辛い記憶だからこそ、苦しい体験だからこそ、忘れてはいけない。語り継がなければいけない。

8年前、街中をハンドマイクを持ち、宣伝行動を、Nさんとしていた。電柱がゆらゆらゆれている。電線がブランコのようにゆれている。立っていられない。

その夜、テレビでは、津波の恐ろしい光景が映し出されていた。原発の爆発。信じられないほどの地震と津波と原発の事故により、多くの方々が亡くなり、動物もペットも自然も。そして、いまだ行方不明の方々がいる。復興も途上である現実。

忘れてはいけないと、今日もあたらためて思った。

おすすめの記事