川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-09-14(22:10) 市政

今日は雨でしたが、私の一般質問を傍聴しに、たくさんの方が来てくださいました。雨だからどうかなあと心配していたのですが、本当にありがたいです。

今日の質問は、1 公共交通について。大きく条例をつくる提案と条例を策定する過程では、市民と事業者とバス事業者が一緒に公共交通を考える場をつくり、条例に反映する作業が必要だと強く訴えました。根気強く市と交渉するしかないと思いますが、少しづつ、私たちの訴えに理解を示してくれているような気がします。市政をつくる過程に住民自治の考えが入るようになればすごいと思います。粘り強く訴えていかなければと。

2 障害者の暮らしの場の保障について。障害者の質問は今回が初めてではありませんが、こんなに本格的に現場の声を聴いて、資料を集め、調べ、質問として取り組んだのは初めてでした。職員さんに聞き取りをして、理解不足のところもわかり、まだまだ勉強が必要です。特別支援学級の設置については、市の目標値50%が低すぎます。子ども発達支援センター設置についても、職員さんは一生懸命進めたいので、その背中を押せる、応援の質問をしたつもりです。

3 医療の問題。重度心身障害者医療の所得制限導入について、導入するなあと質問しました。今議会に議案として提案されています。県が所得制限を導入するので、一緒に来年の1月から導入するということです。とんでもないことです。また、医療機関での窓口払いに関して、低所得者対策を市としてつくることを訴えました。国保だけに限らず、経済的理由で受診抑制をして手遅れになり死亡した事例が、川口市にもありました。医療はお金のあるなしで決めることではありません。子ども医療費助成制度導入で子どもの入院費が減少した群馬県の分析を事例にだし、川口市でもレセプトで分析をしてほしい。子ども医療費助成制度の成果を検証してほしい。と最後に要望しました。

4 区画整理事業について、借家人だと情報が少なく、転居するときは急に言われます。そんな相談を受け今回の質問として取り上げましたが、担当課の認識は違いました。借家人の気持ちを共有して、進めてもらうことが大事だと、部長には再度要望しました。

質問は何度やっても、反省ばかりです。明日は、家の片づけとニュースづくりをぼちぼちやりますか。

傍聴に来てくれた皆さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です