川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

 

今日は、親和会のクリーン活動日。

毎日暑いから気を付けないとね。とみんなで雑談をしているときに、ある方から、先週近所であった事故について話がありました。

一人暮らしの高齢な男性です。息子さんが朝連絡が取れないと、駆け付けてみると、お風呂で亡くなっていたとのことです。救急車の他に消防車も来てたので、ご近所で何事かと思ったそうです。男性は80歳代。夜お風呂に入り事故にあったようです。

川口市では、高齢者が利用するたたら荘という、娯楽施設がありますが、改築するたびにお風呂施設を無くしています。燃料費や水道代にかかる経費が大きいので、施設マネージメントでの方針でなくす方向が決まっています。

しかし、私は高齢になるほど、お風呂での事故が増えることから、たたら荘のお風呂はなくすべきではないと常に発信しています。市内のお風呂屋さんも減少する一方です。高齢者のお風呂の事故を減らすには、一人での入浴を減らさなければなりません。たたら荘のお風呂はもちろんですが、お風呂屋さんの営業も支援して存続を守らなければと思っています。

また、引きこもりの高齢者が出かかてくれば、コミュニティづくりにも役立ちます。震災のことを思えば、どこに誰が住んでいるとある程度のみんなが知ることで、減災になると思う。西日本豪雨災害でさらに思いました。

なかなか職員で分かってくれる方が現れません。言い続けるしかないけど、しんどい。

今日はごみの量が少し少ないようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です