アメリカンラグビーの問題が長引きそうです。

ルールに基づくスポーツをしているからといっても、誰もが正直ではありません。

自分に対して正直、他人に対しても正直、そして、同じスポーツをしている仲間に対して尊敬の念があるかどうか、そこが大切です。

勝負に勝つためには何でもありという考え方では、ルールが決められているスポーツは成り立たないこともあります。

苦しんでいる選手がいると思います。早い解決には、本当のことを言って、自分の間違いを認めることではないでしょうか。

おすすめの記事