川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-12-04(21:33) 国政 日本共産党

出入国管理法改定案の審議の中で、とんでもないことが明らかになりました。

国会議員の資料提出請求に対して、閲覧に限定したことにも驚きでしたが、野党(日本共産党、立憲民主党、国民民主党、無所属の会、自由党、社民党、「沖縄の風」会派)7野党・会派の議員が分担して書き写した資料(外国人技能実習生への聴取票)から、政府のねつ造が明らかになったのです。

集計した2892人のうち67%の1939人が、最低賃金を下回っていたことがわかりました。さらに、残業時間についても過労死ラインの月に80時間を超える人が1割に上ることもわかりました。こんな、劣悪な労働環境を放置して、さらに外国人の労働者を受け入れれば、日本で働く労働者全体に悪影響が広がるのではないかと思います。

法律を作るときに、嘘の資料、資料のねつ造、都合の良い数字の扱いなどなど、こんなことをいつまで許しておくのか。もう、安倍政権を支える、自民党、公明党、維新の会には、退場をしてもらわなければダメです。

怒りましょうよ!

今日付の、赤旗と朝日

今朝の宣伝で配ったチラシ。「民意無視はごめん」の文字に 「本当にそうよね!」とうれしい反応がありました。

今朝の宣伝で会った蘭ちゃん

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です