川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-11-06(21:23) 学習会 防災

今日は、議会主催の議員研修があり、災害時における議会の役割を考える講演を聞いてきました。

跡見学園女子大学 観光コミュニティ学部、元板橋区危機管理担当部長の鍵屋一氏の話はとても参考になりました。まず、右手と左手で違う動作をすることから。私もできませんでしたが、多くの議員も同様でした。鍵屋先生は、初めて行うことをさらに早くしろと言われても、できない。これが、災害時であれば同じこと。だから訓練は大事である。そんな一同が納得できる事例から入りました。

災害時に誰が「逃げろ」と伝えたかという問いには、家族、同居者、近所、友達、福祉関係者と続きます。

誰が逃げるのを支援したか。という問いには、家族、同居者、近所、友達、福祉関係者と同様に続きます。

このどれもが、防災時の力が衰えている現状がある。

しかし、必ず大地震は来るし、交通事故の他に多くの人が無くなる原因は、自然災害が多いのが日本である。

備えは、必須であるとつくづく感じました。

また、議会としては減災に力を注ぐべきであり、災害時には消防や自治体の復旧、復興の邪魔はしないことが第一である。

いまから、シミュレーションをしっかりと行い、その時が来たらできる限り動けるようにしておきたい。

常に災害を頭に入れておきたい。

先ずは、ピアノの処分を考える。ひかなくなったピアノは大地震の時に倒れたら命の危険がありますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です