今日は蕨駅西口の宣伝に立ち、市議選の報告を配りました。

いつもビラを受けとってくれる方々に、ご挨拶をしなければと思いました。

いつもは無言でビラを受ける男性は、「候補者を7人に増やしたから当選しなかったのでしょうか。」

最近受け取ってくれるようになった女性は、「入れたのよ!」と悔しそうです。投票した候補者が落選しては当然の感想です。

自転車で時々通る男性は、「もっと、地域で活動しなければダメだよ。」私は、地域での活動を大切にしてきたつもりでしたが、活動が見えていなければ当然の感想です。

この場所での宣伝は、今日が最後かと思うと、ちょっとウルっときました。お世話になりました。

午前中は、挨拶回りに数か所伺いました。

皆さん、残念がってくれ、頑張って、と励ましてくださいました。が、やはり様々な感想を聞かせていただきました。

その中で、やはり共産党の活動が見えていないことを指摘されました。市議は町会や自治会の集まりなどに顔を出したり、宣伝などで活動はある程度みえるけど、日本共産党の活動、党そのものの元気な姿が見えていないということは、マイナスだと思うと言ってくれた方がいました。

今日はいろんな方から、ご意見や感想をいただきました。これを糧に、参議院選挙に向かって頑張ります。ありがとうございました。

最後の宣伝

おすすめの記事