川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-11-03(22:32) 文化・スポーツ

午前9時過ぎには、芝西公民館に出発。今日は、公民間の文化祭周りです。

9時45分から開会式が始まりました。芝西公民館では、39ものサークルがあり作品を出展しました。いつも素晴らしい作品や楽しい作品でいっぱいです。

作品の中で、平和をテーマの歌がありました。皆さんも平和を望んでいます。うれしい限りです。

10時過ぎに、芝富士公民館へ向かいました。

開会式は終わっていましたが、舞台では芸能が始まっていますが、私がホールに行くと、あいさつのために中断して下さいました。恐縮です。後ろで静かに見て行こうとおもっていたのに。

作品展示は、2階の部屋です。

次は、医療生協さいたま、協同病院40周年記念の健康まつりです。ブースを回っていると、知り合いが声をかけてくれます。私が医療生協に関わっていた時に支部長さんだった方が、まだたくさんいらっしゃるので、心強いです。良い天気で、テントなしでお店をやっている方たちは疲れたでしょうね。お疲れさまでした。

最後は、リリアで演劇です。南京虐殺をテーマにした重い演劇です。

役者でもあるご夫婦がそれぞれの父親の戦争体験から、証言をしていきます。南京虐殺の指揮をとっていた指揮官の息子である夫。彼は父の戦争犯罪を自分のことのように思う。妻は最初は戦争犯罪とは関係がないと思っていた父。しかし、父の仕事は軍に物品を販売していた。その部隊が南京に行っていたことが資料からわかる。自分も中国の人々の苦しみの上で儲けたお金で暮らしていた。そんな自分も関係ないとは言えなかった。

劇は進み、証言者は、南京で生き残った人。軍隊で野蛮な行為をしてきた軍人。

南京虐殺はなかったと、言う人がいる。証人も嘘を言っていると。歴史は正しく認識しなければ、繰り返してしまう。太平洋戦争は、日本が侵略をした戦争であり、アジア解放のためとは、程遠い。しっかりと歴史を学ことが大事で、伝えることが重要だと思う。

私も安倍政権を倒すまで、あきらめない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です