川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-12-22(22:10) 国政

2019年度予算案が新聞に掲載されていました。

軍事費は5年連続で過去最大を更新する勢いで、なんと5兆2574億円となりました。高額の米国製兵器を大量に購入します。

一方で、社会保障の自然増は6000億円とされていますが、4768億円に圧縮。つまり改悪です。

そして、消費税率の引き上げが来年の10月に予定されていますが、軽減税率でぐちゃぐちゃになっています。

ちょっと疲れたから、「オロナミンC」を買って飲もうと思った時に、来年の10月からは、どこで、どんな方法で買うかにより値段が複雑です。現金で買えば消費税は軽減税率で8%。しかし、カードで買うと、大手デパートでは、軽減税率で8%、コンビニでは2%還元があり6%、小売店では5%還元があり3%になります。さらに、「リポビタンD」を買うと、医薬部外品なので、現金での購入はどこで買っても消費税は10%です。しかし、カードで買うと、デパートでは10%、コンビニでは2%還元があり8%、小売店では5%還元があり5%になります。これは、ほんの一例です。

小売店では、レジの買い替えが大変、さらにキャッシュレス化に対応するとしても、手数料を負担すればもうけは少なくなります。益々商売がしにくくなることになります。

今日、蕨駅で消費税増税反対の宣伝をしました。芝地域革界連の皆さんと、蕨塚越の皆さんと、村岡県議も駆けつけて一緒に宣伝しました。通りすがりの方には、消費税が必要と思っている方もいます。それは、社会保障の財源だからとか、国の借金を考えれば仕方がない、ということです。政府の言い訳を鵜呑みにしている感があります。大企業の法人税を中小企業並みに元に戻すことと、富裕層の株式譲渡などの税率をもとに戻すだけで、消費税増税での増額分5兆円は賄えるのです。とマイクでも訴えました。さらに、消費税率を引き上げるときに、国民の反対の声が大きく世論を作り、引き上げを中止に追い込んできた経緯があります。署名をしてくれた若い女性が、沖縄の政府のやり方に憤慨していました。意気投合!本当にそうです。同じ国民が政府にいじめられているのですから、世論で沖縄に連帯して、辺野古にも反対の声を上げていきたいですね。

あきらめたら、そこで終わりです。私はあきらめません。

消費税をなくす会世話人の永塚さん

村岡県議も駆けつけて訴えました。

私の署名に協力してくれた男性は、怒りの声を聞かせてくれました。

蕨塚越のみなさんと梶原市議。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です