川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-06-19(15:03) 市政

今日から、市議会常任委員会が開始です。今日は、建設・消防常任委員会と総務常任委員会でした。明日は環境経済文教常任委員会と福祉保健常任委員会が開かれ、議案について審議します。

今日は議案の最終チェックで、板橋市議と各担当課にヒアリングを再度行いました。審議内容については、後日報告します。が、1つだけ報告します。

介護保険について。保険料については今期も引き上げが行われてしまいましたが、頑張っているところもあります。たとえば、保険料段階です。全国的には9段階が一般的ですが、川口市は17段階と細かく分けて、保険料率を決めています。

そして、今回提案された、土地建物などの売却による、譲渡所得による一時的な収入増加に対して、介護保険制度として特別控除を認める議案が提案されたのです。昨年までは市民税などではすでに導入されていた特別控除が介護ではなく、譲渡が行われた翌年の、介護保険料などが引き上げられました。利用料割合も所得により引き上げられるので、大変なことになります。

そして、さらに調べてみると、厚労省では東日本大震災などの被災者については、自治体の判断で前倒しで控除できると書いてありました。介護保険課課長に問い合わせしたところ、川口市は被災者の皆さんからは保険料も利用料も徴収していないとのこと。そうでした、思い出しました。介護保険料だけではなく、保育料なども確かそうです。期限についても定めはありますが、延長を繰り返しています。

でも、わざわざ厚労省のHPに書いてあるということは、徴収している自治体もあるということでしょう。本来なら、国がやるべき支援を自治体に押し付けているから住んでいるところで差が生じるのです。

原発は廃炉にしなければ、国民の命も暮らしも、国は守ってくれません。

最近食欲が落ちているまめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です