川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-10-19(21:45) まちづくり 市政

今朝の市議団会議で、井上市議から「なかまバス乗ってみましょう会」の楽しい企画のチラシを見せてもらいました。開催は今日です。よし、参加しようと、板橋市議と二人で集合場所に向かいました。井上市議は決算委員会最終日でしたので、参加できません。井上市議地域の企画でしたが、代理参加ということです。

企画は、みんななかまバスに乗り、神根地域から足立区親水公園に行って散策するというものです。神根地域に走るみんななかまバスは、循環になっています。参加者それぞれの近くのバス停から神根循環に乗り、市立医療センター下車。医療センターで新郷循環に乗り替えます。みんななかまバスはの料金は100円均一ですが、乗り継ぎは50円でできますので、往復300円の旅です。

医療センターから親水公園までは、鳩ケ谷地域を回り新郷地域に入り30分ほど。親水公園駅は舎人ライナーの駅もあります。新郷地域の要求では、舎人ライナーの延伸もあったはず。

親水公園の場所がわかりづらく、交番で場所を聞いてスタートです。広い公園を思い浮かべてましたが、用水沿いの散策道でした。水は澄んでいてとてもきれい。今日はさわやかな秋の一日という感じで、散策にはもってこいでした。足の不自由な方もいて、ゆっくりと、のんびりした散策です。ランチは、親水公園駅近くのパン屋さんで。

会の皆さんは、ゆっくりお話をしながら13時24分のバスで帰る予定だということでしたが、12時34分発のバスがあったので板橋市議と私はそれに乗って帰ることにしました。新郷循環ももちろん循環ですので、来た道を帰るわけではなく、帰りは医療センターまで、来るときの2倍の1時間かかりました。

神根地域の会の皆さんは、「神根循環を双方向循環に」等要望を署名にして集めています。循環バスは距離が長いとこのような要望は当然あります。距離を短くして利便性を高める工夫をしている自治体もあります。9月議会でそのような提案質問もしましたが、繰り返し提案していくことが大事だと思います。

コミュニティバスの要望は地域性もありますし、共通の要望もあります。どちらにしても、市民の足としてもっと使いやすくすることは喫緊の課題です。高齢化、交通弱者、免許証の返納、子育て支援、環境問題、地球温暖化などなど、多岐にわたる問題が解決できるのがコミュニティバスの改善です。

今日は本当に楽しい企画でした。

14人が乗るみんななかまばすは満員。運転手さんもびっくりしてました。

会の皆さんと一緒に。カメラマンは板橋さん。

湧き水でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です