川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-07-12(22:02) 教育・こども 防災

午前中は、夜間中学に関わる皆さんと市議団で懇談をしました。

自主夜間中学の運動を埼玉県と川口市で30年以上も頑張っておられる、金子さん、野川さん。足立区夜間中学で教師をしておられる須田さん、基礎教育保障学会の関本さんの4人の方々から、様々なお話をお聞きしました。

川口市では来年公立の夜間中学が開設されます。その準備に学校の改修や説明会、そして夜間中学をよりよく進めるための協議会も開催されています。その、準備はどのようなものか。長い経験のある4人の方から助言や要望などを聞くことで、川口市の不十分さがわかりました。何をおいても、通学する生徒たちが学ぶ環境としてよいものになっているのかが、優先です。

教師の配置は全国的にも、不十分さはあるようですがスタートから不十分を目指していてはいけません。養護の先生は年齢の幅の広い夜間中学ですし、海外から来日した生徒さんもいることをかんがえれば、健康診断ができる体制づくりは必須です。また、終了が遅くなる夜間中学ですから、給食も完備したいです。さらに、川口市の場合分校としてスタートするので、配置される教師は教頭ではなく、副校長がベストだと思います。副校長であれば決断できる権限があるので、防災や防犯時の安全確保や危機管理能力がアップすると思います。

まだまだ問題点はあります。さらに、学習して市政改善のためがんばります。

夕方からは、西日本豪雨被災の被災者救援募金の宣伝を、蕨駅で行いました。素通りする方もいらっしゃいますが、多くの学生さんが募金に協力をしてくれました。一度通り過ぎても、戻ってきて募金してくれる方、ブルーベリーを募金と一緒に募金箱に入れてくれた女子学生さんは、笑顔もくれました。学生さんだけではなく、もちろん熟年やシニアの方からも募金をいただきました。責任をもって、被災者や自治体にお届けします。

連日テレビでは、被災者の方たちの辛い暮らしぶりが報道されています。政府には被災者最優先での対応を望みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です