川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-11-27(21:12) 市政

市内各地域では、みんななかまバスの改善要求運動が広がっています。

芝西地域でも、協同病院への直通路線、バスの増便、バス停間隔の短縮など署名や直接懇談して要求してきました。

現在市では、コミュニティバスの見直しに関する検討会が開催されており、運行路線について4つの見直しが提案されています。

①青木線の延伸(青木町平和公園付近まで伸ばす) 

②芝線と神根循環の統合(両路線を一緒にして内回りと外回りにする) 

③戸塚・安行循環の延伸(新郷方面への巡回をなくし、戸塚安行駅へ向かう経路を追加する) 

④新郷循環の双方向化(片側2台運行を、内回りと外回りにする)

芝線と神根循環の統合により、芝の皆さんの願いであった、埼玉協同病院への直通運行が可能になります。皆さん大変喜んでいました。これは、署名に協力をして下さった方たちに報告をしなければとさっそくチラシを作って訪問を始めました。今日は、Aさんと10数件ほど訪問。チラシを渡し、署名協力のお礼と市の提案で改善が進みそうだと報告をしました。皆さん本当に喜んでくれました。要求が実現することで、市政に参加した実感もわくと思いますし、声を出すことの意義もわかっていただけたと思います。良い対話ができました。

ただ、今回の市の提案は改善にはなりますが、市民が参画して交通政策を作り上げるという大本がない中での改善ですので、改善となった地域がある一方、不便になった地域がないか調べる必要があると思います。また、交通不便地域でありながら声があがっていない地域がないのか。やはり、市内地域全体のワークショップが必要だとおもっています。改善運動は引き続きがんばります。

そのために、今回の提案に対しての、パブリックコメント(市民の意見募集)が実施されます。ぜひ、意見を市に出してください。市広報かわぐち12月号に詳細が掲載されますのでご覧ください。

みんななかまバス車内

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です