今月26日告示、6月2日投開票で行われる、蕨市の市長選挙と市議選挙の応援に行っています。

市長選挙は、前回候補者が頼高市長しか立候補しなかったので、選挙にはなりませんでした。全国でも唯一ともいえる革新市長ですから、保守の候補者陣営との戦いは熾烈なものとなるでしょう。しかし、あったか市政第2ステージへ、全力で頑張ると思います。私も応援しています。蕨駅で私が早朝の駅頭宣伝をしていると、頼高市長が市政報告をしている場面にあったことがあります。市長が駅で市政報告をするなんて、本当に驚きました。そんな真摯な姿勢に尊敬しています。頼高市長はブログとフェイスブックもしているようです。「フレッシュみんなの会ニュース」にお知らせしていました。

市議選は、現職3人(鈴木聡市議、山脇紀子市議、宮下奈美市議、)と新人候補1人の4人全員当選を目指しています。

私はやまわき紀子市議の応援に南町に毎日通っています。

やまわき紀子市議は、コミュニティバス「ぷらっとわらび」の拡充に地域の皆さんと頑張っています。(私も川口ではみんななかまバスの拡充に頑張りました)バスは高齢化に伴い、交通弱者の足の確保として今後は重要な課題となります。しかし、他会派では、「一部の市民しか使っていない」「税金の無駄」「市財政を圧迫する」「デマンドバスの方が効率的」と否定的な態度をとっています。公共交通の大事さがわかっていない議員って、蕨市に必要でしょうか。コミュニティバス「ぷらっとわらび」の拡充にがんばっている、日本共産党の市議会議員全員当選のため、全力でがんばります。

 

おすすめの記事