川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-08-29(22:01) くらし

お盆前に国保の滞納の件で、相談をしたYさんが再度、特別債権回収課に相談をしに行きました。

前回陪席した、民商のMさん、Sさんと私も、共産党の控室に待機して、Yさんご夫婦の相談を見守りました。今回は、陪席ができませんでしたので、前回回収課と話し合った内容の確認だけなら、大丈夫だと思いました。もちろん、特別債権回収課から、個人情報が話されるので、保護のため陪席はしないでほしいと言われたこともあります。

Yさんは不安な話も多々あったようですが、結局はほぼ納得のいく話し合いができたようです。

市として、債権回収にあたり、相談者の生活を壊してまで回収を強化するということは、差押えしかありません。そして、相談者の生活を壊せば納税することも不可能になります。

相談者の生活をしっかりと見て支援する立場で、相談にのってほしい。強く思うことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です