川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2012-11-12(21:39) 平和

県南都市問題協議会(川口市、蕨市、戸田市)の視察で、埼玉県危機管理防災センターを視察してきました。昨年3月12日に開所式を計画していたのですが、11日の大震災がありそのまま、本部が立ち上がったそうです。

この施設は、本部機能を充実するためのものです。建設費用が18億4千万円と聞いてそんなに安くできたのかと思いましたが、本部機能のみなら納得です。全県自治体の情報収集や警察、自衛隊との連携をする中枢となるセンターです。が、時間の関係で自治体の情報収集が上手くできるのかヒヤリング不足です。宿題です。

備蓄庫。災害対策・活動をおこなう職員用の3日分の食糧と毛布等が備蓄されている。可動式の棚で収納スペースが少なくなっています。床に見える黒いラインは、棚が移動するレール。

震災直後にライフラインが途絶した場合にも、災害対応に支障をきたさないように、自家発電や井戸、排水槽設備を整備している。写真は、灯油を使う自家発電。

写真の芝の下には、下水対応にボックスカルバートが埋設されています。

危機管理と言っても、テロ対策ではなく防災対策として頼りになるセンターであってほしいと思い視察を終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です