川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-09-21(22:32) 市政

9月議会で、表題の助成制度に所得制限が導入されようとしています。

今日、常任委員会が開催され、議案に反対したのは、日本共産党の板橋、今井だけでした。

提案理由には、低所得者限定にするため、負担の公平性をもって所得制限を設けるというものです。

そもそも、社会保障とは、応能負担により納めされた税から、再配分されるのが原則です。それに、年収が1億や2億あるような富裕層ならまだしも、所得360万円が高額所得者と言えるのか。1週間に3度も透析をし、苦しい生活を送っている方、また、そんな中働いている方などから、負担を強いる理不尽な改悪です。

市当局も、賛成した議員も、負担の公平性という言葉を用いますが、重度の障害をもち医療にかかる方と誰を比べて負担の公平性を言うのでしょうか。

社会保障の原則は、もっと優しいはずです。

あきらめませんけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です