気が付いた、一日でした。(;´∀`)

子ども神輿が6時まえに。

手前はお料理の先生Sさん。右は体育部長さん。

6時ころはまだ、こんな感じ。

 


2017-05-21(22:19) まちづくり

13時半から公民館で表題のつどいが行われました。

芝地区には区画整理事業や街路事業でのまちづくりが進められています。今日話し合いをしたのは、芝2・5地区の区画整理と南浦和前川線に関わる事業についてで、その地権者さんやまちづくりに関心のある方たちに集まっていただきました。

先ず世話人の鈴木さんから、芝のまちづくりについて経過報告を行いました。次に村岡県議からも経過も踏まえた挨拶をしていただきました。

今日は、「公共補償をどう考えるか」と題した講演を、NPO法人区画整理・再開発対策全国連絡会議の事務局長の遠藤哲人氏から40分程していただきました。遠藤氏の補償の話は憲法29条の財産権や生活再建と言うまちづくりの基本からでした。財産を守ることと補償の話はすぐに理解できます。生活再建とは、たとえばダムをつくる事業は公共性がありますが、ダムのそこに沈む家に住む人の生活再建はという事です。生業を移転地でもできるとはかぎりません。就労支援も必要になるかもしれないのです。そこまで考えることが補償だという事でした。補償のノウハウだけを考えがちでしたが、基本を忘れてはいけないという事です。

参加者からも、遠藤氏の話は良かったと感想がありました。引き続きまちづくりを考える集まりは続けていこうという事になりました。

朝8時から8時45分まで、小谷場町会親和会の美化活動に参加。
今日は朝から暑かった!

朝9時から芝南公民館区バレーボール大会開会式に参加。

より良いまちづくりの会には27名の参加

遠藤哲人氏。世田谷区の事例でまちづくりの話を。

 


2017-05-14(22:56) まちづくり

昨日の雨で開催が心配された、芝ふるさとまつりは暑くもなく絶好の天気でした。芝ふるさとまつりは、24町会が自主的に財政も運営も開催しているまつりでした。2年ほど前から市からの助成も受け入れて行っているのですが、町会の役員さんにお聞きしたところ、町会のテントがそうではないかということでした。財政でも自立していることは本当に立派です。さらに、今年は企画でも芝の歴史を勉強できるコーナーがあり良かったです。歴史のない地域はありませんが、文献が残っていることが重要ですね。芝という地名は600年前から文献に残っているそうです。今日知りました。

村岡県議と町会のテント回りをして挨拶に伺いました。みなさん笑顔で迎えて下さりほっこりです。

いつもながら、お子さんとそのご両親の若いママやパパが多い。びっくりです。役員さんたちの準備には頭が下がりますが、お祭りに来て下さる地域の皆さんにも感謝です。

頂いたお弁当と町会長手作りのトン汁を食べて、13時過ぎにお先に帰ることにしました。今日は母の日ですので、二人の母に花をプレゼントをするため花屋さんに。長野の母は郵送するので、一日遅れの母の日ですが、大宮の母には直接持っていきました。お茶をしながら久しぶりの話をました。母はさいたま市の市長選挙のお手伝いをしている事がやりがいとなっているようです。あったか先生を何としても当選させたいね。と頑張る母の姿にはほこりがあります。できる事をやっているだけと言いますが、それが大事です。また、地域の方にも気遣っていただき活動をしているのだろうけど。地域の方にも感謝です。

写真を撮り忘れたのですが、会場の外にはいつも消防自動車があり、子どもたちなど乗らせてくれます。消防団も募集中ですので、興味のある方は、ご連絡をしてみてください。

町会のテントで、村岡県議とご挨拶。

こども神輿もでました

ベーゴマも定番です。

芝の歴史探索コーナー

ふれあい動物園

小谷場中学校ダンス部の演技

二人の母に送った、「銀河」と言う名前の紫陽花

次女から送ってもらった母の日の花

1 / 2212345...1020...最後 »