川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-11-26(22:21) 行動

「安保関連法」廃止!集団的自衛権行使容認「閣議決定」撤回を求めるオール埼玉総行動実行委員会主催の総行動が大宮駅東口で行われました。埼玉弁護士会、連合埼玉(日本労働組合総連合会埼玉連合会)、埼労連(埼玉県労働組合連合会)の後援です。
 オール埼玉総行動が提起する集会は、6月に北浦和公園で行われた集会に続き、今年2回目です。参加者は8000人を超えると発表があり、東口は人であふれんばかりとなり、熱気に包まれました。
 18時半から始まった街頭演説では、ゲストスピーチとして市民連合であり法政大学教授の山口二郎氏が、「民主主義が当たりまえではなくなった。一つは、為政者・権力者が自分の都合でルールを捻じ曲げる。二つに、為政者・権力者が主権者・国民に嘘を言い、責任を取らない。参議院選挙で野党が多数を取ることは、民主主義を守るために必要な事。」と力強く語りました。
 野党も勢ぞろいしました。立憲民主党(川内博史氏)、国民民主党(津村啓介氏)、日本共産党(小池晃氏)、自由党(森ゆうこ氏)、社民党(福島みずほ氏)に順に国会での様子などを報告しながら、市民と野党の共闘を訴えました。
 憲法9条を壊さない、戦争させない、安保関連法廃止、立憲主義を取り戻そうと、頑張るオール埼玉総行動は、大いに盛り上がりました。引き続き3000万署名を広げ、憲法発議をさせない行動を広げようと、締められました。

閉会挨拶は、副実行委員長の肥田泰氏。お久しぶりです、肥田先生!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です