川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-10-21(22:36) 教育・こども 集会

埼玉に夜間中学を作る会・川口自主夜間中学 33周年集会が、かわぐち市民パートナーステーション会議室で開催されました。川口市議団として松本、井上、今井の3人が参加です。来賓はそのほか、大野もとよし参議院議員の秘書、畑野君枝衆議院議員、萩原県議、村岡県議、碇市議が参加しました。

33年間にわたる、埼玉に夜間中学を作る会と川口自主夜間中学の活動のまとめと方針を、野川義秋代表が報告しました。長く自主夜間中学の代表をしていた、金子和夫先生が急逝されたことは、本当に残念なことでした。金子先生も公立夜間中学の開校を楽しみにしておられたはずなので。

報告の後、質疑の時間でしたが、質問というより活動交流となり、わざわざ岡山市から駆け付けた、つくる会の方からなぜ川口市は大きく動いたのか?と質問がだされながら、岡山市では、超党派で夜間中学の必要性が議会で取り上げられているのに、「公民館とフリースクールで充分ではないか」との答弁に困惑しアドバイスを求めていたのでした。

足立区第4中の須田氏からは、映画「こんばんは」のプレミアム版(30分)の制作について報告があり、夜間中学設立の運動に活用したいと。この映画は制作募金を募集しています。興味のある方は「こんばんは2」で検索してください。

松戸・江東に作る会や松戸の古賀氏からも発言。夜間中学は、二部式と分校方式ではどちらがいいのか。いつでも入学が可能か。教員の配置基準は県によって違う。松戸に開校予定の夜間中学は、廃校になった小学校を活用します。しかし、改修が必要にもかかわらず、国の補助金はゼロなのだそうです。

川口市の、公立夜間中学でも自主夜間中学でも、課題がたくさんあります。課題解決に努力はもちろんですが、大いなる1歩であることは間違いない。市教育委員会や県教育委員会と一緒に改善していくことが大事だとの発言もありました。確かに、まじめに良い学校を作ろうとしている職員もいる。ベクトルが一緒なら協力しないてはありません。

また、野川代表からは、川口の開校を受け、第2の夜間中学開校に向けて運動を開始するとの報告もありました。

今後もできる限り支援していきたいと思います。誰もが学ぶことができる環境づくりを。

野川代表

村岡県議のあいさつでは、河村勝子県議(当時)の質問について紹介

日本共産党の畑野君枝衆議院議員は、国会議員・夜間中学を作る議連の1人

2 Responses to 夜間中学

  1. 埼玉県議団 馬場 より:

    すみません、夜間中学の写真と記事を、県政だよりで使わせてください~~~。お願いします。

    • imai より:

      使える写真はどうぞ、使ってください。お役に立てて、うれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です